白湯ダイエットと酵素ダイエットは違う?

白湯ダイエットも酵素ダイエットも、芸能人やモデルも取り入れていると言われています。効果が期待できますよね?

白湯ダイエットは、白湯だけで良いのなら、とても楽そうな気がします。酵素ダイエットとくらべて効果はどうなのでしょうか?白湯ダイエットと酵素ダイエットをいろいろな面から比較してみます。

白湯ダイエットとは?

白湯ダイエットは、白湯を飲むだけという方法です。白湯とは、沸かしたお湯を少し冷ました、何も加えていないお湯のことです。

その白湯をのむことで、身体を温めることができ、身体の新陳代謝をあげ、痩せやすくすることができるのです。

白湯ダイエットと酵素ダイエットの比較

効果の違い

白湯ダイエットは、温かい白湯をゆっくり時間をかけて飲むことで、内臓が温まります。そうなると、内臓の動きが良くなり、新陳代謝も高くなります。

水分を補給しながら、内臓が温まることで、腸も活発に動くので、便通の改善になります。老廃物が排出されやすく、代謝の高い、痩せやすい身体になります。

酵素ダイエットも身体の代謝を上げるダイエットです。身体の代謝酵素を増やすことで、エネルギーを燃やしやすい身体にしていくことができます。

方法の違い

白湯ダイエットは、白湯を飲むだけの方法です。白湯は電子レンジを使って、1分30秒から3分温めるだけでもできますし、やかんで沸かして作ることもできます。

朝飲んで、デトックス効果を高める、食事中には、消化機能を上げ、食べ過ぎ予防、寝る前だと、質の良い睡眠がとれるようになるなど、自分に合ったタイミングで飲むようにすると良いでしょう。

酵素ダイエットは、酵素のサプリやドリンクを飲む方法です。酵素サプリは食前に飲んで、食べたものの消化を助けるようにします。酵素ドリンクだと、食事替わりとして飲む、置き換えダイエットの方法も取ることができるので、短期的なダイエットにも効果があります。

続けやすさの違い

白湯ダイエットは、水さえあればできるので、すぐにでも始められますし、コストもかかからず、手間もそこまでかからないので続けやすいのではないでしょうか?

酵素ダイエットは、酵素商品がたくさんあるので、自分に合うものを選ぶということでも最初は悩んでしまうかもしれません。サプリメントを忘れずに飲むだけなので、手軽で続けやすいはずです。ただ、1ヶ月に2,000~8,000円くらいのコストはかかります。

飲みやすさの違い

白湯は何も味は付いていないので、慣れないと飲みにくさを感じる人もいます。しかし、少しずつゆっくりと毎日飲み続けていると、甘みを感じるようになり、美味しくもなるとも言われています。

慣れなかったり、飽きたりしてしまったら、レモンやショウガなど、少し加えることで、ビタミンや身体を温める作用など、相乗効果が見られることもあります。

酵素ダイエットでは、形状によって飲みにくさを感じるものもあるかもしれませんが、味やにおいは飲み込んでしまえば分かりません。酵素ドリンクは、野菜や果物を発酵熟成させているので、少しクセのあるものもあります。

希釈して飲むものを、野菜ジュースや炭酸水など、いろいろと変えてみて、飲みやすくすることもできます。

効果の出方の違い

白湯ダイエットは、白湯を飲んだらすぐに温かくなるので、即効性があると期待してしまいますが、それは一時的なものなので、身体に定着させるためには、継続することが必要になります。

酵素ダイエットでも、サプリメントを使って、身体に酵素を取り入れていくので、徐々に代謝機能が上がり、痩せやすい身体になっていきます。酵素ドリンクを使った置き換えダイエットなら、1日の摂取カロリーが少なくなるので、短期的に体重を落とすことも可能です。

ただ、無理をし過ぎると、リバウンドの原因になってしまうので、1日に1食から2食を酵素ドリンクに変えるという方法にしてみましょう。

過剰摂取の違い

白湯も酵素にも、基本的には副作用はありません。ただし、どちらも過剰に摂取するのはやめましょう。

白湯はカロリーもないので、がぶがぶ飲んでもよいというわけではありません。たくさん飲み過ぎると、胃液が薄まることで、消化機能が落ちてしまうこともあり、腹痛や下痢を引き起こすことがあります。

また、余計な水分が排出されにくくなり、むくみやすくなってしまうこともあります。1日に800mlくらいを目安にしましょう。

酵素も、過剰に摂取すると、胃腸の負担になり、腹痛や下痢を引き起こすことがあります。多く摂取すれば、効果が上がるものではないので、決められた用量を守るようにしましょう。

温度の違い

白湯は35度以下の体温よりも低くなってしまうと、身体を温めにくく、効果が発揮されません。温度は50度前後で、すすって飲めるくらいの熱さのお湯にします。

酵素ダイエットでは、酵素はタンパク質なので、熱に弱く、48度以上になると、働かなくなると言われています。よって、身体が温まるからと言って、温かい飲みものと一緒に酵素サプリを飲まないようにしましょう。水かぬるま湯で飲むようにします。

白湯ダイエットと酵素ダイエットで痩せよう

白湯ダイエットは、身体を内臓から温めることで、身体の排泄機能を高めたり、代謝を上げたりすることができます。そうなることで、痩せやすい身体にしていくことができます。

また、食事中にゆっくりと飲むことで、食事量を抑えられるというメリットもあります。身体が冷えやすい、むくみやすい、ついつい食べ過ぎてしまうという人に、白湯ダイエットはおすすめです。

酵素ダイエットも酵素によって、身体の代謝機能が上がり、痩せ体質にしていくことができます。年々太りやすくなった、代謝が悪くなってきているという人には、酵素によって、身体の中からエネルギーを燃やせる身体にできる、酵素ダイエットが良いでしょう。

どちらも継続することが大切です。自分が飲みやすい、続けやすい方法を選ぶことが必要です。代謝が高く、痩せやすい身体を手に入れて下さい。