気軽にお腹痩せ・部分やせがしたい!

お腹ダイエット

ちょっと油断すると出てくるぽっこりお腹の悩みですが、そのような人には部分やせダイエットがおすすめです。

特にキュッと引き締まったウエストを手に入れるためには、お腹に集中して行うダイエットを活用しなければなりません。

実は、お腹は脂肪がつきやすいのにも関わらず、最も脂肪が落ちない部位といっても過言ではないのです。

これからは、簡単にくびれたウエストを作れる、とっておきのお腹ダイエットについて詳しく紹介していきます。

お腹ダイエットをするにはまず食生活から見直そう!

バランスの取れた食事

脂肪のついた下腹や贅肉は、ウエストに効くとされている腹筋のような運動をするだけでは、簡単に痩せることはできません。

なぜなら、お腹の内側には内臓脂肪があり、それを落とさないことにはいくら外側から刺激を与えても、とてつもない長い時間がかかります。

よって、お腹のお肉が気になる方は、意味のない腹筋を行う前にまずは食生活を見直していきましょう。

タンパク質を中心とした食事を摂る

パスタ、ラーメン、カレーなどの炭水化物をメインにした食事は、お腹に脂肪が溜まりやすいため、あまりおすすめできません。

よって内臓脂肪を減らすタンパク質を主食にした、脂肪を溜め込みにくい食事を摂るようにしていきましょう。

また、タンパク質といっても動物性タンパク質ばかりではなく、大豆や小麦などに含まれる植物性タンパク質を中心とした食事を心がけることが大切です。

タンパク質は、炭水化物の5倍近くカロリーとして消費されやすいため、内臓脂肪を減らすのにはとても効果的です。

また、タンパク質は何より筋肉の源になる栄養素ですので、お腹ダイエットを始める上では欠かせないものと言えるでしょう。

脂質・糖質を減らして野菜から食べる

お腹ダイエットで大切なのは、脂質と糖質をなるべく控えた食事を摂ることです。

特に現代人は、揚げ物や甘いお菓子など、過剰に脂質・糖質を摂取しがちですので、間食も含めてお腹痩せを目指すのであれば、控えるようにしておきましょう。

ただし、脂質と糖質は体に必要なものでもあるため、抜くのではなく、お肉であれば脂身を除いて調理するなどと工夫をしながら食事をすることが重要です。

そして、お腹ダイエットのためには野菜に含まれるビタミン、食物繊維、ミネラルなどの脂肪を燃焼するのに大切な栄養素もしっかりと摂らなければなりません。

野菜が十分に足りていないと、体は栄養不足になり、お腹に脂肪を蓄えようとしてしまうため綺麗な体型にはなれないのです。

また、野菜は血糖値の上昇を緩やかにして食べ過ぎるのを予防してくれる食材でもあるので、食事の順番も最初に食べてお腹周りの脂肪をこれ以上増やさないようにしておきましょう。

これは、お腹ダイエットに限らず、体の健康のためにも活用できる食事法ですので、たかが食べる順番・されど食べる順番として覚えておくことが大切です。

脂肪燃焼に効く栄養素を摂取する

脂肪を燃焼する栄養素

お腹の脂肪を燃焼させるためには、以下の栄養素が含まれる食材・飲み物がおすすめです。

カプサイシン

唐辛子のような辛い食べ物に含まれているカプサイシンは、代謝を高め、血糖値を下げてくれる効果があるため、お腹ダイエットのサポートとして活用することが可能です。

カプサイシンの効果・効能

DHA、EPA

アジ、イワシ、サバなどのひかりものの魚に含まれるDHAやEPAは、内臓脂肪の分解を手助けしてくれる効果があり、下腹や贅肉に悩んでいる方には特におすすめの食材となっています。

