豆乳ダイエットはキレイに痩せる?豆乳ダイエットの効果、やり方、方法をご紹介!

豆乳ダイエットはキレイに痩せる?

豆乳はイソフラボンが取れて、コレステロールが含まれず、ヘルシーで女性には健康にも美容にも良いものとして、知られてきていますよね。豆乳が使われているスイーツなども出てきています。

どうせダイエットをして痩せるなら女性らしくキレイに痩せたいですよね。豆乳はダイエットにも良いのでしょうか?それなれば、どのような豆乳を、どのように飲めば良いのでしょうか?豆乳ダイエットについて調べました。

豆乳ダイエットの効果とは?

脂肪燃焼促進

豆乳に含まれている大豆ペプチドには、脂肪の代謝を促進する作用があり、体脂肪を落としやすくなります。

大豆ペプチドによって、筋肉増強にもつながるので、基礎代謝が高まり、脂肪を燃やしやすく痩せやすい身体になることができます。

コレステロール低下

豆乳には大豆サポニン、大豆レシチンが含まれています。大豆サポニンは抗酸化作用があり、脂質やコレステロールが過酸化脂質になるのを抑えて、コレステロール値を低下させる働きがあります。

また、大豆レシチンは、体内の余分なコレステロールを排出する作用があります。これらの成分が、コレステロールや中性脂肪を低下させ、動脈硬化などの血管の病気の予防も期待できます。

ホルモンバランス調整

大豆イソフラボンは、豆乳の中でも良く知られる成分になってきました。女性ホルモンであるエストロゲンに似た作用をしてくれるので、女性ホルモンのバランスを整えてくれます。

女性ホルモンのバランスが整うことで、肌の弾力を保つためのコラーゲンやヒアルロン酸が正常に作られるようになり、美肌効果も得られます。

便秘解消効果

大豆の中には、オリゴ糖が含まれています。オリゴ糖は腸内に住んでいる善玉菌のエサになるので、腸内細菌を活性化してくれます。そうなることで、腸内の善玉菌が増え、腸内環境が整い、便通が改善されます。

便秘になっていることで、体内に余計な脂肪や糖分が吸収されてしまっています。便秘が解消されることで、痩せやすい状態になります。

むくみ解消

夕方になると、脚がパンパンになって、朝よりも太くなっている?と感じることはありませんか?それは、むくみによるもの…むくみをそのまま放っておくと、脂肪が付きやすくなってしまいます。

そんなむくみ解消に役立つ成分、カリウムが豆乳には含まれています。カリウムはむくみの原因になる、余分な塩分を身体の外に排出してくれます。

豆乳ダイエットのやり方、方法とは?

食前に飲む

豆乳ダイエットの方法はいたって簡単!食事の前にコップ1杯(約200ml)の豆乳を飲むだけです。食前に飲むことで、満腹感が得られるので、食べ過ぎを抑えることができます。また、脂肪の吸収を抑えることができるので、ダイエットにつながります。

毎食前に飲んでも良いですが、朝食だけ、夕食だけでも良いので、毎日続けてみましょう。

置き換えダイエットに使う

置き換えダイエットとは、3食の内の1~2食をスムージーやアミノ酸などのシェイク、酵素ドリンクなどと置き換える方法です。

そういった場合、希釈するものを水や牛乳を使っていると思います。それを豆乳に置き換えるだけです。豆乳の栄養素を取り入れることができますし、牛乳よりもヘルシーですが、味がまろやかで美味しくもなります。

生理周期を活用

豆乳ダイエットには、効果が出やすい時期があります。それは、生理の1週間前から生理開始日までの7日間が良いと言われています。

それは、女性のホルモンバランスに大きく関係しています。排卵してから生理が始まるまでは、プロゲステロンが増えて、身体が栄養をため込みやすくなります。生理前になると、むくみやすくなったり、体重が増えたりしてしまいます。

この時期に、エストロゲンと似た作用をする大豆イソフラボンを含む豆乳を飲むことで、ホルモンバランスを調整することができ、水分や脂肪のため込みを防ぐことができるのです。

ダイエットのための豆乳の選び方とは?

コンビニやスーパーに行くと、いろいろな種類の豆乳がならぶようになりました。どれも同じではありません。豆乳には、主に3種類あります。

無調整豆乳

大豆を搾ったままのもので、大豆本来の味や風味が強いものです。

調整豆乳

砂糖や塩、脂質など、くせがなく飲みやすく調整したものです。味もまろやかで飲みやすくなっています。

豆乳飲料

果汁や砂糖、香料などで、ジュースのような感覚で飲めるものです。糖分も多く、その分カロリーも高いものが多くなります。

どうしても、豆乳は「豆」の味やにおいがあって苦手…という人もいます。そういった人は、調整豆乳は牛乳に近く、飲みやすくなると思います。しかし、効果が一番期待できるのは、無調整の豆乳です。

調整豆乳や豆乳飲料でも、大豆の成分が入っていますが、使うのであれば、糖質の量やカロリーをチェックするようにして下さい。慣れてくると、無調整豆乳が豆乳ダイエットにはおすすめです。

豆乳ダイエットと相性が良い食べ物とは?

