痩せ効果が高い「グリーンスムージー」とは

グリーンスムージーとは、野菜、果物、水をミキサーに入れてスムージー状にした飲み物のことを言い、ダイエットの効果があり痩せやすい体質を作ることができると女性に人気のアイテムとなっています。

また、野菜や果物の栄養を摂取することができるので、普段足りない栄養をしっかりと補うことができます。

グリーンスムージーは細かくスムージー状にするので、飲む際にも胃に負担をかけずに摂取することができるのもおすすめのポイントです。

また葉野菜はグリーンスムージーの基本として材料に使用されますが、葉野菜には人間が生きて行く上で必要な酵素が豊富に含まれているため、健康や美容にも良く、痩せる目的以外でも使用することができます。

さらにグリーンスムージーは体内から野菜や果物の作用から、痩せやすい体質になることができる効果もあるのでリバウンドの心配も無く、アフターケアの大切なダイエットにも有効だと言われています。

野菜だけでは飲みにくいという場合は、果物を入れることで砂糖などを使用せずに甘味を出すことができ、ダイエット中でカロリーの気になる人でも気軽に飲むことができます。

このようにグリーンスムージーには痩せる効果が期待できますが、具体的にはどのような効果があるのでしょうか。

そこでグリーンスムージーについて詳しく調べましたので、作り方が分からない人やグリーンスムージーをダイエットに使用したいと思っている人は是非参考にしてみて下さいね。

バリエーションの広いグリーンスムージーのレシピ

注意すべきポイントとしてグリーンスムージーは間違った作り方をしてしまうと、カロリーが高くなったり、ダイエット効果が得られない又は、半減してしまう場合があります。

よってそのようなことのないように正しいグリーンスムージーの作り方をこちらで知っておきましょう。

また素材を変えることで効果も変わってきますので、自分の目的に合うグリーンスムージーを作ることがおすすめです。

グリーンスムージーのレシピ

便秘解消グリーンスムージー

お通じ機能改善に効果を出したい場合は、材料にバナナ、みかん、柿、リンゴ、チンゲン菜、水をミキサーにかけるだけで作ることができます。

特に女性は便秘に悩む人が多く、便秘は放置すると病気に繋がることもあるので軽視しないことが大切です。

よって便秘気味な方は食物繊維を豊富に含む材料でグリーンスムージーを作ることで、便秘解消に役立つ効果が期待できる上、便秘を解消することで体内に溜まった老廃物も排出してくれるので、ナチュラルダイエットにはピッタリのスムージーとなっています。

痩せるグリーンスムージー

続いては小松菜、いちご、グレープフルーツ、水を材料にミキサーにかけるだけで、ダイエットのサポートに役立つグリーンスムージーを作ることができます。

グレープフルーツは低カロリーなのに、満腹感があるのでダイエットにはおすすめです。

またグレープフルーツを切る際には、外皮を剥いて栄養価が高い薄皮はついたままにしておきましょう。

貧血予防グリーンスムージー

こちらは材料を小松菜、プルーン、リンゴ、バナナ、水にしたグリーンスムージーで、貧血予防におすすめです。

貧血予防のスムージーは、女性であれば生理時などに摂取することが最適で、特に生理の前や生理中は特に脂肪が付きやすい時期なので、グリーンスムージーで体重管理を行っておくと良いでしょう。

美肌効果グリーンスムージー

続いては美肌に効果のあるビタミンが豊富なキウイ、バナナ、オレンジ、ほうれん草、水で肌荒れを抑えるグリーンスムージーを作ることができます。

特にキウイやオレンジにはビタミンがたくさん含まれているので、ダイエット中の肌荒れにも効果的です。

このようにグリーンスムージーはダイエット中に肌荒れや便秘が起こってしまってもレシピを変えるだけで改善することができ、自分に合ったものを見つけることができるのでダイエットのサポートの強い味方になってくれること間違いなしです!

グリーンスムージーを作る際の注意点

上記でも説明した通りグリーンスムージーは痩せるために有効ですが、作る際に注意点もあるので、そちらも合わせて知っておきましょう。

はじめに、にんじんやキャベツなどは材料にすると腹もちが良くなりますが、消化に時間のかかる食材でもあるので、ダイエット目的でのスムージーにはあまりおすすめできません。

また小松菜やホウレン草はグリーンスムージーの定番の材料となっていますが、毎回同じものを摂取していると栄養が偏ってしまいますので、色々なレシピをローテーションすることも大切です。

そもそもグリーンスムージーは牛乳を混ぜるのもひとつのアレンジレシピとしてよくメディアでは紹介されていますが、ダイエット目的の場合はカロリーが高いため、水や炭酸水でカロリーを抑えておきましょう。

そしてグリーンスムージーを作る際の重要なポイントは、栄養素が含まれている果物や野菜の皮はそのままにしてミキサーにかけることです。

しかし農薬が皮の表面に付着していることもあるので、重曹を水に薄めたものに浸けておくか、無農薬のものを選ぶことをおすすめします。

また痩せるグリーンスムージーを作るときには、砂糖やはちみつは入れずに果物で甘味を出すようにして糖分を摂取しすぎないようにしておきましょう。

このように痩せるグリーンスムージーを作る際には注意することが何点かあり、間違った作り方をしてしまうとカロリーが高くなってしまいダイエットの効果を得ることができません。

特にグリーンスムージーは毎日続けることで、痩せる効果を実感することのできるダイエット方法ですので、正しい作り方で健康的にリバウンドのしにくいダイエットをしていきましょう。