またDHAやEPAは血液サラサラ効果もあるため、脂肪を体内に溜め込みにくくしてくれます。

クロム

クロムはミネラルの一種で、脂肪を燃焼させる効果が期待できる栄養素なのが特徴です。

クロムは、ブロッコリーに多く含まれており、アメリカでは「ブロッコリーダイエット」というダイエット法が流行するほど有名なダイエット成分となっています。

カテキン

特に緑茶に多く含まれるカテキンは、内臓脂肪を燃焼する効果があり、お腹周りの脂肪が気になる方には重要な成分のひとつです。

また、緑茶に含まれるカテキンは、EGCGと呼ばれ、カテキンの中でも特に脂肪燃焼に効果が高いものになるため、お茶の中でも緑茶を飲むようにすることをおすすめします。

キノコキトサン

キノコキトサンは、エノキダケに多く含まれている栄養素で、脂肪の吸収を抑制してくれる効果が期待できます。

よって脂質が多いお肉を食べるときには、付け合せとしてエノキダケを食べるようにしておくと良いでしょう。

「効率的に短期間でお腹をスリムにしたい」という人は、このような食材を積極的に摂り入れ、痩せやすい食事を心がけておくことが重要です。

→キノコご飯ダイエットが美味しい上に糖質制限できておすすめ

お腹ダイエットにはストレッチと筋トレでインナーマッスルを刺激しよう!

現在においてメディアでは、「お腹周りの部分やせのためには、ストレッチは無意味」、「筋トレよりもウォーキングがお腹ダイエットに効く」などと様々な情報が出回っています。

しかし、お腹周りの脂肪を効率的に落とすためには、どちらも併用して相乗効果を得ることが一番のダイエットの近道と言えるでしょう。

ストレッチと筋トレは効果も別物!

ストレッチは、筋肉を伸ばし、代謝を良くするために大切な運動で、一般的には筋トレ前の準備運動として行われるのが特徴です。

そして、筋トレはその名の通り、筋肉の強化に効くため脂肪燃焼をサポートしてくれる効果が期待できます。

このように、ストレッチと筋トレは同じ運動でも全く異なる効果があり、「部分やせだからコレの方が良いor効果がない」ということはありません。

特に部分やせにおいて否定されやすいストレッチですが、実はインナーマッスルを鍛える効果があり、お腹周りの脂肪を燃焼するためには必要不可欠な運動です。

お腹ダイエットにおすすめのストレッチ法

ストレッチでお腹痩せ

ストレッチは、運動不足によって固まった筋肉を緩め、痩せるための体の土台作りに役立ちます。

そんなお腹ダイエットのストレッチには、以下のようなものがおすすめです。

ニーホールドクランチ

ニーホールドクランチは、お腹周りの中でも特に下腹の引き締めに効くストレッチ法で、女性の方でも簡単に行うことが可能です。

  1. まず仰向けになり、両手で右ひじを胸の方まで抱え、左足を斜め上に直線状になるように伸ばしましょう。
  2. 頭、肩、腰が床から離れないことを意識し、そのままの状態で深く10回ほどゆっくり呼吸していきます。
  3. 最後に息を吐きながら、右ひじをおでこに近付け、腹筋とおへその下を軸にするイメージでまた10回ほどゆっくり呼吸します。
  4. 次は左ひじに変えて同じようにストレッチを行います。

仰向けウエストストレッチ

この簡単なストレッチは、就寝前に行うことでお腹周りを刺激し、体質改善に繋がります。

また、お腹周りに効くだけでなく、便秘を改善する効果もあるため、お通じを良くしたい方は就寝前と朝の起床時のタイミングに行うようにしておくことをおすすめします。

  1. 仰向けに寝転がり、両足を真上にゆっくりと上げていきましょう。
  2. そのまま45度の角度まで膝を曲げずに足を下ろし、10秒間キープします。
  3. さらに足を床から5cmの位置まで下げて、また10秒間その状態をキープしていきましょう。
  4. 自転車をこぐように、両足を伸ばしたり曲げたりを10回繰り返したら終了です。

おへそルックストレッチ

このおへそルックストレッチは、下腹のダイエットに効果が期待できます。

  1. 仰向けに寝転がり、両膝を立てて、足を肩幅程度開いておきます。
  2. 腹部に両手を置き、おへそを見るように肩からゆっくり体勢を持ち上げていきましょう。
  3. この状態でゆっくりと呼吸をして15秒間キープしていきましょう。
  4. この動作を10回繰り返して終了です。

