白湯ダイエットが効果的?白湯だけでいいの?白湯ダイエットの効果、やり方、方法をご紹介!

白湯ダイエットで痩せる?

白湯ダイエットと聞くと、白湯だけで痩せるってどういうことだろう?と思いますよね。白湯なんて、お水を温めただけ…しかも白湯を飲むだけで何が変わるの?と思ってしまいます。

白湯をどのように使うとダイエットになるのでしょうか?芸能人やモデルも行なっていて、人気が出ているダイエットです。白湯ダイエットの効果とやり方、方法を調べました。

白湯ダイエットの効果とは?

冷え性改善

女性は多い冷え性。冷え性の人は、血行が悪く、代謝も下がりやすくなります。また、むくみやすくもなってしまい、脂肪燃焼もしにくくなり、太りやすくなってしまいます。

そういった人が、白湯を飲むことで、内臓が温められて、身体も温まり、血行が良くなり、冷えが改善されます。低体温の人も、身体の酵素が働きにくいので、痩せにくいですが、冷えが改善され、体温が上がることで、基礎代謝も高くなり、痩せやすくなります。

便秘解消

白湯を飲むことによって、内臓の温度が上がると、胃や腸の血行も良くなり、動きが良くなります。そうなると、便通も良くなります。また、日頃あまり水分を摂っていなかった人が、白湯を摂ることで、水分補給をすることで、便が柔らかくなりやすくもなります。

むくみ解消

温かい白湯を飲むと、尿の量を増やす効果があると言われています。むくみは身体の中に余分な水分がたまっている状態です。白湯によって水分代謝が良くなり、むくみがスッキリしてきます。

白湯ダイエットのやり方、方法とは?

白湯ダイエットとは?

白湯ダイエットは、その名の通り、白湯を飲むダイエット方法です。白湯とは、お水を沸かして冷ましている、何も入れていないお湯のことです。

お茶ではダメなの?と思う人もいると思います。緑茶やウーロン茶には、カテキンなどのポリフェノールが含まれているので、ダイエットに効果があるとも言われています。しかし、その成分が胃腸に負担になってしまうこともあるのです。

朝に飲む

いつ飲まなければいけないという決まりはありません。しかし、ダイエット効果を高めるには、朝起きた時に飲むのが良いでしょう。眠っている間に汗をかいているので、寝起きは水分が不足している状態なのです。

そこで、水を飲むよりも、白湯を飲んだ方が胃腸の消化機能が活発になって、デトックス効果が高まります。

食事と一緒に飲む

食事と一緒に白湯を飲むことで、胃腸が温められ、消化機能が上がり、食べた物の消化吸収がしやすくなります。また、食事前にも少しずつ飲むことで、食事の食べ過ぎを防ぐこともできます。

寝る前に飲む

何も入っていない白湯は、身体への吸収が良くなり、身体をゆっくりと温めてくれます。そうなることで、副交感神経が働きやすくなり、質の良い睡眠をとることができます。

また、身体が温まることで、睡眠中の代謝が良くなり、エネルギー消費量が大きくなって、ダイエット効果が上がりやすくなります。

白湯を飲む量とは?

白湯はコップ1杯(200ccくらい)を10~15分くらいかけてゆっくり飲むのが効果的です。飲み過ぎないようにしましょう。

白湯の作り方とは?

時間がない人は、耐熱のコップに水を入れて、電子レンジの500Wで1分30秒~3分くらい温めてもできあがります。

時間があれば、やかんと使って沸騰させて作ってみましょう。鉄のやかんだと、鉄分も取れますし、味もまろやかになると言われています。

やかんに水を入れて、強火にかけ、沸騰したら弱火にし、そのまま10分程沸かします。沸騰したら、ふたは外すようにします。水の不純物が取り除かれやすくなります。火を止めたら、そのまま冷めるのを待ちます。水を加えて冷まさないようにしましょう。

白湯ダイエットにおすすめのアレンジ方法とは?

