なぜ炭水化物は太ってしまうの?

炭水化物の糖分

炭水化物は普段食べる食事にも多く含まれており、ごはん、パン、麺類などが代表的な食べ物として挙げられます。

よく太ると言われる炭水化物ですが、エネルギーを作るためには必要な成分であり欠かせないものでもあるのです。

しかし炭水化物(糖質)の取り過ぎは、体内で消化しきれなくなってしまい、肝臓でグリコーゲンや脂肪となって蓄積されて太る原因になりかねません。

また炭水化物を多く摂取してしまうと血糖値が急激に上がってしまい、インスリンという成分が血糖値を抑えるために分泌されます。

インスリンによって血糖値が下がると、また空腹が起こりつい間食などをしまい太りやすい悪循環サイクルができてしまいます。

このようなことから炭水化物を抜くダイエットもありますが、炭水化物を抜くことをやめるとリバウンドするリスクが高くなるので、リスクが低いダイエット法とはいえません。

そこで、太ることのないように炭水化物のメカニズムをよく理解し、上手く炭水化物と向き合っていきましょう。

炭水化物ダイエットの効果ややり方

炭水化物をバランス良く摂取しよう

炭水化物は体内に摂取すると分解され糖質になりますが、糖質は身体の機能をコントロールするためにも脳の栄養素として重要な役割を行っています。

今や炭水化物は太るというイメージが強いですが、炭水化物を抜いてしまうと脳に必要な栄養素も不足してしまいます。

そのため炭水化物を抜くと脳の機能が著しく低下するので、集中力も下がり常にボーっとしてしまうようになります。

よって炭水化物を抜くよりも上手く摂取することが、身体にもダイエットにも良いと言われています。

太ることを避けるために行う「炭水化物の食べ方」

冷や飯にする

冷や飯にするだけでお米に含まれるでんぷんは変性し、消化のしにくいでんぷんにすることができます。

その結果でんぷんが腸内で働き、脂肪燃焼効果を期待することができるというワケなのです。

またレジスタントスターチという成分も発生し、消化吸収されにくくなるのでカロリーを抑えて太ることを避けるためにも冷や飯は効果的です。

食事の最後にお米

お腹が空いたときに炭水化物を多く摂取してしまうと、血糖値が急上昇してしまい、脂肪を蓄積する原因になりかねません。

よって最初に食物繊維が豊富な野菜から順番に食べることで、血糖値の上昇を緩やかにすることができるのでおすすめです。

麺類やパンよりお米

お米は麺類やパンと比べても消化吸収率が高く、優れたエネルギー源になります。

このように効率良く炭水化物を吸収し、エネルギーに変えることで、余分な脂肪から太ることを予防できます。

低炭水化物ダイエットがおすすめ!

上記で説明した通りに炭水化物を一切摂取しなくなってしまうと、集中力が低下しリバウンドのリスクが高くなる一方です。

また炭水化物を抜くことは身体にも影響がありますが、これは炭水化物の摂取量を減らすだけですので、空腹で辛くなることも無く必要な糖質を補ことができます。

そもそも炭水化物と言えばお米、麺類、パンなどの他にも、イモ類のジャガイモやサツマイモにも含まれているので、食べ過ぎには注意しておくことが大切です。

このように炭水化物の摂取量を減らすことで、膵臓からグルカゴンというホルモンが分泌されます。

グルカゴンには脂肪を分解する作用があり、基礎代謝が高まるので脂肪燃焼しやすい身体を作ることができるというメリットもあるのです。

低炭水化物ダイエットは危険じゃないのか?と疑問に思う人もいらっしゃるかもしれませんが、糖尿病患者のために考えられた食事療法ですので安心して行うことができます。

またカロリーを抑えるために無理な低炭水化物ダイエットをすると、炭水化物の摂取量が減り、脂肪をエネルギーとして消費するため体臭がきつくなることがありますので、無理な低炭水化物ダイエットはしないようにしておきましょう。

炭水化物ダイエットの効果ややり方

炭水化物を多く含むものとは

炭水化物を多く含む食べ物

炭水化物は人間が活動するためには、必要な成分ですが過剰摂取してしまうと太る原因にもなりますので、ある程度炭水化物が含まれている食材を知っておくことで、炭水化物の摂り過ぎを予防しておきましょう。

パスタ

パスタには炭水化物が約72%含まれており、ソースも味が濃くダイエット中の人は控えておく必要があります。

またパスタを食べる際には、ソースの塩分も気を付けておく必要があり、調味料も脂肪分がかなり高いので、代表的な太る食べ物になっています。

フランスパン

フランスパンには約57%の炭水化物が含まれていて、カロリーも高めですがジャムやバターを付けることで、よりカロリーが高くなってしまいます。

パンはお米よりも吸収が良くないのでダイエットをしている人は、パンよりもお米で炭水化物を摂取することがおすすめです。

そうめん

夏になると食べたくなるのが冷たいそうめんですが、麺類の中でも炭水化物を多く含んでおり、食べるときにも麺がメインとなるので、摂取する炭水化物の量が増えてしまいます。

よってそうめんを食べるときには、具材も考え麺の量を減らして食べましょう。

トウモロコシ

トウモロコシは野菜の中でも炭水化物の量が多く、ダイエット中に間違って食べている人もたくさんいます。

またトウモロコシには甘味もありますが、カロリーの高めなのでダイエット中の食事には向いていません。

いかがでしたか?

炭水化物は私たちの生活において大切な役割を果たしてくれている栄養素ですが、摂るすぎは太る原因になってしまうので、上記のように工夫して摂取するようにしておきましょう。