ウエストひねりストレッチ

これは椅子に座った状態で行うストレッチ法で、お腹周りの部分やせに効果が期待できます。

  1. 椅子に座り、左ひざが上になるように足を組み、そのままお腹をへこませて右ひじを左ひざの外側に押し付けていきます。
  2. 押し付けると自然に体は左を向きますが、そのまま左のわき腹と右側の背筋をゆっくり伸ばすように30秒間その状態をキープしていきましょう。
  3. この動作を反対の足に組み替えて3セット繰り返したら終了です。

お腹ツイストストレッチ

このお腹ツイストストレッチは、寝た状態で行うストレッチ法で、お腹のインナーマッスルを刺激するのに効果的です。

  1. 仰向けに寝転がり、両膝を曲げて足の裏を床につけます。また、手は真横に広げておきましょう。
  2. 息を大きく吸い込み、ゆっくりと息を吐きながら腰を真上にあげていきます。
  3. 真上に腰を持ち上げた状態を15秒間キープして、また元の位置に腰を戻します。
  4. このストレッチは、10回ほど繰り返すと腹筋だけでなく、体もポカポカ温まってきます。

お腹ダイエットにおすすめの筋トレ法

筋トレでお腹痩せ

ストレッチで筋肉をほぐし、インナーマッスルを刺激した後には、簡単な筋トレでお腹周りにある筋肉を強化していきましょう。

これからは、誰でも簡単にできてお腹に効果のある筋トレ法を紹介します。

ダンベルクリーン・プレス

ダンベルクリーン&プレスは、ウエイトを頭の上に上げる動作を加えた筋トレ方法になります。

通常の場合は、バーベルを使用して行う方法で、お腹周りの筋肉を鍛えて脂肪を落としやすくする効果があります。

  1. まず、ダンベルを両手に持ち、両足は肩幅程度に開きます。
  2. 次に軽く膝を曲げ、腰をゆっくりと下ろしていき、その後にすぐ膝を伸ばして、立ち上がる反動を利用してダンベルを持ち上げます。
  3. ダンベルを胸の位置まで持ち上げることができたら、膝を曲げてダンベルを肩の高さにまで持ち上げます。
  4. そして、すぐに膝を伸ばすと同時に、腕を伸ばし、ダンベルを頭上に持ち上げます。

この動作を止まらずに、繰り返し行うのがポイントです。

ダンベルがないという方は、水を入れたペットボトルでも十分に代用できるので、女性の方は自分に合う重さに調節しながら行うと良いでしょう。

シットアップ

シットアップは、腹筋運動の基本となる筋トレのため、誰でも自宅で簡単に行うことができるのが魅力です。

  1. 仰向けに寝転がり、膝を立て、両手は胸でクロスさせます。
  2. 甲骨が床に付かないように、ゆっくりと上半身を持ち上げて下ろしましょう。

シットアップのポイントは、おへそを見るように背中を丸めて行うことです。

そして、慣れてきたら足の支えなしで行うと、より効果が高くなります。

ニートゥエルボーエクササイズ

ニートゥエルボーエクササイズは、筋トレとストレッチの中間あたりの有酸素運動に近いストレッチをすることができます。

そのため、気になるお腹周りだけではなく、全身のシェイプアップにも効果を期待することができるので、お腹と一緒に他の部分もダイエットしたいという人におすすめです。

  1. 足を肩幅に開いて立ち、左膝と右肘を身体の前でクロスさせるイメージで合わせます。
  2. 最初の姿勢に戻り、反対側の右膝と左肘を同じように身体の前で合わせます。

