オルニチンは効果なし!はホント?

現在、肝機能を高めてくれると人気のオルニチンサプリですが、ネットでは「効果なし」や「何も体調が変わらなかった」などの口コミも少なくありません。

果たしてオルニチンサプリおるは本当に効果なしなのでしょうか。

そもそもオルニチンは、私たちの体内に備わっているものであり、生命維持にも欠かせない成分です。

そんな人間にとってとても重要な成分ですが、日頃の食事の栄養バランスが不安定だったり、飲酒や喫煙などで体内のオルニチンは不足してしまいます。

よってオルニチンは大半の方が不足している成分であり、オルニチンサプリを飲んでも効果なしというのは、普段から健康にすごく気を遣っている人にしか考えられません。

今回はオルニチンサプリで効果なしになる代表的な3つのワケを紹介しますので、オルニチンサプリを利用しようと考えている人や、使ったのに効果が実感できなかったという人は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

オルニチンが効果なしになるワケ①:短い使用期間

オルニチンサプリを使っても効果なしになるほとんどの理由に挙げられるのは、「短い使用期間」です。

そもそもオルニチンサプリは、薬ではないので即効性を期待して摂取するものではありません。

まず薬は神経を麻痺させて痛みを感じにくくさせることで対処しますが、サプリのようにその根本を治療するものではないのです。

このようにサプリは根本的に治療するということも長い時間を要する理由になりますが、オルニチンサプリの場合は500以上もの役割を担っている臓器である肝臓の状態を整えるものなので、特に時間をかけて効果を見ていかなければなりません。

よってサプリメントは基本的に1ヵ月使用することが重要だと言われていますが、オルニチンの場合は体の組織が入れ替わる期間である3ヵ月は最低でも継続して飲むことが大切です。

オルニチンサプリの効果を最大限に引き出すためにも、短い期間で使用を止めずに、ゆっくりと長い目で効果を探るようにしておきましょう。

オルニチンが効果なしになるワケ②:オルニチンの効果を十分に把握していない

オルニチンサプリを効果なしと感じてしまう2つ目の要因には、「オルニチンの効果の知識が曖昧」になっていることが挙げられます。

どんなサプリを使うのにも、その効果をまずは明確に知っておくことが大切ですので、ここでオルニチンサプリの代表的な効果をおさらいしておきましょう。

飲酒で疲れ切った肝機能の改善と予防

オルニチンと言えばお酒を飲む方の健康維持に利用できることで有名ですが、その効果は確かに立証されているので、飲む前や飲んだ後にオルニチンを摂取することがおすすめです。

そもそも人間の体内にはオルニチンサイクルといって、有害になる体内のアンモニアを解毒するシステムが備わっています。

しかしこれにはオルニチンが必要不可欠であり、オルニチンの量がその解毒に間に合わないと二日酔いや悪酔いを引き起こす原因になってしまうのが特徴です。

よって毒素を体内に蓄積しないためにも、オルニチンサプリでそのオルニチンサイクルを日頃から正常化しておきましょう。

疲労回復

飲酒による疲労の回復にオルニチンは有効ですが、日々の仕事や家事の疲れもオルニチンで回復することができます。

そもそも肝臓と疲労は大きく関係しており、睡眠不足や栄養不足で肝臓の機能が低下してくると脳が「体を疲労させて休養しなさい」と指令を出すことが分かっています。

これにより、何かと疲れにくい人と疲れやすい人の差が生まれるのですが、これは肝臓の状態を私たちに知らせているサインだと言っても過言ではありません。

また、体をオルニチンサプリで疲れにくくしておくことで、寝付きや目覚めも良くなるので、不眠症に悩んでいる方にもおすすめです。

このようにオルニチンには高い効果がありますが、他にも

  • 美容効果(シミ・くすみの改善)
  • 成長ホルモンの分泌促進
  • 加齢臭・体臭予防
  • 腎臓の保護
  • ダイエット効果の向上

など私たちにとって嬉しい効果はたくさん存在しています。

よって上記で紹介した2つの効果は最低明確にし、オルニチンで効果なしと誤って断定しないようにしておきましょう。

オルニチンが効果なしになるワケ③:サプリの間違った選び方

オルニチンサプリは、現在さまざまなメーカーから販売されていますが、選び方を間違ってしまうと効果なしになってしまう可能性もあるので、正しいオルニチンサプリの選び方を知っておくことが大切です。

オルニチンの含有量が高いものを選ぶ

オルニチンサプリはものによってオルニチンの含有量が少なく、効果なしになってしまってもおかしくはありません。

目安としてオルニチンが1日で800mg以上摂取できるサプリを選ぶと、効果も実感しやすくなるので、オルニチンがどのぐらいそのサプリには含まれているのかを購入前によく確認しておきましょう。

添加物が含まれていないものを選ぶ

オルニチンサプリは、どの程度オルニチンが凝縮されているのかも大切ですが、オルニチン以外の不必要な添加物が含まれていないものを選ぶことも重要です。

よって、価格やオルニチンの量だけでなく、購入前にはサプリに記載されている成分表を確認し、添加物が含まれていないかをしっかりと確認しておきましょう。

添加物は副作用の原因になるだけでなく、それによって肝臓に負担をかけてしまうので体内に元々備わっているオルニチンを減らす原因になりかねません。

また、オルニチンサプリは用法用量を守らずに飲み過ぎたりすると、お腹が緩くなり下痢になってしまうこともあるので、サプリは独自の飲み方ではなく、きちんと定められた基準に沿って飲むようにしておきましょう。

これら3点を踏まえてオルニチンサプリを使用することで、効果なしのような結果を回避することできます。

いかがでしたか?

せっかく購入したオルニチンサプリを無駄にしないためにも、上記のことを参考にまずは3ヵ月間継続して使用することが重要です。