おからでダイエット!?おからダイエットの効果、やり方、方法をご紹介!

おからはダイエットに有効?

おからと聞くと、和食などに使われる、ヘルシーな食材だとイメージされることが多いのではないでしょうか?おからを使ったクッキーなども人気で良く見かけるようになりました。

おからは食べても太りにくいのでしょうか?それとも、おからによって、脂肪が付きにくくなるのでしょうか?どのようにおからがダイエットに有効で、どのような方法でやれば、効果的なのかを紹介します。

おからダイエットの効果とは?

おからは食物繊維が豊富

おからは不溶性の食物繊維が多く含まれているので、胃や腸で水分を吸収して膨らみます。よって、満腹感を得られやすく、食べ過ぎを防いでくれます。

また、便の量を増やし、腸の蠕動運動を活性化させることで便通が良くなります。便秘だと、老廃物を貯め込んだ状態で、不必要な脂肪や糖分を余計に吸収してしまうこともあり、ダイエットには便秘解消が必要です。

そして、食物繊維は糖質や脂質の吸収を抑制してくれるので、ダイエットに効果的なのです。

おからの栄養素がダイエットに効果的

サポニン

サポニンは血管に付着した脂肪を洗い流して、余分な糖質や脂肪が吸収を抑制します。そして、中性脂肪を低下させてくれます。また、老化の原因になる体内の活性酸素を抑制する効果もあります。

レシチン

レシチンには強い乳化作用を持つ成分です。血管に付着したコレステロールを溶かし、血流を良くしてくれます。また、脂肪分解を促進してくれます。

タンパク質

大豆から作られているので、良質な植物性タンパク質が豊富に含まれています。タンパク質は筋肉を作るものなので、基礎代謝をアップすることに必要になります。基礎代謝が高くなると、体脂肪を燃焼しやすくなります。

肉類からタンパク質を摂取しようと思うと、脂質が気になりますが、植物性タンパク質であれば、脂質を気にする必要がなくなるので、ダイエットに向いています。

オリゴ糖

腸内の善玉菌のエサになり、善玉菌を増やし、腸内環境の改善をしてくれます。

おからダイエットのやり方、方法とは?

おからとは?

豆腐は大豆からできているのは、ご存じだと思います。ますは、大豆を煮てすりつぶし、こして豆乳を作ります。この豆乳ににがりを混ぜると固まってきます。それが豆腐になります。

その過程の中で、大豆から豆乳をしぼって残ったカスがおからです。豆腐を作っていく中でできる、副産物と言えます。昔はいらないものとして、市場に出回ることもなく、廃棄されていました。

おから料理を食べる

おからダイエットは、普段食べている食事の中に、おからを使った料理を加えるという方法です。まずは3食のうち1食をおから中心の料理にしてみましょう。

おから料理といえば、昔ながらの煮物が上げられるかと思います。元々おから自体には味がほとんどないので、いろいろな料理に混ぜて食べることができます。おからレシピは無数にありますので、自分の好みのおからレシピを見つけてみて下さい。

  • ハンバーグ
  • お好み焼き
  • コロッケ
  • 餃子
  • チャーハン

など、ボリュームが出て、満腹感が得られるのに、低カロリーの食事ができます。

ドライおからが便利!

ドライおからも無臭で味の邪魔をしません。おからの独特な食感が苦手という方にもおすすめで、料理に混ぜたり、振りかけたりするだけで簡単に取り入れることができます。生のものよりも、保存もしやすく、いつでも使えるので便利です。

1日に必要な食物繊維の量は女性で18g、男性で20gと言われています。ドライおからだと、1日大さじ山盛り3杯(30g)を食事と一緒に食べるだけで良いのです!

  • ヨーグルト
  • ご飯
  • 野菜炒め
  • サラダ

などにも加えることができます。

おからはどこで買える?

