ヨーグルトダイエットの効果とは?人気のヨーグルトダイエットのやり方、方法をご紹介!

ヨーグルトダイエットは人気!?

ヨーグルトは朝食などに食べる人も多く、女性は好きな人も多いのではないでしょうか?コンビニに言っても、いろいろな種類のヨーグルトが並んでいます。乳酸菌が含まれていて、健康的というイメージですが、ダイエットにも良いのなら嬉しいですよね。どのようなダイエット効果があるのでしょうか?やり方、方法もご紹介します。

ヨーグルトダイエットの効果とは?

便秘解消効果

腸内には、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌がいますが、その善玉菌が減り、悪玉菌が増えることで、便秘になります。そうなると、代謝が悪くなり太りやすくなってしまいます。

ヨーグルトには、たくさんの乳酸菌が含まれていることは有名です。乳酸菌が増えることで腸内の善玉菌が増え、腸内環境を整えて便秘が解消されます。老廃物の排出がスムーズになり、代謝が上がり痩せやすい体質になることができます。

脂肪の排出を促進

カルシルムの摂取量が多いほど、脂肪の排出が促進されるという研究報告があります。カルシウムの豊富なヨーグルトはダイエットに効果的です。

ヨーグルトダイエットのやり方、方法とは?

食べるタイミングは?

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、空腹時に食べると胃酸によって死んでしまい、なかなか腸内まで到達しません。よって、乳酸菌を取り入れたい場合は、食後に食べた方が効果的です。

しかし、脂肪分解効果があるカルシウムは食前に摂る方が吸収が上がると言われているので、脂肪が気になる人は食前の方が良いでしょう。

朝食に食べる

朝食にヨーグルトを食べることで、カルシウムを摂取して、脂肪分解作用を活かし太りやすい体質を改善することができます。朝起きて、コップ1杯の水を飲んだ後に、200gのヨーグルトを食べます。すぐにヨーグルトを食べると、過剰にカロリーを摂取してしまうことがあるので、まずは水で身体を慣らします。

プレーンヨーグルトでも良いですが、乳酸菌は糖と一緒に摂取することで吸収が良くなります。糖分の量には気を付けた方が良いので、善玉菌のエサになるオリゴ糖やビタミンが含まれるフルーツなどを一緒に摂るのがおすすめです。

ヨーグルトだけでは物足りないのであれば、シリアルやナッツで食べごたえを加えてみても良いでしょう。

夕食に食べる

朝に食べるイメージが強いかもしれませんが、夕食に置き換えたり、夕食後にヨーグルトを食べたりする方法です。腸の働きが良くなるのは、夜の22~2時のゴールデンタイムです。その前にヨーグルトを食べるとダイエットに有効です。

この場合は、糖分が多いヨーグルトは避けましょう。カロリーが少ないプレーンヨーグルトが良いでしょう。食べる量は200gとボリュームがあるため、夕食を普通に食べるのならばその分、量は控えめにしておく方が良いです。

ホットヨーグルトを食べる

作り方はプレーンヨーグルト150gを耐熱容器に移して、レンジで30秒~1分ほど温めるだけです。はちみつやオリゴ糖などで甘さを加えると食べやすくなります。温めることで、乳酸菌やカルシウムの吸収が上がり、ダイエット効果を高めることができるようです。1食を置き換えたり、食前や食後に食べたりします。

温かいものを食べることで、冷えを防ぎ代謝を上げやすくなります。しかし、温めすぎると、乳酸菌が死んでしまうので気を付けて下さい。

プチ断食をする

プチ断食の目的は一時的に胃腸の中を空にすることで、自律神経の働きを高めることにあります。自律神経の働きが高くなると、デトックスや脂肪燃焼が正常にできるようなります。

ヨーグルトでの断食は2日間だけ行います。初日の3食と2日目の朝食、昼食をヨーグルト200gに置き換えるだけです。2日目の夜はおかゆにして、いきなり固形物を食べないようにします。その他には栄養補給のために野菜ジュースや豆乳のみにします。デトックスをするために、1日に2リットルの水を摂るようにします。 無理をして2日以上行わないようにしましょう。また、月に何度も行なわず、1度のみしましょう。

同じ種類を食べ続ける

ヨーグルトによって入っている乳酸菌が異なるため、同じ種類のものを少なくても1週間は食べ続けるようにしましょう。食べ続けて便秘が解消された、お腹がすっきりしたなどの効果を感じられてきたら、自分に合っている証拠です。

効果を感じないのなら、合っていない乳酸菌なので、他の種類のものに変えましょう。合わないものを食べ続けても効果は現れません。

ダイエットにおすすめのヨーグルトとは?

