痩せる歩き方って何?

ウォーキングでの正しい歩き方

痩せるためには、適度な運動は必要と言われます。その中で、簡単に始められるのが「ウォーキング」ではないでしょうか?よく歩くようにしているという人も多いと思います。では、歩き方に意識はしていますか?無意識に歩いていることが多いですよね。

痩せるためには歩き方も重要になってくるようなのです。どのようにすれば良いのでしょうか?痩せる歩き方についてご紹介します。

痩せない歩き方とは?

  • 早足
  • 前のめりの姿勢になっている
  • 足をひきずるようにして歩く
  • つま先から地面に着地する
  • どすどすと歩く
  • 内股、ガニマタ

私達は毎日のように歩いていますが、自分の歩き方を今一度確認してみましょう。以上のような歩き方をしていると、足に負担がかかってしまいます。骨盤が開きやすくなりますし、血行が悪くなり、むくみやすくなり、足が太りやすくなってしまいます。

痩せる歩き方の効果とは?

歩き方で下半身痩せ

下半身痩せ

普通にダイエットをしていると、太ももだけが痩せないなど、下半身が気になる人も多いのではないでしょうか?痩せる歩き方は、足の様々な筋肉が正しく使われることになります。よって、血行が良くなり、足の筋肉が強化され、引き締まったむくみのない足になることができます。

下腹ぽっこり解消

正しく歩くと、腹筋にも意識するようになります。そして、股関節を上手に動かすことができるので、下腹部のぽっこりも解消しやすくなるのです。

ストレス解消

痩せる歩き方をしていると、脳内のセロトニンが増えると言われています。これはストレスを解消したり、リフレッシュさせたりしてくれるものです。

ひざ、腰の負担を軽減

ひざや腰に痛みがある場合は、歩き方が悪い場合があります。痩せる歩き方を正しくしていると、筋肉や関節に負担がかからないようになるので、ひざや腰の負担も軽減されて、痛みも改善されることようになります。

痩せる歩き方のやり方、方法とは?

姿勢良く歩く

まずは姿勢を良くする

両足の親指とかかとをしっかりとつけた状態で、かかと、ふくらはぎ、ヒップ、肩甲骨、後頭部を壁につけて立ちます。そして、耳、肩、ひじ、手の中指、くるぶしが一直線に床と垂直になるように意識します。

そして、背中と壁の隙間に手の平1.5枚分が入るのがベストです。それ以上空いている人は腹筋に力を入れてお腹と背中をくっつけるイメージでお腹を上に引き上げます。この姿勢が基本の姿勢になります。

かかとから着地

かかとで地面を押して踏み出し、必ずかかとから着地をするようにします。かかと→母指球(親指の下のふくらみ)→小指球(小指の下のふくらみ)の順番を意識します。そうすると、ひざや股間節の負担も軽減され、骨盤も開きにくくなります。

ひざはまっすぐと伸ばして足を出します。この前に出した足に体重をかけて重心を異動させると良いのです。ここでひざを曲げるときれいな歩き方になりません。モデルウォークをお手本にすると良いでしょう。

足の指でしっかりと地面を蹴るように足を上げ、交互に意識して繰り返します。最初の内の慣れない時は変な歩き方になるかもしれませんが、習慣にしましょう。

手を振る

前に大きく振るのではなく、後ろへの動きを意識するようにしましょう。二の腕を後ろに引くと、肩甲骨が動き、背中の筋肉を使えるようになります。前に振りすぎると猫背になってしまうので注意しましょう

歩幅は広く

歩幅はいつもよりも少し広めを意識します。そして、その歩幅を変えずに一定の速度で歩くようにします。小股で歩く方がかわいいと思っているかもしれませんが、痩せるためには、大股歩きの方がカロリーを消費しやすいと言われています。

視線は前を見る

あごを少し引いて、まっすぐ前を見て歩きましょう。下を向くと、前傾姿勢や猫背になりやすくなります。下を向かず、視線を10~15mくらい先を見るようにしましょう。

痩せる歩き方をする注意点とは?

正しい歩き方には靴選び

靴選びも重要

正しい痩せる歩き方をするためには、自分に合った靴を履くことが重要です。正しく歩けるようになっても、靴が合っていないと、自然に姿勢が悪くなって、痩せない歩き方になってしまうことがあります。

最近はウォーキング用の靴もたくさん種類があります。軽くて足に負担が少ないもの、足底の形を工夫して消費エネルギーを高めるものなどもあります。ネット通販などでも購入はできますが、実際に履き心地を確かめられる方が良いでしょう。

継続が必要

正しい歩き方を知っても、それを実践して継続することが大切です。今までの歩き方、姿勢を直すには、意識し続けなければ、元に戻ってしまいます。すぐにうまくできないかもしれませんが、習慣にすることで慣れていき、痩せられるような歩き方ができます。

そして、すぐに痩せるわけでもありません。継続することで、痩せやすい身体を作っていけるので、痩せる歩き方をすれば、すぐに体重が落ちると思わないようにしましょう。

痩せる歩き方をしてスリムな姿勢美人になろう

歩くと言っても奥が深いことが分かりました。カロリーを消費させるためには歩けば良いという考えだけが先行してしまいがちですが、歩き方によっては、逆に太って見えるようになることもあるようです。せっかく歩くのなら、効果的に痩せる歩き方をした方が健康にも見た目にも良いですよね。

正しい痩せる歩き方をしていれば、すっきりと引き締まった美脚を目指せますし、姿勢美人にもなれそうです。痩せる歩き方をするには、最初は慣れないので大変かもしれませんが、継続することで習慣になります。歩くことを楽しみながら、続けられると良いですね。