グリーンスムージーとは

グリーンスムージーは低カロリーで栄養素が豊富なので、国内でも女性に人気の商品です。

グリーンスムージーの内容としては、生野菜や果物を使っているので普段足りていない栄養を摂取することができ、美容だけでなく健康食としても活用することができるのが一番のメリットとなっています。

グリーンスムージーを飲むことで最も期待できるのが野菜不足の解消で、普段から野菜をあまり食べることのない人には特におすすめです。

また果物をいれることで砂糖などを入れる必要も無く、腹もちも良くなります。

この他にもたくさんの効果を得られる栄養価も豊富になるグリーンスムージーですが、老若男女問わず使用できるのも良いところです。

さらにグリーンスムージーは栄養などが気になる妊娠中の妊婦さんも飲むことで、良い効果が得られるのではないかと気になる人もいらっしゃるかと思います。

しかしグリーンスムージーを妊娠中に飲む場合はいくつかの注意点もあり、妊娠中に飲むとどのような効果があるのかもここで詳しく説明していくので、妊婦さんは是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

グリーンスムージーを妊娠中に飲むメリット・デメリット

グリーンスムージーを妊娠中に飲むことは、基本的に問題はありませんが注意しておくべきこともあるので注意しておきましょう。

よってグリーンスムージーを使用するかどうか決める前に、妊娠中に飲むことによりメリットやデメリットを把握しておくことも大切です。

メリット

ニオイが気にならない

妊娠中はつわりがあり、食べ物のニオイなどで気分が悪くなり吐き気が起こることがあります。

このようにニオイに敏感なつわり中は、ちゃんと食事を摂ることのできない人もいますが、そんなときにグリーンスムージーを活用すればニオイも気にならない上に栄養を摂取することができます。

特に野菜に自分の好きな果物をいれることでニオイを気にせず飲むことができ、妊娠中に必要な栄養も補うことができますので、辛いつわりも乗り切るためにも便利なアイテムになっています。

便秘解消

妊娠中は便秘などの症状に悩む人が多く、ホルモンバランスの関係でもともと便秘ではない人でも便秘になってしまうことがあります。

しかしグリーンスムージーには、食物繊維とミネラルが豊富なため水分が溜まった便を軟らかくし、食物繊維の働きで老廃物を排出しやすくしてくれるので、便秘の解消に高い効果が期待できます。

作りやすい

グリーンスムージーの作り方は、野菜、果物、水をミキサーに入れて作るだけなので、忙しいときや体調が悪く辛い時にも簡単に短時間で作ることができます。

栄養が豊富

グリーンスムージーの人気な理由でもある高い栄養素は、ビタミンが豊富でその他の栄養も摂取することができ、素材も自分で選んで必要な栄養素を摂取することができます。

また妊娠中には葉酸がお腹の赤ちゃんの成長のためにも必要な栄養となり、ほうれん草やアボカド、イチゴ、バナナなどから摂取することができますので、グリーンスムージーを作るときに使ってあげると効率よく葉酸を摂取することができます。

体重管理

妊娠中は体重の管理も大切で、つわりが収まるとつい食べ過ぎてしまい体重が増え過ぎてしまう妊婦さんも少なくありません。

体重が増えてしまうことで妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群になってしまう可能性もでてきますので、グリーンスムージーで体重管理を行うことがおすすめです。

ですが妊娠中ですので、身体に負担をかけてしまうようなダイエットはしないようにしておきましょう。

このようにグリーンスムージーを上手く使用することで妊娠中にも効率よく栄養を摂取し、さまざまな効果を得ることができます。

デメリット

続いてはグリーンスムージーを妊娠中に飲むことによるデメリットですが、飲み方や素材の選び方次第でこれらは改善できるため、以下のポイントを抑えておくことをオススメします。

残留農薬の影響

グリーンスムージーは妊娠中には良くないとネット上で言われている理由の1つが、この残留農薬の影響です。

グリーンスムージーを作るときには、素材を皮ごと使うことが多く残留農薬が心配になってくるかと思います。

ですが身体に影響が出てくるほどの量は残っていません。

しかし野菜や果物を念入りに洗っても農薬を全て落とすことはできず、毎日摂取するものですし不安に思われる方もいるかと思います。

よって妊娠中でお腹の赤ちゃんへの影響が心配ならば、無農薬栽培などの素材を使うことがおすすめです。

身体を冷やしてしまう

これはグリーンスムージーに限らず、妊娠中は身体を冷やさないようにすることが大切です。

よってグリーンスムージーを飲むときには良く噛んで飲むようにし、身体を温める効果のある野菜などを使って工夫しましょう。

飲み過ぎはカロリーオーバー

グリーンスムージーは低カロリーですが、使う素材が果物に偏ってしまったり、飲み過ぎたりするとカロリーオーバーになってしまうので、注意しておくことが大切です。

特に果物の中には高カロリーなものもあるため、カロリーの低い素材を選び飲む量にも気をつけておくが重要になってきます。

上記で説明した通り、グリーンスムージーを妊娠中に飲むことで身体に良いことがたくさんありますが、飲み過ぎは身体を冷やしてしまうなど、注意すべきポイントがいくつか存在します。

また野菜や果物も時期によって値段が高騰することもありますので、続けるためには経済面もよく考えておきましょう。

そして市販のものでも粉末グリーンスムージーなどがありますが、通販などで購入する際には妊娠中でも飲んで大丈夫か事前に調べておくことが大切です。