二日酔いの辛い症状…

皆さんは飲み会の翌朝に、吐き気、頭痛などの辛い症状に悩まされていませんか?

そもそも日本人は肝臓が弱く、アルコールを上手く分解できる体質ではありません。

よって毎回飲み会などの度に、二日酔い覚悟で飲むという方も多いのではないのでしょうか。

しかし二日酔いはその名の通り、アルコールの過剰摂取が原因になっているので、飲み過ぎないように心がけるのが一番効果的な予防法ですが、お酒は飲み始めるとついつい飲み過ぎてしまいますよね。

そんな厄介な二日酔いは食欲も無くなってしまいますが、食事をしないと吐き気や頭痛などの辛い症状は長引いてしまうので、食事を抜くのは良くありません。

よって今回は二日酔いに効く食べ物を紹介するので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

二日酔いには肉うどんが効果絶大!

二日酔いに効く食材はさまざまなものがメディアで紹介されていますが、その中でも肉うどんは最近になって二日酔いに効果が高いと話題になっています。

肉うどん

肉うどんはまず中華料理である「ヤカメン」という料理に似ているのですが、ヤカメンは科学的にも二日酔いを解消してくれることが証明されているため、その効果はそれだけ信頼できるものとなっています。

まず肉うどんは以下のように

  • 肉⇒ビタミンB1、タンパク質、チアミン
  • うどん⇒炭水化物
  • スープ⇒ナトリウム、カリウム

などの栄養素が含まれていますが、このバランスは二日酔いに非常に良くなっているのが特徴です。

さらにうどんは他の麺類に比べても消化されやすく、とても体に優しい食べ物になっているので、二日酔い後の栄養摂取にはその点でもおすすめです。

また、お肉は焼くよりも煮た方が消化しやすくなり、二日酔いで疲れている肝臓にも負担を減らすことができます。

そして肉に含まれているビタミンやチアミンには頭痛を改善・予防する効果があり、タンパク質は肝細胞の元になる成分で二日酔いにより傷付いた細胞を修復する効果も期待できるので、二日酔いの解消だけでなく対策にも肉うどんは良いということが分かります。

また、肉うどんのスープですが、利尿作用の高いアルコールを飲んだ後には必要な水分補給と塩分(ナトリウムやカリウム)の摂取を同時に行えるため、二日酔いにはピッタリの食べ物となっているのです。

肉うどんの特徴から分かる正しい二日酔いの予防と対処法

上記では、なぜ肉うどんが二日酔いに効くかを説明しましたが、そのメカニズムから二日酔いの対策と解消には以下のことが必要です。

水分補給

二日酔いは水分が足りていないことも原因になっているので、二日酔いの予防や対策にはまず水分を補給することが大切です。

しかし、肉うどんが二日酔いに良い食べ物だという特徴からも分かるように、ただ単に水分を補給するだけでは、体内にある塩分はどんどん失われてしまうので、逆効果になりかねません。

よって、水分補給をするには肉うどんはもちろんのこと、塩分や栄養素がある程度含まれているスポーツドリンクなどで行うことをおすすめします。

空腹時にお酒を飲まない

肉うどんはその栄養価の高さやバランスから、二日酔いの解消法には最適だと説明しましたが、そもそもアルコールを過剰摂取すると体内の栄養素は水分と同じく失われてしまうので、まずは空腹時にお酒を飲まないようにすることが大切です。

空腹時にお酒を飲んでしまうことで、アルコールは余計に体内に吸収されるだけでなく、それによって悪酔いをしてしまいます。

よって、二日酔い対策には飲み過ぎない以前に、空腹状態のまま飲まないようにしておきましょう。

消化の良いものを食べる

肉うどんは消化が良いことでも二日酔い対策にはピッタリの食べ物ですが、消化の悪いものを体調が悪いときに食べてしまうと、嘔吐の原因にもなるので十分に注意しておきましょう。

このように二日酔いになると、消化や代謝機能は低下しているので、負担をかけないようになるべく消化に良い食事をすることが大切です。

肉うどん+オルニチンで二日酔いの悩みはスッキリ解消!?

二日酔いには肉うどんだけでなく、オルニチンがとても効果が高いということは皆さんご存知でしょうか。

そもそもオルニチンはアミノ酸の一種で、私たちの体に元々備わっている栄養素のひとつとなっています。

そして、上記では肉うどんに似た食べ物が二日酔いに効くと科学的に証明されていると説明しましたが、このオルニチンもそれと同様に、多くの研究機構が「二日酔いに効果が高い」と立証している成分でもあるのです。

そもそもオルニチンには、アルコールから発生する有害なアンモニアを解毒する作用があるので、二日酔い解消の効果を早めるためには、何よりもこのオルニチンが必要だといっても過言ではありません。

さらにオルニチンを摂取することで、肉うどんに含まれる栄養素を肝臓により届きやすくしてくれるため、両方で同時に肝臓を保護することが最適です。

このようにオルニチンは二日酔いにとても大切だということが分かって頂けたかと思いますが、これを普段から摂取しておくことで「お酒に飲まれない体質作り」をすることができるので、特にお酒を飲む機会が多い人は継続して補ってあげると良いでしょう。

さらにオルニチンはしじみなどの食物からも摂取でき、今ではオルニチンが凝縮されたサプリもお手頃な価格で販売されているので、忙しくて毎日手料理を作れない又は、栄養のバランスが乱れがちという人には、二日酔い予防にそんなサポートアイテムを利用するのもおすすめです。

よって二日酔いの改善には肉うどんだけでなく、普段からオルニチンを摂取し、肝臓の機能を高めるようにしておきましょう。