腸には善玉菌と悪玉菌のどちらも大切?生き生き腸活の毎日で健康美人度ますますアップ!

私たちが生き生きとした毎日を送るためには、良い腸内環境が必要です。そして良い腸内環境を手に入れるためには、良い腸内細菌が腸に棲みついてくれることが大切です。

腸内細菌には善玉菌と悪玉菌という菌があるのですが、実はこの2つの菌が私たちの美と健康を守るための注目ポイントなのです。

そこで今回は、この善玉菌と悪玉菌についてご紹介します。

しっかりチェックして、健康的な美しさに磨きをかける腸活の参考にしてくださいね。

私たちの身体には、善玉菌と悪玉菌が一緒に腸内にいる

私たちの腸内で、健康的な毎日をサポートしてくれる腸内細菌には善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌があります。

これらの細菌は私たちの身体になくてはならない存在なのですが、それぞれが身体に対しての大切な役割を持って、私たちの毎日に関わっています。

腸内細菌は3種類のグループに分かれている

私たちの大腸には気の遠くなるほどの多くの腸内細菌であふれていて、善玉菌、悪玉菌、日和見菌という3種類のグループに分かれています。

善玉菌

消化吸収、代謝機能、免疫バランスなどの活性化や、腸内に入り込もうとするウイルスの除去など、私たちの健康を守る大切な働きをしてくれます。

悪玉菌

腸内を腐敗させたり腸内毒素を作り出したりして、私たちの健康に害を与える働きをします。

日和見菌

私たちが健康な状態のときにはほとんど関わりが無いのですが、健康状態が崩れると悪玉菌と一緒になって、身体に害を与える働きをしてしまう菌です。

善玉菌、悪玉菌、日和見菌には体内でのそれぞれの働きがあるのですね。

3種類の腸内細菌の理想的なバランスとは

良い腸内環境が整い、その状態を維持できれば、私たちは健康的な毎日を送ることができます。

では良い腸内環境とはどのようなものなのか?といえば、善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7の状態です。

ただ、私たちの身体には日々の食事や室内、室外環境、またストレスや加齢など、様々な要因があるため善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7の理想的なバランスを作り出し、維持するためには多少の努力が必要です。

日和見菌については健康状態が崩れると、身体に害を与える働きをしてしまいますので、健康な状態を保たなければ腸内環境の理想的なバランスは作り出せません。

そのため健康を守る働きの善玉菌を増やして、身体に害を与える悪玉菌を減らすことに注目する必要がありますね。

悪玉菌について

腸内環境を整えるためには悪玉菌を減らす必要がありますので、悪玉菌のことを知った上で、効果的な対策を取る必要がありますね。

悪玉菌の種類

悪玉菌には様々な種類がありますが、主に大腸菌、ウェルシュ菌、黄色ブドウ球菌という細菌があります。

大腸菌

大腸菌の種類は1種類にはとどまりません。本来は消化吸収作用があり、害はないのですが、悪玉菌として注意したいのが食中毒、腸炎、下痢、腹痛を引き起こす病原性大腸菌です。大腸菌O-157もその一つですね。

ウェルシュ菌

人や動物の腸内、土、海水など、どこにでも見られる細菌で、私たちが健康な状態の時には特に問題はないのですが、健康状態のバランスや腸内環境が乱れたりすると、ウェルシュ菌は大量に繁殖し、食事などで摂ったタンパク質を腐敗させてアンモニアなどの毒素を作り出します。

黄色ブドウ球菌

黄色ブドウ球菌は食中毒や、肺炎、髄膜炎などを引き起こす可能性のある細菌です。 食中毒では嘔吐症状が出て、原因としては様々な食品が考えられます。

悪玉菌が身体に与える影響

悪玉菌が増えれば免疫細胞が低下して免疫力が落ちてしまいますので、様々な病気にかかりやすくなりますし、ガンになる可能性も出てきます。

また、腸内環境も悪くなりますので、下痢や便秘の可能性は高くなりますし

  • 便やおならの異臭
  • 体臭や口臭
  • 腹痛や腹部の張り
  • 肌トラブル
  • 老化

などの症状も出ることもあります。

さらに腸内に悪玉菌が増えると、身体の各器官にまで悪影響が及びます。

どういうことかというと?

食事で摂った栄養素は胃から腸、そして肝臓へと届けられた後で血液の中に入り、血液と一緒に身体の各器官に送り込まれます。

しかし悪玉菌は腸内を腐敗させたり、腸内毒素を作り出したりして身体に害を与える菌ですから、その悪玉菌に害された腸内に入った栄養素は、悪玉菌の害を受ける可能性が高くなってしまいます。

つまり、腸から肝臓へ届いている栄養は腐敗して、毒素をまとった栄養となり各器官に届いているということですから、体内の各器官は毒素に侵され悪影響を受ける可能性があるというわけです。