最初は動きがぎこちない場合がありますが、続けているとスムーズにおこなうことができます。

回数は、個人差がありますので、時間で区切るようにしましょう。

自分のペースでできる回数だけ行い、自宅でテレビを見ながらするのもおすすめです。

サイドクランチ

サイドクランチは、横向きに寝た状態で行うことのできる筋トレで、腹斜筋を鍛えることができます。

また、初心者の人でも始めやすい筋トレのひとつですので、筋トレが続かないひとに最適です。

  1. 身体の右側を下にし、横向きで寝ます。
  2. 右肘を床につけて、上半身を起こし、左手は腰にあてますが、このときに右肘は肩の真下にくるようにしましょう。
  3. 次に息を吐きながらお腹をへこませ左の脇腹を縮めるイメージで上半身を持ち上げて3秒間キープします。
  4. 息を吸いながらゆっくりと元の姿勢に戻り、反対側も同じように行います。

この筋トレは5~10回を2セット行うのがベストです。

クランチ(腹筋を鍛える)

腹筋を鍛える効果の高い筋トレがクランチです。

クランチは、お腹の内側まで効果があるので、基礎代謝の向上にも効果があります。

  1. 仰向けに寝て、膝を90度に曲げて足を上げ、両手は頭の下で組むようにしましょう。
  2. できるだけ反動をつけずに肩が上がるところまで上半身を持ち上げます。

クランチの腹筋は、回復が早いため、毎日行っても大丈夫です。

慣れるまではきつく感じますが、辛い場合は、手の位置を身体の横に置くようにすることで負担を少し軽減させることができます。

腹斜筋トレ

この筋トレ方法は、連続して行うことで、お腹に負荷がかかるため、辛いと感じる人もいます。

しかし、その分、お腹の筋肉を効率よく鍛えることができるため、お腹の脂肪を燃焼しやすくなります。

  1. 床に仰向けに寝転がり、両膝を90度に曲げて股関節の位置まで持ち上げます。
  2. 肩が床に付かないように持ちあげ、両手は後頭部の位置でクロスさせて固定しましょう。
  3. 左膝を伸ばし、同時に上半身を右にひねり、左膝を曲げて上半身を左に曲げます。

これを5~10回行いますが、身体をひねったときに肘と膝を近付けるのをイメージしておくことが大切です。

やり方がよく分からないという人は、動画も出ているのでそれらを利用して正しいやり方で筋トレを行いましょう。

筋トレは、続けていくうちに効果を実感することができますので、しんどいときは無理をせず、他の筋トレ法を試したり、ストレッチを間に挟みながら工夫して行うことが重要です。

口コミで話題のお腹痩せダイエットとは?短時間で簡単に部分やせ!

お腹痩せにはスムージー

最近では、たくさんのお腹に効くダイエットがありますが、その中でも「お腹周りが痩せた」という良い口コミが多かったダイエット法を紹介します。

総合的に口コミが良いお腹ダイエット方法とは?

プチ断食(ファスティングダイエット)

プチ断食は、短時間で効率良くダイエットをしたい方におすすめで、通常の断食のように体に大きな負担をかけることなく行うことが可能です。

プチ断食のやり方としては、まず3日間ほど何も食べないようにするだけと簡単ですが、特に口コミで良かったのは、酵素を利用したダイエット法になっています。

酵素は、消化や代謝などの人間が生命を維持するためにとても大切な役割をもつもので、栄養素も豊富なのが特徴です。

これをプチ断食に取り入れることで、断食で不足する栄養を補い、代謝と消化機能をアップさせ痩せやすい体質にしてくれます。

現在では、酵素が凝縮されたサプリ、ジュース、スムージー粉末が様々なメーカーから販売されていますが、プチ断食時には飲み物として利用できる酵素ジュースや酵素スムージーを活用することをおすすめします。

酵素はダイエットだけでなく、美容にも良い成分となっていますので、女性の方は是非試してみて下さいね。

酵素ダイエットの効果

グリーンスムージー置き換えダイエット

グリーンスムージーは、少し前に国内で人気になったダイエット法ですが、これも酵素と同様に栄養を補いながら痩せられると口コミで話題になっています。

特に便秘の人の場合は、お腹がぽっこりと出てしまいがちですが、グリーンスムージーであれば腸内環境から改善してくれるので、便秘になりやすい女性にはピッタリのダイエット法と言えるでしょう。

