肝臓に効果的なオルニチンとは

オルニチンはしじみやヒラメに多く含まれており、肝臓に溜まったアンモニアなどの有害な物質を分解し、排出する働きの手助けをしているのが特徴です。

そのためオルニチンを効率良く摂取し体内のオルニチンのバランスを保つことで、アルコールの分解などで疲れた肝臓を活性化することができます。

このオルニチンは体内で随時消耗されているため、普段からバランスの良い食事を行い摂取することが重要です。

しかし外食などの偏った食事が多くなる場合は、サプリメントを利用して補うことをおすすめします。

特にアルコールの好きで普段から肝臓に負担をかけている人にもおすすめのオルニチンですが、女性にも嬉しい効果があります。

それはオルニチンの代謝向上効果で、代謝が良くなることでダイエットのサポートに役立ち、効果を実感しやすくなります。

よって今回はそんな肝臓に良いオルニチンの凄い働きについて、詳しく説明していきます。

オルニチンで脂肪肝を改善!?

脂肪肝とは肝臓に中性脂肪が溜まった状態のことで、肝臓の症状のひとつです。

健康な状態の肝臓でも、肝臓の3~5%には脂肪が含まれており、脂肪肝になると5%を超えた状態になってしまいます。

主にこのような脂肪肝になってしまう原因には、主にアルコールの過剰摂取や食べ過ぎが考えられます。

そして脂肪肝になってしまうと、動脈硬化などの生活習慣病を引き起こす可能性が高くなるので決して放置してはいけません。

またアルコール性の脂肪肝になってしまった場合、そのままにしておくと肝硬変になってしまう恐れもあります。

よって脂肪肝を改善、予防するために、オルニチンやタウリンなどの肝臓の働きをサポートする成分が重要です。

このオルニチンが肝臓での解毒作用の働きに役立つことで、肝臓の代謝機能を向上し、中性脂肪の分解を促進することができます。

タウリンも、肝臓に蓄積されたコレステロールを代謝に変え体外に排出する効果があり、肝脂肪の対策には重要な成分となります。

よって肝脂肪を改善するためには、まず食生活を見直し、バランスの良い食事でオルニチンなどを摂取しましょう。

しかし食事だけでは補うことが大変だという場合には、オルニチンやタウリンなどの成分を含むサプリメントを使用することがおすすめです。

肝臓とオルニチンの関係とは

今では健康診断で、肝機能障害だと指定される人が多くなっており、その中でも30~40代の人が特に肝機能障害で悩んでいるのが特徴です。

肝臓は異常があるときでも症状がなく、進行してから気付く人が多い傾向にあるので、定期的に健康診断に行き、早期発見をすることが1番の予防となります。

さらに肝機能を改善するためにはオルニチンが有効で、オルニチンを摂取することで成長ホルモンが分泌され、そのホルモンの働きによって脂質代謝の改善などに効果をきたいすることができます。

また肝臓に蓄積された中性脂肪をしやすくなるため、肝機能を改善することが可能です。

このようにオルニチンは肝臓には必要な成分ですが、元々は体内にあるアミノ酸です。

よって体内のオルニチンが不足しないように、食事やサプリメントで摂取するようにしましょう。

食べ物であればしじみに多く含まれているので、しじみの味噌汁などにして食事のときに摂取することがおすすめです。

肝臓の働きについて

オルニチンは肝臓の働きのサポートをする成分ですが、日頃肝臓はどのような働きをしているかご存知でしょうか。

肝臓は他の臓器よりも大きく、お腹の中心部分から右寄りに位置しており、成人の人の肝臓であれば約1キロ程度はあります。

この肝臓は少しのダメージであれば、自己修復をすることのできる凄い臓器なのです。

さらに何らかの原因で肝臓の70%程度を切除した場合でも、半年で元の大きさに戻ることができるのも肝臓の特徴です。

代謝

肝臓では、消化器官から送られてきた栄養を、身体の各器官が吸収することのできるように形を変え、エネルギーなどを作っています。

胆汁の生成

肝臓はコレステロールと胆汁酸から、胆汁を作りだしており、消化機能を助けるためには胆汁が必要となります。

解毒

アルコールや栄養を代謝する際に、体内でアンモニアが発生しますが、このアンモニアや薬などを無害なものに処理する働きを行っています。

このように肝臓は人間が生きていく上で、大切な働きをしています。

よって肝臓の機能をサポートするオルニチンを、普段から摂取して肝臓を健康にすることが重要なポイントです。

まとめ

現代人の肝臓は偏った食事や、アルコールの過剰摂取などによって弱ってしまっている傾向がとても高く、今では3人に1人以上の人が肝機能に異常が起こり、何らかのトラブルを抱えていると言われています。

この肝臓を弱めてしまうのは、アルコールだけではなく、睡眠不足やストレスも関係しており、日常生活に原因があることもあるので、生活習慣や食事を改善し、肝臓に良いオルニチンなどの成分を積極的に摂取していきましょう。

また肝臓に中性脂肪が溜まり、肝脂肪となるとお腹張る、吐き気、疲れやすいなどの症状が起こりますので、早めの対処をすることが最適です。