オルニチンの飲み方を知っておこう

オルニチンとは何かと思う人も多いかもしれませんが、オルニチンは肝臓に良く二日酔いに効果的な成分として有名です。

しかしオルニチンの効果はそれだけではなく、代謝の向上や朝の目覚めにも効果を期待することができます。

そんなオルニチンは食べ物からも摂取することができますが、食物に含まれているオルニチンはごく僅かなので、現在では効率的にオルニチンを補充することのできるオルニチンサプリが話題になっています。

このようにサプリメント摂取する場合には、飲み方によってさまざまな効果を得ることができますが、いつ飲めばいいのかタイミングが分からない人もいらっしゃるかと思います。

せっかくオルニチンサプリメントを購入しても、効果を実感することができなければ意味がありませんので、効果を実感するためにも目的によって、効果的なタイミングに摂取することが重要です。

そこで今回はオルニチンの摂取するタイミングをご紹介致しますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

オルニチンはいつ飲むのが効果が高い?目的別でいつ飲むかを決めておこう!

オルニチンを食事から摂取するためには、しじみやチーズなどもおすすめですが、食生活の改善がなかなか難しい人はサプリメントで体内のオルニチンを保つことをおすすめします。

またオルニチンを摂取する目的によって、いつ飲むかは変わってきますので、目的別に摂取するおすすめのタイミングをご紹介致します。

お酒での肝臓の疲れのとき

オルニチンには肝臓でのアルコールの分解を手助けする効果があるため、二日酔いの予防や解消に効果を期待することができます。

そしてお酒を飲む前にオルニチンを摂取することで二日酔いの予防をすることができ、辛い二日酔いの時にも飲むことで二日酔いを緩和し、解消することができると言われています。

よってお酒の好きな人は、お酒を飲む前と飲んだ直後にオルニチンを摂取することが最適です。

ダイエットのとき

オルニチンには脂肪燃焼の効果があり、ダイエットのサポートとしてもオルニチンは人気のある成分です。

そしてダイエットのサポートとして使用する際には、運動前に摂取するようにしましょう。

しかし激しい運動を行う人には、筋肉疲労の軽減にも効果があるので、運動後に摂取することもおすすめです。

美容や健康のとき

美容や健康目的で肝機能の向上をしたい場合には、血糖値の下がっている空腹時がオルニチンを飲むベストなタイミングとなっています。

オルニチンには成長ホルモンの分泌を促進すう効果もあるため、食後の血糖値の高い状態では高い効果を期待することができません。

そのため夕食を早めに食べて、血糖値の下がる食後6時間後にオルニチンを摂取することがおすすめです。

オルニチンには副作用は無いの?

オルニチンサプリメントを摂取してみたいけど、副作用が心配という人も少なくありません。

そもそもオルニチンは普段口にする食材である、しじみ、ヒラメ、チーズなどに含まれる成分ですので副作用の心配は特にありません。

しかし過剰摂取してしまうことで、下痢などの症状が起こることもありますので摂取量には注意しておきましょう。

よって購入したサプリメントの用法・用量を守って使用すれば、特に問題はありません。

また人によって体質に合わない場合もありますので、体調の悪い日にはオルニチンを飲むのは控えておくのがおすすめです。

オルニチンの摂取量の目安

肝臓の健康のためにオルニチンを摂取する場合は、1日に約400~1500mgを目安に摂取することが最適です。

最低限の400mgを食事で摂取しようとすると、オルニチンが豊富と言われるしじみでさえ、約2.6kgもの量を食べる必要があります。

これはバランスの良い食事を続けるのであれば、問題はなさそうですが、外食などの多い人はオルニチンンが不足してしまうこともありますので、サプリメントで摂取しることを心がけておきましょう。

オルニチンが不足している人はいつ飲むかが特に重要!

そもそもオルニチンが必要な人は

  • 疲れが取れにくい
  • お酒をよく飲む
  • 健康診断で肝機能に異常があった
  • 二日酔いになりやすい
  • 目覚めが悪い

などの傾向にあるため、ひとつでも当てはまるものがあれば、上記のオルニチンにいつ飲むのが良いかのポイントを意識し、習慣的に摂取することがおすすめです。

特に少しのお酒で二日酔いになってしまう人は、年齢と共に肝機能が低下していることが原因のひとつになり、血中のコレステロールが上昇したままで翌日に二日酔いの症状が起こってしまう傾向にあるのが特徴です。

肝機能を向上するためにはオルニチンは欠かせない成分となりますので、二日酔いになりやすい人は積極的にオルニチンをいつ飲むのが効果的なのかを理解し摂取しておきましょう。

このようにオルニチンを摂取し、肝臓が健康な状態になることでアルコールの分解もしやすくなるため、二日酔いの予防にも繋がります。

またオルニチンを摂取したことで、多くの人が効果を実感されているのが朝の目覚めの良さです。

オルニチンを摂取し始めて2~3日で、目覚めが良くなったという口コミも多いので、朝なかなか起きられない人は就寝前にオルニチンを飲み、一度試してみることをおすすめします。

まとめ

オルニチンサプリメントをいつ飲むのが良いかで悩んでいる人は、まず自分の目的に合わせて飲むタイミングを変えてみましょう。

特にオルニチンは寝る前に摂取することで、筋肉の修復作用が高まります。

また質の良い睡眠をとることで身体の疲労を取り除くことができ、目覚めも良くなるのでおすすめです。

いかがでしたか?

食べ過ぎやアルコールの過剰摂取で疲れてしまった肝臓を回復するためには、オルニチンを効果的なタイミングで摂取しましょう。