黒ごまときなこ

黒ゴマには、セサミンというポリフェノールを多く含んでいます。そして、きな粉は大豆からできているので、さらに大豆に含まれるイソフラボンなどの成分を増やすことができます。

豆乳に、黒ゴマやきな粉は溶けにくいですが、少しずつ混ぜて飲みましょう。満腹感をより得られやすくなります。

バナナ

バナナは食物繊維を多く含み、便通を改善してくれます。むくみの改善に良いとされるカリウムも取れるので、すっきりすることができます。バナナと豆乳をミキサーで混ぜて、シェイクにして飲むことで、満腹感が得られやすくなります。

甘味もあるので、満足感も出るので、朝食などの食事代わりにもすることができます。

パイナップル

パイナップルには、豆乳の脂肪を燃焼しやすくする大豆ペプチドや大豆サポニンを活性化する働きがあります。それは、パイナップルに含まれている酵素による働きです。

ですので、生のパイナップルでなければ、効果は期待できません。100%パイナップジュースやキウイなどで替えることができます。

ココア

ココアにはカカオポリフェノールが含まれており、抗酸化作用があります。また、食物繊維やカルシウム、ミネラル、ビタミンB群などが含まれているので、ダイエットにも良いものとしても注目されています。

ココアは牛乳に溶かして飲むことが多いかもしれませんが、豆乳でもおいしく飲むことができます。ただし、糖分やミルクが含まれている調整されているココアだと、糖分の摂り過ぎになってしまい、ダイエットには向きません。

カカオだけの粉末を溶かし、甘味が足りない時は、オリゴ糖やはちみつなどで少し補うようにしてみましょう。

豆乳ダイエットのデメリットとは?

豆乳には、女性ホルモンに似た働きをする、大豆イソフラボンが含まれていることを述べてきました。適量だと、ホルモンバランスを整えてくれますが、大量に摂り過ぎると、逆に月経不順、乳がんや子宮がんのリスクアップなどにつながるかもしれないのです。

大豆製品は豆腐や納豆、味噌などたくさんあり、ダイエットにも良い食品だとは言われています。よって、それらばかりに偏らないように気を付けましょう。

豆乳ダイエットの効果の出方とは?

豆乳ダイエットは即効性のあるダイエットではありません。豆乳の栄養素を取り入れながら、ダイエット効果を得たり、満腹感を得られやすくして食事量を抑えたりすることで、徐々に効果が現れます。

よって、豆乳を飲むだけで食べる量が今までと変わらない、など、何も変化を付けていなければ、カロリーだけが増加して逆に太ってしまうこともあります。

豆乳を飲みながら、食事量や栄養バランスにも気を付け、適度な運動も取り入れるなどの努力を加えることで、ダイエット効果は上がりやすくなります。

豆乳ダイエットでキレイに痩せよう!

豆乳には、豆の独特な味がして苦手という人もいますが、栄養満点のヘルシードリンクです。飲みやすくしてある、調整豆乳や豆乳飲料もありますが、効果が高いのは、無調整豆乳といって、大豆を搾ったままのものです。

豆乳を食前に飲んだり、食事と置き換えるようにすることで、大豆の栄養素によってダイエット効果が得られます。また、満腹中枢に働きかけることによって、満腹感が得られやすくなり、食事量を抑えることもできます。

豆乳に含まれている、大豆イソフラボンには、女性ホルモンと似た働きがあるので、ダイエット中でも、美肌を保つことができますし、ホルモンバランスを崩すこともありません。豆乳ダイエットは、女性らしくキレイに痩せることができそうですね。

豆乳ダイエットの関連記事

豆乳ダイエットの関連記事はこちらです。

>豆乳ダイエットと酵素ダイエットの比較

ベルタ酵素の体験談
酵素調査隊が今1番オススメする酵素ドリンク “ベルタ酵素の体験談
3日間で体重4キロ減、体脂肪2%ダウン
1週間の夜置き換えで1kg減量と肌の調子アップ

希望効果別に商品・記事を探す

ベルタ酵素の体験談

お役立ち情報

種類別で選ぶ

調査レポートのまとめ

動画コンテンツ

色々なダイエット方法

週間人気ランキング

ベルタ酵素ドリンク
ベルタ酵素ドリンク
週間アクセス数:63660pt up↑
こうじ酵素
こうじ酵素
週間アクセス数:48410pt up↑
ミネラル酵素グリーンスムージー
ミネラル酵素グリーンスムージー
週間アクセス数:32110pt dwon↓

集計期間:8月22日~8月28日

スムージーと酵素ダイエットの比較