炭水化物ダイエットは常識?

ダイエットには、「炭水化物は大敵」というのは常識になっているかもしれません。ご飯やパン、麺などの炭水化物を抜いてダイエットをしている人は多いのではないでしょうか?

しかし、その炭水化物ダイエットは正しく行われていますか?間違った方法で行っていると、身体に悪影響を及ぼすこともあるかもしれません。今一度、炭水化物ダイエットについてみていきましょう。

炭水化物ダイエットの効果とは?

血糖値が上昇しない

炭水化物は、血糖値を急上昇させるので、インスリンの分泌を促し、脂肪をため込みやすくしてしまいます。炭水化物抜く、炭水化物ダイエットでは、血糖値の上昇がゆっくりになるので、脂肪がつきにくくなるのです。

脂肪燃焼促進

炭水化物を抜くことで、すい臓から「グルカゴン」というホルモンが分泌されます。このグルカゴンには、脂肪分解作用があるので、今身体に溜まっている脂肪を燃やしてエネルギーに変えることができます。よって、いらない脂肪が減っていき、痩せることができます。

摂取カロリーが減る

炭水化物は主食となる場合が多く、1日の摂取カロリーの約半分が炭水化物と言われています。よって、炭水化物を抜くことで、自然と摂取カロリーが減るので、ダイエットになります。

炭水化物ダイエットのやり方、方法とは?

炭水化物を抜く

炭水化物ダイエットは、ご飯やパン、麺など、お米や小麦を原料とした主食を抜くダイエットになります。炭水化物ダイエットは、その他には、特に決まった食事制限はないので、おかずは好きなものを食べることができます。
1日3食全ての炭水化物を抜くのではなく、1日1食だけの炭水化物を抜くダイエット方法が一般的になっています。

ただし、お菓子やイモ類、果物、ジュースなど、糖質が多く含まれる食べ物にも注意が必要です。炭水化物とは、糖質と食物繊維の総称で、気付かずに炭水化物を摂っていることがあるのです。

どのタイミングがおすすめ?

炭水化物を抜く食事が1食の場合は、いつのタイミングが効果的なのでしょうか?それは、基本的にはいつでも良いとはされています。

しかし、朝や昼に炭水化物を抜くと、脳にエネルギーが行きにくくなってしまい、集中力が出なくなる場合があります。仕事の効率が下がってしまうかもしれません。

夕食は食べた後に何かしないといけないわけではないので、夕食の炭水化物を抜くのが良いのではないでしょうか?

アルコールは飲んでも良い?

お酒はダイエット中にはだめだというイメージが強いと思います。それがストレスになってしまう人もいますよね。

炭水化物ダイエットは、全てのお酒がだめというわけではありません。蒸留酒と言われている、ウイスキーや焼酎、ブランデーなどです。ワイン、ビール、日本酒、カクテルなどは、糖質を含むので、飲まないようにして下さい。

最近は「糖質ゼロ」というお酒も出ているので、そういったものを選んで飲むようにしましょう。

どのくらい続けるのが良い?

個人差がありますが、炭水化物ダイエットは数か月単位で継続するのが良いでしょう。もともと、ご飯やパンなどをたくさん食べていた人は、ダイエット効果が得られやすいので、続けやすいでしょう。

炭水化物ダイエットの注意点とは?

無理をし過ぎない

炭水化物はが分解された状態である「糖質」は脳の唯一の栄養素で、全くない状態になると、脳が正常に働くことができません。集中力が低下してボーっとしてしまうこともあります。

そして、肝臓が糖を生成するために働き過ぎて、肝臓に負担をかけることにもなってしまいます。炭水化物を全て抜くと考えず、炭水化物を減らすようにすることが大切です。

体臭がきつくなる

急に炭水化物を抜くと、身体の中でケトン体という臭い成分が増え、口臭や体臭がきつくなる場合があります。炭水化物の変わりに身体にある脂肪をエネルギーとして消費する時に発生します。

水分をしっかりと摂り、尿からケトン体を排出させる体臭は減ると言われています。また、急激に炭水化物を抜くことで起こりやすいので、体臭が気になる場合は、一度炭水化物ダイエットはやめて、ゆっくりと徐々に炭水化物を抜くように心がけてみましょう。

リバウンドに注意

炭水化物ダイエットは、実はリバウンドしやすいというのです。それは、炭水化物を抜くと、肉など他のものをいつもの1.5~2倍くらい食べないと、満足感を得られないと言われているからです。

しかしながら、炭水化物以外のおかずを食べ過ぎてしまっても、カロリーが高くなりすぎて痩せることができません。

そういったことがストレスになってしまうと、反動がでてしまいリバウンドしやすくなるのです。また、炭水化物を減らしていた状態から、元に戻すと、これまで以上に炭水化物をため込もうとしてしまいます。

よって、炭水化物ダイエットをした後の身体は、脂肪になりやすい身体になっている可能性があるのです…

炭水化物ダイエットに成功したとしても、すぐに炭水化物の量を元に戻すのではなく、徐々に増やしていき、身体を慣らしていくようにしましょう。

炭水化物ダイエットの口コミとは?

良い口コミとは?

  • 1週間で3kg痩せた。
  • おかずは食べていいので、続けやすい。
  • 効果が分かりやすかった。

炭水化物ダイエットは、特に普段から主食を多めにしている人が行うと、効果が現れやすいので人気のダイエットになっています。

そして、食事を抜くとわけではなく、おかずは食べられるので食べられないストレスは少ないので継続しやすいという声も多く聞かれます。すぐに始められるダイエットなのも良いですね。

悪い口コミとは?

  • 効果がわからなかった。
  • 逆に太った。
  • リバウンドした。

ご飯やパンなど主食を抜いたことで、お肉など高カロリーなおかずをたくさん食べるようになってしまうと、逆に太ってしまうことがあります。太るだけでなく、コレステロールが増え、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病の原因を増やしてしまうこともあります。

栄養のバランスを考えて、食べ過ぎを防ぐようにしましょう。また、イモ類や春雨など炭水化物だと気付かずに食べていると、ダイエット効果が得られません。

炭水化物ダイエットは正しく行いましょう!

炭水化物ダイエットは1食の内の1食の炭水化物を抜いていくのが、一般的です。食事の中の一切の炭水化物を抜くのが良いと思っていた人はいませんか?

炭水化物は悪者のように思われることもありますが、生きていく中では必ず必要な栄養素です。炭水化物がなくなることで、脳に栄養が行かなくなったり、肝臓に負担になったりと、身体に支障が出てきて、危険です。

また、極端に炭水化物を減らしていると、元に戻した時のリバウンドもしやすくなってしまいます。無理をしすぎず、正しく行うことで、脂肪が燃焼され、ダイエット効果が得られます。

すぐに始められて効果も感じやすい炭水化物ダイエット。正しく行って健康維持をしながら、痩せていきましょう。