また、グリーンスムージーは市販のものもありますが、簡単にミキサーで手作りすることもできるため、自分に不足している野菜(栄養素)を中心にアレンジしながら作るのもおすすめです。

そしてまずは、このグリーンスムージーを朝食と置き換えて食事量を減らし、慣れてくれば昼食や夕食と置き換えて効率的にお腹周りの脂肪を落としていきましょう。

スムージーダイエットの効果

ピラティス

ピラティスとは、多くのプロスポーツ選手も行っている運動法で、高齢者の方でも簡単に行えるため、口コミで人気のダイエット方法となっています。

また、ピラティスは通常の運動とは全く違う筋肉の鍛え方をするため、ぶよぶよのお腹をスリムにするには特におすすめのダイエット法といえるのです。

ピラティスを詳しく説明すると、以下の3つのポイントを重視したダイエット法で、多くの人が気にしがちな運動の回数ではなく「質」にこだわって行うのが特徴です。

  • 正しい呼吸法を意識する
  • それぞれの骨格や体重に対する意識を高め、自分の身体を理解していく
  • 正しい姿勢で柔軟性、瞬発力、持久力を向上する

このピラティスは、全国でたくさんのスタジオがありますが、そのような場所に通う時間がない方は、自宅で行えるDVDなどでもすぐにお腹ダイエットとして始めることができます。

コアリズム

コアリズムは、ラテンダンスを基本としたダンスエクササイズ法ですが、「お腹周りを短期間で集中的にダイエットできる」と口コミでは大変話題になっています。

よって、ウエストのくびれやぽっこりお腹の改善を短期間で行いたい方には、コアリズムでお腹ダイエットを始めることをおすすめします。

そしてコアリズムの運動内容としては、以下の3つの動きが中心となっており、簡単に誰でも出来て継続しやすいことから、大手口コミサイトでも良い口コミが大半になっているのが特徴です。

  • コア・ローテーション(ウエストを回す動作)
  • コア・フレクション(ウエストの前後動作)
  • コア・ラテラル(ウエストの左右動作)

この3つの動きを組み合わせることで、ウエストを集中的に鍛え、お腹周りの脂肪を落とすことができるのです。

下腹・贅肉を落とすダイエットグッズの口コミランキング!

短期間で下腹や贅肉の脂肪を効率良く燃やすためには、ダイエットグッズを活用するのもおすすめです。

しかし、お腹やウエストに効くグッズだけでも最近ではたくさんの種類のものがあるため、これからは口コミで人気のものから厳選して3つの商品を詳しく紹介します。

第1位 フラフープ

フラフープは一見すごくシンプルなので、子どもの遊び道具というイメージをもつ人も多いかと思いますが、実はフラフープがお腹ダイエットに効く一番のダイエットグッズといっても過言ではありません。

また、フラフープ自体とても低価格なので、ダイエットにかかるコストがかからないのも魅力です。

フラフープは、10分行うだけでもランニングと同じ100kcalほど消費することができ、お腹ダイエットには嬉しい以下のような効果が期待できます。

  • ウエストにくびれを作る
  • 下腹のたるみ、ぶよぶよになった脂肪を落とす
  • 身体の軸を鍛え、正しい姿勢・骨格に戻す

また、フラフープは腹筋だけでは鍛えられないインナーマッスルにも効果があるのです。

第2位 オアシス 骨盤スリムチェア

有名フィットネスクラブの東急スポーツオアシスがプロデュースしている骨盤スリムチェアは、骨盤運動からお腹をスリムにする効果のあるダイエットグッズになっています。

また、楽天通販サイトでは、8割以上の人が高評価をしており、「楽しくダイエットが出来る」、「お腹周りの脂肪が気にならなくなった」などといった良い口コミが目立つ人気ダイエット商品です。

