お茶でダイエットができる!お茶ダイエットのやり方や効果を教えます!

お茶がダイエットになる?

日本人にはなじみの深いお茶。お茶にも緑茶や麦茶など様々なお茶がありますが、良く飲む人も多いのではないでしょうか?ダイエットに良いと言われるお茶も多くあります。

どの種類のお茶をどのように飲めばダイエットになるのでしょうか?毎日飲むお茶がダイエットになれば、簡単で美味しいので、嬉しいですよね!お茶ダイエットのやり方や効果を紹介します。

お茶ダイエットの成分とは?

ポリフェノール

ポリフェノールとは、動物には存在しない植物特有の成分で、植物の葉・花・木の皮などに含まれている成分の総称です。苦味、渋み、アクとなるようなものです。私達の身体の中でも、活性酸素の働きを抑えるという作用があります。

ダイエット効果があるのは、ポリフェノールは肝臓の機能を助ける作用です。肝臓の働きが活性化されれば、脂肪が蓄積されにくくなります。また、ポリフェノールは血中のコレステロールを抑制するので、メタボリックシンドローム予防にもなります。

  • 緑茶・紅茶…カテキン
  • ウーロン茶…ウーロン茶ポリフェノール
  • 杜仲茶…クロロゲン酸
  • 紅茶・プーアール茶…タンニン

などがあります。

カフェイン

コーヒーに含まれているというイメージの強いカフェインですが、お茶(紅茶、緑茶など)にも含まれています。カフェインには、交感神経を活性化する働きがあるので、脂肪がエネルギーとして使われやすくなります。脂肪分解酵素「リパーゼ」の働きをサポートする働きもあり、脂肪を分解しやすくなります。

また、利尿作用があるので、水分を外に排出しやすくなり、デトックス効果になります。

サポニン

お茶、大豆、高麗人参などに含まれる苦味を持った成分です。脂肪の吸収をゆるやかにして、余分なものを体外に排出してくれます。血行促進効果もあります。

お茶ダイエットに向いているお茶とは?

緑茶

ダイエット効果が高いと言えば、やはり緑茶です。緑茶といってもたくさん種類があります。煎茶や番茶も緑茶です。種類が変わってくると、含まれるカテキンの量も違いがあります。ペットボトルなどで売られているものであれば、成分表をチェックすることができますが、普通の茶葉の場合は分かりません。

一般的に三番茶がカテキンの量が多いと言われています。茶葉を摘み取った順番に対して、そう呼ばれています。お茶は渋みを感じますが、その渋みがカテキンです。渋みの強い三番茶がカテキンを多く含むと言われています。

プーアール茶

脂肪を燃焼させる効果と脂肪の吸収をブロックする効果という効果があります。リパーゼを増やす働きがあります。これによって、体内に蓄積されていた脂肪が燃焼されやすくなり、ダイエットにつながります。

また、ポリフェノールも多く含まれています。「タンニン」というポリフェノールが血流を良くする効果があるので、新陳代謝が活性化し、むくみを解消してくれます。コレステロールや体内の老廃物を排出するなどの作用もあるためデトックス効果があり、便秘の解消にもなります。

ウーロン茶

脂肪の吸収を抑えてくれる効果があります。ウーロン茶ポリフェノールやサポニンの働きによるものです。他にも、血圧を下げたり、利尿作用によって、むくみを解消してくれたりする効果もあります。

杜仲茶

杜仲茶に含まれるゲニポシド酸の体脂肪の減少、血圧を下げる、利尿作用などのダイエット効果に加えて、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラル、タンパク質、ビタミンも多く含まれているというお茶です。カフェインが含まれていないので、子供から高齢者、妊娠中の人まで、安心して飲めます。

紅茶

紅茶にもカテキンは含まれています。また、カフェインも含まれているので、ダイエットになります。ただ、ミルクティーやレモンティーなどで販売されているものは、砂糖を多く含んだものは、糖分の摂りすぎになるので、ダイエットには向きません。ダイエットに用いるのは、無糖のものにしましょう。

ほうじ茶

ほうじ茶にもカテキンが含まれています。しかし、カテキンの含有量は100g辺り3g程度で、お茶の中では比較的少なめにはなります。カフェインも含まれていないので、ダイエット効果が高いとは言えませんが、妊娠中の方など、カフェイン摂取を控えた方が良い人には良いかもしれません。

ゴボウ茶

ゴボウ茶には、食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は食事と一緒に摂ることで、余分な脂肪などを排出しやすくしてくれます。胃や腸で膨らむので、満腹感を得られやすく、食べ過ぎ防止にもつながります。腸の運動を活性化するので、便秘解消にもなります。

また、タンニンなどのポリフェノールも含まれているので、デトックス効果もあります。

お茶ダイエットのやり方とは?