悪玉菌の影響とは恐ろしいものですね。

腸には悪玉菌も必要なときもある

  悪玉菌による影響は健康を害することが多いですし、特に体内から異臭が放たれると精神的ストレスにもなりますね。

しかし、実は悪玉菌は腸に必要なときもあるのです。

それは悪玉菌に、善玉菌では戦うことが難しい有害な物質を滅ぼしてくれるという作用があるからです。

また善玉菌と協力し合ってエネルギーをやり取りしたり、栄養素の消化吸収をしたり、ビタミンを合成したりという作用もあります。

悪玉菌も意外に、私たちの身体を守る作用があるのですね。

ただ、悪玉菌が増殖してしまうと私たちの身体に悪い影響を及ぼしますので、悪玉菌は少ない方が良いのですね。

悪玉菌を増やさないためにできる対策は

悪玉菌は全てを取り除く必要はありませんが、増やさないための対策は必要です。

悪玉菌が増える要因は

  • ストレス
  • 食生活の乱れ
  • 寝不足

などですから、これらの改善が悪玉菌を増やさない対策になります。

特に食生活については、動物性タンパク質やコレステロールは悪玉菌が増える要素として最適な食材です。

そのため肉料理などを食べるときには、同時に食物繊維や海藻類などをしっかりと摂り、身体に害になる要素を排出することが、悪玉菌を増やさない大切な対策となります。

また腸内環境を整えて、善玉菌を増やすということも大事ですね。

善玉菌が増えれば健康な状態を維持することもできますので、日和見菌が悪玉菌と一緒になって身体に害を与えることも防げますし、悪玉菌自体を減らすことができます。

善玉菌について

私たちは健康的な毎日を守り維持するために、悪玉菌と同様、善玉菌も菌の持つ特徴をしっかりとチェックして常に増やし続けて腸内環境の良い状態を維持する対策を取ることが大切です。

善玉菌の種類

常に増やしておきたい善玉菌には、主に乳酸菌やビフィズス菌、酵母菌、麹菌、納豆菌などの種類があります。

乳酸菌やビフィズス菌

乳酸菌は乳酸を作り、ビフィズス菌は乳酸以外に酢酸や葉酸などのビタミンB群を作り出します。

乳酸はブドウ糖が分解されて作り出されますので、エネルギーの源として活躍します。

また酢酸は、強い殺菌力や腸の粘膜を保護する作用がありますので、ウイルス感染予防にも非常に効果的ですし、さらに整腸作用があり、排便促進効果が期待できます。

そして葉酸などのビタミンB群はエネルギーや代謝機能に深く関わりますので、皮脂分泌過多の抑制をして肌トラブルの改善に効果的です。

さらに血流促進効果が期待できますので、貧血、冷え性、疲労回復の予防改善などにも効果的です。

 

酵母菌

酵母菌は食品を発酵させる作用があり、便秘改善、血流促進、糖の吸収抑制などに効果的です。また、ダイエット効果、代謝機能アップ効果、腸内環境改善効果などが期待できます。

麹菌

麹菌は食品を発酵させる作用があり、私たちが生きる上で大切な酵素を作り、消化促進効果が期待できますので、便秘改善や腸内環境改善に効果的です。

納豆菌

納豆菌は免疫力アップ、血液サラサラ、代謝機能アップ効果がありますし、乳酸菌より胃酸に強いので、腸に届く可能性が高いという特徴を持ち、乳酸菌を増やす効果もあります。

善玉菌を増やす方法

整った腸内環境とは、善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7という理想的なバランスで腸内が成り立っているということであり、そのためには善玉菌を増やすことが大切ですね。

ではその方法はと言うと?

身体を温める

方法は入浴やマッサージ、運動などですね。 体温が上がると腸内の免疫細胞の活性化が行われ、腸も正常に働きやすくなるために便秘の改善が期待できます。

そのため腸には食事のときに摂り入れた食べ物のカスや老廃物などが激減しますので、善玉菌が棲みやすい環境が作られ、善玉菌の増加が期待できます。

また運動は身体を動かすことで腸が刺激され、蠕動運動が起こり便秘改善につながります。

オリゴ糖や食物繊維を摂る

オリゴ糖は、アレルギー物質の侵入を防ぎ、体内の老廃物を排出する便秘改善効果が期待できます。そのため腸内環境改善対策として効果的ですし、善玉菌のエサにもなります。

また食物繊維は腸の蠕動運動を促し便秘の改善効果も期待でき、善玉菌のエサにもなりますので、増殖には最適ともいえる成分です。

ただ、どうしても食物繊維は消化吸収されずに排出されますので、摂ることが少なくなる人が多いようですから常に意識して摂ることが大切ですね。

乳酸菌、ビフィズス菌を摂取する

主な善玉菌の種類は乳酸菌とビフィズス菌ですから、乳酸菌やビフィズス菌が含まれたサプリ、ヨーグルト、食品を摂取することで善玉菌は増えます。

→ビフィズス菌の効果について

特にサプリは少ない量の中に多くの乳酸菌が配合されていますので、サプリの摂取をしながら日々の食事の中でヨーグルトや乳酸菌が含まれているキムチや漬物、味噌などの発酵食品を摂ると摂りやすいですね。

善玉菌と悪玉菌、どちらも健康的に生活するためには大切な菌ですが、私たちはそれぞれの特徴を知って3種類の細菌を上手に活かして生き生きとした腸活を行い、より一層の健康美人度をアップさせたいですね。

乳酸菌の関連記事

乳酸菌の関連記事はこちらです。

>乳酸菌ダイエットの効果とやり方について

>乳酸菌ダイエットと酵素ダイエットの比較

ベルタ酵素の体験談
酵素調査隊が今1番オススメする酵素ドリンク “ベルタ酵素の体験談
3日間で体重4キロ減、体脂肪2%ダウン
1週間の夜置き換えで1kg減量と肌の調子アップ

希望効果別に商品・記事を探す

ベルタ酵素の体験談

お役立ち情報

種類別で選ぶ

調査レポートのまとめ

動画コンテンツ

色々なダイエット方法

週間人気ランキング

ベルタ酵素ドリンク
ベルタ酵素ドリンク
週間アクセス数:63660pt up↑
こうじ酵素
こうじ酵素
週間アクセス数:48410pt up↑
ミネラル酵素グリーンスムージー
ミネラル酵素グリーンスムージー
週間アクセス数:32110pt dwon↓

集計期間:8月22日~8月28日

スムージーと酵素ダイエットの比較