レモン

カップ1杯の白湯にレモン汁を大さじ1杯ほど加えます。レモンが加わることで、酸味が加わり、香りもさわやかになり、ただの白湯だけよりも飲みやすくなります。ビタミンCやクエン酸も取れるので、美肌や疲労回復にも良いですね。

ショウガ

カップ1杯の白湯に薄切りにしたショウガを4、5枚いれたり、チューブのショウガを1~2cmくらい混ぜてみます。ショウガは身体を温める作用があることでも知られていますよね。白湯とショウガの相乗効果で、より体温が上がりやすくなり、新陳代謝も上がりやすくなります。

はちみつ

白湯が味気ないと感じる場合は、はちみつを入れることで、甘味が出て飲みやすくなります。そして、はちみつには、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、ポリフェノールなど様々な栄養が含まれているので、疲労回復や整腸作用なども期待できます。

ただ、はちみつの入れすぎはもちろんカロリーも高くなってしまいます。カップ1杯に小さじ1杯までにしましょう。

白湯ダイエットの注意点とは?

飲み過ぎない

白湯がカロリーもなく、身体にも良いからと言ってたくさん飲み過ぎてはいけません。1日に800mlを目安としましょう。最初から急にたくさん飲んでしまうと、胃液を薄めてしまい、消化機能を低下させ、腹痛や下痢になってしまうこともあります。

また、むくみやすい人は、徐々に量を増やさなければ、すぐに水分を代謝できずに、かえってむくみやすくなることもあります。少しずつ身体に慣らしていくようにしましょう。

白湯の温度に注意

白湯の温度が35度以下の体温よりも低くなってしまうと、効果が減ってきてしまいます。低い温度では、内臓が温まり、身体が温かくなることもありません。温度は50度前後のすすって飲める程度のほんのり熱いくらいを目安にしましょう。

食後に飲まない

食事の直後に、白湯を飲んでしまうと、胃液が薄まることで、消化機能が低下してしまいます。それでは、体重が増えてしまう可能性も出てきます。食後にもし飲みたい場合は、30分くらい時間をおいてからにしましょう。

白湯ダイエットの口コミとは?

良い口コミとは?

  • 意外に美味しくて、身体が温まり、冷えが改善された。
  • お腹の調子が良くいなって、ぽっこりお腹が解消された。

白湯を飲み続けることで、次第に「甘さ」を感じることができるようになるそうです。白湯を美味しく感じることで、ジュースなどの他の飲み物もいらなくなるという声もありました。

身体が温まることで、血行が良くなり、デトックスもされやすくなるようです。ダイエット効果を感じる人も多いのです。白湯はすぐに用意できるので、気軽に始められるのも良いですね。

悪い口コミとは?

  • 効果が見られない
  • むくみやすくなった気がする。

すぐに効果が見られるものでもないので、毎日継続することが大切です。また、白湯を飲んでいるからと言って、何を食べても良いということでもありません。食事量を気を付けることで、効果も出やすくなります。

また、白湯を飲み過ぎてしまっても、むくみやすくなってしまったり、消化機能が下がってしまったりと、ダイエット効果が得られにくくなることもあるので、適量を飲むようにしましょう。

白湯ダイエットで身体を温めながら痩せよう

白湯ダイエットは、簡単に始められるダイエットですが、女性には嬉しい効果が見られそうです。女性の大敵である冷え症。その体質はダイエットにも向きません。

そういった人にピッタリなのが白湯ダイエットではないでしょうか?白湯を飲むことで、内臓が温められ、体温が上がりやすくなり、基礎代謝も上がり、痩せやすい身体になるのです。

また、内臓機能が活発になるので、便秘解消やむくみ改善にもなり、身体がスッキリとしてきそうです。ただの白湯なのに、たくさんの効果があるなんて嬉しいですよね。

すぐに始められるダイエットなので、まずは白湯を飲んでみましょう。そして、それを毎日続けましょう。身体の中から温かくなり、痩せやすい身体を目指せますよ。

白湯ダイエットの関連記事

白湯ダイエットの関連記事はこちらです。

>白湯ダイエットと酵素ダイエットの比較

ベルタ酵素の体験談
酵素調査隊が今1番オススメする酵素ドリンク “ベルタ酵素の体験談
3日間で体重4キロ減、体脂肪2%ダウン
1週間の夜置き換えで1kg減量と肌の調子アップ

希望効果別に商品・記事を探す

ベルタ酵素の体験談

お役立ち情報

種類別で選ぶ

調査レポートのまとめ

動画コンテンツ

色々なダイエット方法

週間人気ランキング

ベルタ酵素ドリンク
ベルタ酵素ドリンク
週間アクセス数:63660pt up↑
こうじ酵素
こうじ酵素
週間アクセス数:48410pt up↑
ミネラル酵素グリーンスムージー
ミネラル酵素グリーンスムージー
週間アクセス数:32110pt dwon↓

集計期間:8月22日~8月28日

スムージーと酵素ダイエットの比較