メグミルク ナチュレ恵

ナチュレ恵には、ガセリ菌SP株とビフィズス菌SP株の2種類が含まれています。特定保健用食品認定のヨーグルトです。ガセリ菌SP株には内臓脂肪や皮下脂肪を減らす働きがあると言われているので、ダイエットに適しています。ガセリ菌SP株は日本生まれなので、日本人のお腹の中に存在する確率が高いので、日本人に合いやすいかもしれません。

明治 ブルガリアヨーグルトLB81

CMなどでもおなじみで、ヨーグルトの王道と言っても良い明治ブルガリアヨーグルト。ブルガリア菌とサーモフェラス菌の2種類を混ぜ合わせて誕生したのがLB81乳酸菌です。腸内環境を整える働きに優れています。特定保健用食品になっています。食べ続けることができるように、まろやかな味わいにもこだわって特別な技術を使って作られています。

ビオヨーグルト

BE80菌という強い生存率を誇るビフィズス菌を中心に5種類の菌が入っているヨーグルトです。生きたまま腸に届きやすく、お腹の健康を守ってくれます。ビオヨーグルトの販売元であるダノンは、ヨーグルトを作りだして90年以上というほどの歴史があり、ビオヨーグルトは20年かけて開発された健康のためのヨーグルトです。

ヨーグルトダイエットのデメリットとは?

カロリーが高い

ダイエット効果もあり、美容や健康にも良いヨーグルトですが、いくら食べても良いわけではありません。100g約100kcalと言われているヨーグルトはどちらかといえばカロリーが高い食品になります。よって、食べ過ぎるとカロリーオーバーになってしまいます。

また、スイーツ感覚の甘いヨーグルトは糖分が多いので、ダイエットには向きません。脂肪分が気になる場合は、脂肪ゼロ、低脂肪のヨーグルトが売られています。

食べ過ぎ注意

1日の摂取量が100~200gなら問題ないですが、それ以上になると明らかに食べ過ぎです。食べ過ぎは下痢、腹痛につながります。また、ヨーグルトは主な成分はタンパク質や脂質です。よって、お肉を食べ過ぎた時のように、消化されずに腸内にたまってしまうことで、悪玉菌が増え、便秘になることもあります。適量を食べるようにしましょう。

ヨーグルトダイエットで健康的なダイエットをしよう

ヨーグルトは健康にも美容にも良いことで有名ですが、ダイエット効果もあることが分かります。ヨーグルトにはたくさんの乳酸菌やビフィズス菌を含まれていて、腸内環境を整え、デトックスしやすい身体にしてくれたり、脂肪を排出してくれやすくしてくれたりと嬉しい効果があります。

乳酸菌にもたくさんの種類があるので、自分に合わないものだと効果も少ないようなので、効果を見ながら、自分に合ったものを探すと良いでしょう。ヨーグルトダイエットは腸内の環境が整うことで、代謝も上がりやすくなり、痩せやすい健康的なダイエットができそうです。

毎日継続することが大切なので、食べ方ややり方も自分のライフスタイルに合わせて選び、おいしくヨーグルトを食べて痩せましょう。

ヨーグルトダイエットの関連記事

ヨーグルトダイエットの関連記事はこちらです。

>ヨーグルトダイエットと酵素ダイエットの比較

ベルタ酵素の体験談
酵素調査隊が今1番オススメする酵素ドリンク “ベルタ酵素の体験談
3日間で体重4キロ減、体脂肪2%ダウン
1週間の夜置き換えで1kg減量と肌の調子アップ

希望効果別に商品・記事を探す

ベルタ酵素の体験談

お役立ち情報

種類別で選ぶ

調査レポートのまとめ

動画コンテンツ

色々なダイエット方法

週間人気ランキング

ベルタ酵素ドリンク
ベルタ酵素ドリンク
週間アクセス数:63660pt up↑
こうじ酵素
こうじ酵素
週間アクセス数:48410pt up↑
ミネラル酵素グリーンスムージー
ミネラル酵素グリーンスムージー
週間アクセス数:32110pt dwon↓

集計期間:8月22日~8月28日

スムージーと酵素ダイエットの比較