スーパーの豆腐売り場などには水分を含む生のおからを売っています。粉末状になったドライおからはスーパーやネット通販で簡単に購入できます。

生のおからは日持ちがしにくいですが、新しいうちに冷凍保存すれば、数か月は保存ができます。また、フライパンやオーブンで加熱して、水分を飛ばせば、乾燥したおからを自分で作ることもできます。

ドライおからは、水を加えることで、元のおからに戻すこともできます。おからは比較的安く手に入るので、ダイエット食品を購入するよりも、経済的で嬉しいですよね。

おからクッキーが人気

ドラッグストアやネット通販などでも、ダイエット食品としておからクッキーが販売されています。おからクッキーは小麦粉の代わりにおからが使用されているクッキーです。味も普通のクッキーとそんなに変わらないので、女性に人気になっています。

満腹感があって腹持ちも良いので、間食を止められない方は、おからクッキーに変えるだけでも、ダイエット効果があります。

おからのカロリーとは?

低カロリーと言いますが、どのくらいなのかは気になります。炭水化物なので「おからはカロリーが高い」という口コミも多く見られます。実際はどうなのでしょうか?

おからのカロリーは100gあたり112kcalです。白米100gのカロリーが356kcalなので、比べると約30%も少なくなります。決して高カロリーではありません。

これは、水分を含んだおからのカロリーなので、ドライおからになりと、100gあたり約2倍の差が出てきます。

おからと豆腐との違いとは?

おからは豆腐を作る時にできるのですが、豆腐ではだめなのかと思ってしまいませんか?豆腐とおからの違いは、食物繊維の量と言われています。豆腐には食物繊維はほとんどふくまれていません。おからは食物繊維が豊富なことが、ダイエットに効果的なので、豆腐とは違うものになります。

おからダイエットでキレイになる?

おからには大豆イソフラボンが含まれています。大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きをすることで知られています。

ホルモンバランスの乱れを改善してくれることで、美肌やバストアップなどの美容効果が得られ、キレイになれそうです。

おからダイエットの注意点

料理の仕方に注意

おからは水分量によってカロリーは大きく変化します。よって、料理の仕方によっては逆効果になってしまうことも出てきます。まず注意しなければならないのが、油の量です。水分を含みやすいおからは、油分も吸収しやすくなってしまいます。

油を使った炒めものや、マヨネーズやドレッシングを味付けで使用するサラダなどでは、カロリーが高くなってしまいがちです。油の量を少なめにするように気を付けましょう。

食べ過ぎるとどうなるの?

おからは食品ですが、食べ過ぎてしまうと、良くないことも起こってくるようです。おからに含まれている食物繊維は、便秘を解消したり、満腹感を与えてくれたりする良い点もありますが、過剰に摂取することで、下痢や腹痛になってしまうこともあります。適切な量を食べるようにしましょう。

おからダイエットでストレスなく痩せよう!

おからダイエットは、おからを料理に取り入れることです。食物繊維が豊富に含まれているので、満腹感が得られやすいので、ダイエット時のストレスになりやすい空腹感を気にしなくて済みそうです。

また、いろいろな料理に使うことができるので、一つの味を毎日続けるようなこともないので、飽きずに続けれそうです。そして、昔は捨てられていたような食材なので、とても安く手に入れることもできるので、経済的なストレスもなさそうです。

個人差はありますが、1ヶ月で3kgほど痩せる人も多いようですので、毎日継続すると結果が出てくるようです。いろんなおからのアレンジをして、ストレスなく痩せることに期待ができそうです。

おからダイエットの関連記事

おからダイエットの関連記事はこちらです。

>おからダイエットと酵素ダイエットの比較

ベルタ酵素の体験談
酵素調査隊が今1番オススメする酵素ドリンク “ベルタ酵素の体験談
3日間で体重4キロ減、体脂肪2%ダウン
1週間の夜置き換えで1kg減量と肌の調子アップ

希望効果別に商品・記事を探す

ベルタ酵素の体験談

お役立ち情報

種類別で選ぶ

調査レポートのまとめ

動画コンテンツ

色々なダイエット方法

週間人気ランキング

ベルタ酵素ドリンク
ベルタ酵素ドリンク
週間アクセス数:63660pt up↑
こうじ酵素
こうじ酵素
週間アクセス数:48410pt up↑
ミネラル酵素グリーンスムージー
ミネラル酵素グリーンスムージー
週間アクセス数:32110pt dwon↓

集計期間:8月22日~8月28日

スムージーと酵素ダイエットの比較