筋肉増強に効くオルニチンとは?

オルニチンは簡単に言うと肝臓の働きを手助けするアミノ酸ですが、私たちの体の中に元々備わっているものであり、普段の食事からも摂取できる成分となっています。

しかし肝機能を高めることと筋肉の増強に一体どのような関係があるのでしょうか。

そもそもオルニチンが肝臓を活性化し、肝機能を高めることで成長ホルモンの分泌を促進する効果があります。

そして、この成長ホルモンは筋肉の増強や子供の成長にとても大切な役割を持っているため、結果的にオルニチンが筋肉の発達の手助けになるのです。

このオルニチンの筋肉増強効果は、男性の本格的な筋トレにももちろんおすすめですが、その他にも普段疲れやすい方や持久力を付けたい方など、特に運動不足の現代人には必要な成分と言っても過言ではありません。

よって今回はそんなオルニチンについて詳しく解説しますので、気になる方は是非チェックしてみて下さいね。

オルニチンが筋肉に効くメカニズム

上記でもオルニチンがなぜ筋肉に効果的なのかを簡単に説明しましたが、その詳しいメカニズムが分からないという方も多いかと思います。

よってこれからは、オルニチンがなぜそのような作用を起こすのかを詳しく説明していきます。

そもそもオルニチンは、摂取だけで筋肉を増強するワケではありません。

どういうことかと言うとオルニチンは、成長ホルモンの分泌を高めてくれる作用があるのであって、筋肉増強剤のようなものではないので、そこをよく理解しておくことが大切です。

この成長ホルモンは、タンパク質の合成を助けるため、筋肉の組織を作りやすい体質にし、普段受ける筋肉のダメージを修復するのにも役立ちます。

このようにオルニチンが成長ホルモンの分泌を促すことで新陳代謝を向上する効果があるので、他にも

  • ダイエットの効果を高める
  • 冷え性改善
  • 体脂肪の低下
  • 骨を丈夫にし、関節の痛みを和らげる
  • 睡眠の質を向上する

などの効果があるので、このような悩みがある方にもおすすめです。

筋肉増強に効果的なオルニチンの摂取法と副作用

上記でオルニチンがなぜ筋肉に良い作用があるかということを知って頂けたかと思いますが、実際にどのように摂取するのが筋肉には良いのでしょうか。

そもそも、オルニチンは人間の体内に備わっているものなので、いつ飲んでも問題はありません。

しかし、筋肉への効果をより高めるためには、以下の方法とタイミングでオルニチンを摂取することをおすすめします。

オルニチンサプリ

そもそもオルニチンはしじみを始め、多くの食物からも摂取することができますが、普段の食事でオルニチンを補うには、たくさんの量を毎日食べなければなりません。

よって継続して飲むのには、市販のオルニチンが凝縮されたサプリメントを利用することをおすすめします。

副作用はないの?

サプリメントと聞くと副作用の心配をする方もいるかと思います。

何度も説明しているように、オルニチンは元々体内に備わっており、食材にも含まれている栄養素なので、オルニチン自体に副作用はありません。

しかし、オルニチンは筋肉増強だけでなく基礎代謝を上げるので、過剰摂取は下痢を引き起こす原因になってしまいます。

よってオルニチンはサプリの商品ごとに定められた用法・用量を守って飲むようにすることが大切です。

また、オルニチンの他に添加物が含まれている場合は、それが副作用をもたらすこともあるため、成分表をよく確認しておきましょう。

運動前に飲む

運動前にオルニチンを摂取することで、成長ホルモンの分泌を促し、脂肪燃焼や筋肉の増強により効果を期待できます。

また、オルニチンを飲むことで通常の運動よりも効率的に行えるので、ウォーキングやストレッチなどの軽い有酸素運動でもOKです。

運動後に飲む

オルニチンは運動から来る疲労や筋肉のダメージを修復してくれるので、筋肉を痛めないためにも飲んでおくことをおすすめします。

就寝前に飲む

就寝前にオルニチンを摂取すると疲労回復の効果も高めることができますが、就寝中は筋肉を増強させてくれる成長ホルモンが分泌されるので飲むタイミングとしては最適です。

よって、特に目覚めが悪く、中々起きられないという方は筋肉増強も兼ねて就寝前に飲むと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

オルニチンを習慣的に摂取して筋肉増強の効率を高めることで、ダイエット効果を高めるだけでなく、疲れが溜まりにくい体にしてくれるので、普段休養を十分に取れていない方はオルニチンサプリで手軽に摂取することをおすすめします。

しかしサプリを利用する場合は、しっかりと用法用量を確認し、それ以上は摂取しないようにしておきましょう。

どうしても副作用が心配な方は、オルニチンサプリの飲み始めの時期を、定められた用量より少なめに飲むと体を徐々に慣れさせることができます。