最近ではテレビでも紹介されるほど有名商品になっていますので、気になる方はチェックしてみることをおすすめします。

骨盤スリムチェアの機能としては、360度ゆらゆら揺れるため、ウエストの前後や左右、八の字などの様々なウエスト運動を行うことができます。

また、お腹ダイエットだけでなく、同時にヒップアップをする効果もあるので、アンチエイジングにも活用していくと良いでしょう。

第3位 後藤 アクティブウエストトレーナー

後藤のアクティブウエストトレーナーは、大手通販サイトのヤフーショッピングでも購入することができるお腹ダイエットグッズです。

口コミでは、「テレビを見ながら出来るから続けやすい」、「ウエストが1ヶ月で3センチも細くなった」などと評価も高くなっています。

アクティブウエストトレーナーは、両サイドにハンドルが付いており、座る場所が回転するようになっているのが特徴です。

よって、お腹周りの贅肉に直接働きかけるだけでなく、姿勢の矯正も同時に行うことができます。

短期間のお腹ダイエットにはサプリでより効率的に

サプリを飲んで効率をあげよう

筋力の低下が原因の場合は、ストレッチや筋トレをすることで改善することができますが、生活習慣や食生活による体重の増加は上記で説明した通り、痩せるための栄養素を食事から効率的に摂取する必要があります。

しかし、毎日の食事に気を配るのはとても大変ですよね。

よって、短期間でのダイエットを成功させるためにも、市販のサプリをダイエットのサポートとして利用するのがおすすめです。

サプリがなぜダイエットのサポートに効果があるのか

ダイエットをして、体重を減らすことができてもすぐにリバウンドしてしまう人は多いと思います。

リバウンドをする原因は、さまざまなことが考えられますが、ダイエット中にサプリを利用することで、食事制限による栄養バランスの乱れを整えることができます。

今では、色々なダイエットサポートサプリが販売されており、脂肪燃焼サプリを使用する場合は、運動を取り入れたダイエットをしている人に最適です。

脂肪燃焼サプリは、脂肪の燃焼を促進する効果があり、そこに運動を取り入れたダイエットをすることで、より効果的にお腹の脂肪を落とすことができるのです。

そのため、運動をしても短期間でお腹ダイエットの効果を実感することができないと言う人は、脂肪燃焼サプリを利用すると良いでしょう。

中には、「サプリを利用して上手くダイエットのサポートをすることができなかった」という意見を目にすることがありますが、ダイエットサポートのためにサプリを購入する際には、自分のダイエットに合わせてサプリを選ぶことが重要となります。

例えば、食事制限をしている人が、脂肪燃焼サプリを利用しても効果を得ることはできません。

食事制限を取り入れたダイエットをする場合は、体内の栄養バランスが乱れるため、ビタミンやミネラルなど栄養素を含むサプリを利用するのがベストです。

それとは反対に、食事制限をせずに体重の増加を抑えたい人は、カロリーカット系のサプリ、というようにダイエット方法に合わせたサプリ選びをすることで効率良く短期間でお腹ダイエットを成功させることができます。

ダイエットサポートにおすすめのサプリ3選!

最近ではネット通販だけでも多くのサプリが販売されていますが、せっかく購入するのであれば効果の高いサプリを選びたいですよね。

短期間でお腹の脂肪をなくし、くびれを作るために自分に合うサプリを探してみましょう。

これからは、通販サイトの中でも人気の高いお腹ダイエットに効くサプリを紹介します。

大人のカロリミット

カロリミットは、CMでも紹介されている有名なサプリです。

公式サイトでは、大人のカロリミットは一袋で通常価格2,800円(税込)になりますが、まだ試したことのない人向けのお試し2週間分を1,000円(税込)で購入することも可能です。