継続して飲む

ダイエット効果があるというお茶でも、すぐに効果が出るわけではありません。毎日継続して飲む必要があります。普段水分補給をしているものを、自分の好みのお茶に変えると良いでしょう。1日に数回に分けて、1.5~2リットルくらい飲むようにしましょう。水分を摂ることによって、血液循環も良くなり、新陳代謝が上がりやすくなります。

食事と一緒に飲む

脂肪の吸収を抑制してくれる効果があるので、食事と一緒に摂取しましょう。食後30分以内には飲むようにしましょう。空腹時にたくさん飲み過ぎると、何も消化していないのに、胃液だけが出て、胃が荒れる原因になってしまうこともあります。カフェインが刺激になることもあります。

運動前に飲む

脂肪燃焼効果を上げる効果があるので、運動前に飲むことで、脂肪燃焼が効率良く行うことができます。

温かくして飲む

冷たいお茶が美味しくて好きな人も多いはずです。しかし、身体や内臓を冷やしてしまうと、代謝が下がりやすくなってしまいます。身体を温めることが必要なので、温かいお茶か常温のお茶を飲むようにしましょう。

お茶ダイエットのデメリットは?

副作用がある?

副作用というよりも、飲み過ぎてしまうことで、身体に不調が起こることがあります。緑茶や紅茶、ウーロン茶などは、カフェインが含まれているので、胃が空っぽの良きに飲むと、カフェインの刺激が直接伝わってしまうので、吐き気や胃痛の原因になります。また、カテキンやタンニンの作用によって、消化不良を起こし、下痢や腹痛を引き起こしてしまうこともあります。

杜仲茶には、ミネラルやビタミンが豊富なことが良い点ですが、腎臓が弱い人には注意が必要です。杜仲茶には、多くのカリウムが含まれているので、飲み過ぎることによって、排出しにくくなる可能性があります。そのような方は、医師に相談してから飲むようにして下さい。

お茶ダイエットで脂肪燃焼、デトックス力アップ!

普通のお茶によって、ダイエット効果を得ようと思うと、継続して飲み続けることが必要になります。即効性があるわけではないので、すぐに体重を落としたいと思っている人には、向きません。いつもの生活の中で、痩せやすい状態にしていきたい人には、良いでしょう。

お茶に含まれている成分によって脂肪燃焼しやすくなったり、デトックス力がアップしたりします。お茶にもいろいろな種類があり、好みもあります。自分の目的に合わせて、味や香りなど、継続しやすいものを選ぶようにしましょう。早い効果を求めるならば、適度な運動や食事の改善も心がけましょう。

お茶ダイエットの関連記事

お茶ダイエットの関連記事はこちらです。

>お茶ダイエットと酵素ダイエットの比較

ベルタ酵素の体験談
酵素調査隊が今1番オススメする酵素ドリンク “ベルタ酵素の体験談
3日間で体重4キロ減、体脂肪2%ダウン
1週間の夜置き換えで1kg減量と肌の調子アップ

希望効果別に商品・記事を探す

ベルタ酵素の体験談

お役立ち情報

種類別で選ぶ

調査レポートのまとめ

動画コンテンツ

色々なダイエット方法

週間人気ランキング

ベルタ酵素ドリンク
ベルタ酵素ドリンク
週間アクセス数:63660pt up↑
こうじ酵素
こうじ酵素
週間アクセス数:48410pt up↑
ミネラル酵素グリーンスムージー
ミネラル酵素グリーンスムージー
週間アクセス数:32110pt dwon↓

集計期間:8月22日~8月28日

スムージーと酵素ダイエットの比較