また、カロリミットは公式通販サイト以外でも購入することができ、ドラッグストアでも販売されています。

そのため、誰でも手軽に購入しやすいのも人気のポイントになります。

そんなカロリミットは、食事前に摂取することで、食事のコントロールをすることができ、代謝の低下によって太りやすくなるのを予防することができます。

よって、食事のカロリーを抑えて、お腹に脂肪がつくのを防止したい人におすすめです。

すっぽんスリム酵素

すっぽんスリム酵素は、通常価格4,266円(税込)と、サプリの中では価格が少し高めになっています。

しかし、すっぽんと酵素の効果でしっかりとダイエットのサポートをすることができ、基礎代謝アップ効果もあります。

基礎代謝がアップすることで、痩せやすい身体を作ることができ、リバウンドしにくくなるのです。

また、酵素は年齢とともに減少しますので、サプリで補うことは重要なポイントになります。

食事制限が続かない人や運動をしてもなかなかお腹が痩せないという人におすすめのサプリです。

すっぽんスリム酵素の口コミまとめ

シボヘール

シボヘールは、通常価格3,218円(税込)で、初回限定で980円(税込)で購入することができます。

初回は安く購入することができるので、手軽に溜めしやすいのが嬉しいポイントです。

さらに、葛の花イソフラボンを配合しているため、お腹の脂肪を効率良く減らすことができるので、お腹の脂肪が気になる人のダイエットポートサプリです。

脂肪燃焼効果もあり、運動を取り入れたダイエットのサポートとしても役立ちます。

お腹ダイエットの効果を高める重要なポイント・コツ

お腹ダイエットには呼吸法が大事

これまでさまざまなお腹ダイエットのためのノウハウを紹介してきましたが、下腹や脇腹の脂肪は思ったよりも落ちにくく、お腹に正しくアプローチできていなければダイエット効果は半減してしまいます。

そこでこれからは、全てのお腹ダイエットに共通していえる重要なポイントやコツについて順を追って説明していきます。

短時間でも毎日習慣的に行う

お腹ダイエットのような部分やせを目的とするダイエットは、毎日の生活の一部として取り入れなければ、短期間で痩せることはできません。

特にダイエットはどれくらいの時間をかけて行うかが重要視されがちですが、結局のところは、どれだけ毎日コツコツと続けられるかが最も重要なポイントとなるので、続けることをまずは意識しておきましょう。

そして、身体がきつい場合は無理をせずに、運動時間を短縮し、身体をリラックスさせることが重要です。

あまり無理に運動して筋肉痛になると、それこそお腹ダイエットを挫折してしまう原因にもなってしまいます。

また、その日に行った運動メニューを毎日記録しておくと、自分のお腹の状態が分かりやすくなるだけでなく、モチベーションも上がるのでおすすめです。

間食NG

ダイエットの中でも、お腹周りの部分やせには、間食を予防しておくことが重要です。

特に砂糖を使用したお菓子は、お腹に脂肪を溜め込むだけでなく、血糖値を上昇させ、夕食時には食べ過ぎになる原因にもなりかねません。

最近では、ダイエット中の間食に最適な腹持ちが良く低カロリーなおやつまで販売されているので、間食が習慣になってしまっている人は、それらを利用して徐々に習慣から取り除いていきましょう。

ドローイングを意識して行う

上記では、お腹ダイエットに効くストレッチや筋トレを紹介しましたが、ウエストに効果を集中させるには、それらの運動と同時にドローイングを行うのがおすすめです。

ドローイングとは、腹式呼吸によるお腹ダイエット方法で、以下のような手順で特別な道具を使わず誰でも簡単に行うことができます。

  1. 空気を吸えるだけ吸い、お腹に空気を溜め込む
  2. 息を止めて体中に酸素を巡らせるイメージで呼吸を一時停止する
  3. お腹に溜め込んだ空気を全て吐き出して、お腹を凹ます
  4. 息を完全に吐ききったら、お腹をへこませた状態を30秒間キープする

このように、ドローイングは呼吸を利用するダイエット法であるため、筋トレやストレッチと組み合わせて行うことができ、そうすることでよりウエストを集中して絞っていくことが可能です。

無駄な贅肉と下腹をお腹ダイエットでスッキリさせよう!

これまで説明してきた通り、お腹ダイエットは、食事(栄養)と運動が短期間で痩せるための最低条件になってきます。

これは部分やせだけでなく、全てのダイエットにも共通していえることではありますが、お腹周りは内臓の状態によっても太りやすい箇所になるため、体の内側からダイエットをサポートしていくことが重要です。

正しいお腹ダイエットの知識を利用し、理想のスリムで美しいお腹を取り戻しましょう!