私の腸内フローラはキレイなお花畑?それとも枯花畑?知っておきたい腸内フローラの改善方法

私たちが幸せに暮らすためにはまず健康ありきです。そのために誰しもが、様々な方法で健康的な生活を守ろうとしていますね。

そのような中、私たちの身体の中にある腸内フローラが注目されています。

そこで今回は腸内フローラについてお伝えします。

腸内フローラは、健康面からも美容面からも非常に興味深いものですから、是非あなたの美と健康の参考にしてくださいね。

注目の腸内フローラとはどのようなもの?

私たちの健康を守るためには、腸の働きは非常に大切です。そのため腸に対して注目している人は多いのですが、中でも腸内フローラは今注目の的となっています。

腸内フローラとは

私たちの腸内には1000種類の細菌が存在していて、その数は1000兆個にも及ぶと言われています。

とてつもない数字ですね。

この限りなく多い腸内細菌は、常に新しく生まれ変わりながらも腸壁にギュウギュウにくっつきあいながら住みついています。

それは、よく土などに苔が凝縮されるかのように生えているような状態と似ています。

そしてその様子はまるでお花畑のように見えるということから、腸内フローラと呼ばれています。

つまり腸内フローラは、腸内に住みつく腸内細菌の集合体なのですね。

腸内フローラを構成している菌は、大きく分けて3種類ある

1000種類以上の腸内細菌が存在する腸内において、腸内フローラは大きく分けて善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類で構成されています。

善玉菌

食べ物の消化吸収、代謝機能や免疫バランスなどの活性化など私たちにとって、健康を守る大切な働きをする菌です。

悪玉菌

食べ物の分解時に作り出す腸内毒素により、私たちの健康に害を与えてしまう菌です。

日和見菌

私たちが健康な状態のときにはほとんど問題ない菌なのですが、健康状態が崩れると悪玉菌勢力について、私たちの身体に害を与える働きをしてしまう菌です。

このように善玉菌、悪玉菌、日和見菌にはそれぞれの役割がありますので、私たちが健康でいるためには上手にこの3種類の細菌と付き合って、毎日を過ごすことが大切なのですね。

→善玉菌と悪玉菌のバランス

腸内フローラに生息する菌の特徴

酸素は私たちが生きる上でなくてはならないものですが、腸内では場所により酸素濃度が違いますので腸に存在している細菌は、生息している場所によって特徴の違いがあります。

腸の上部には通性嫌気性菌と言って、酸素があっても大丈夫なのですが酸素が無い方が発育成長しやすいという特徴の菌があります。

また腸の下部には偏性嫌気性菌と言って、酸素が無い場所で生息することが適している菌が増えてきます。

腸内フローラに生息する菌が腸壁にギュウギュウにくっつきあいながら住みついていられるのは、嫌気性という酸素が無い状態で生息することができるという特徴があるからなのですね。

腸内フローラを構成する細菌バランスは日々変化をしている

腸内フローラを構成する3種類の菌が善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7という理想的なバランスを作り出していられれば、私たちは良好な健康状態を維持できます。

それは

  • 腸内細菌が便と一緒に排出されたり、死滅しては新しい菌が生まれたりして同じ菌がずっと腸にとどまることが無い
  • ストレスや加齢、生活習慣の乱れなどにより悪玉菌が増えてしまうこともある

ということからです。

せっかく良い腸内フローラが作られたな、と思っていても毎日の生活の中で腸内細菌の悪化を促すような要因があれば、悪い腸内フローラに変化するということもあります。

病気を引き起こすときの腸内フローラの状態とは

体調をいつも同じように良い状態に維持するのは、簡単なようでなかなか難しいことですね。

特に忙しい毎日の中では、何らかの病気を引き起こしてしまうこともありますが、そのようなときには腸内フローラも悪玉菌が優位になっている状態です。

悪玉菌は私たちの腸内で食べたものを腐敗させたり、毒素を発生させたりして身体に悪影響を及ぼしますので、何らかの病気を引き起こす可能性が高くなります。

「あれ?いつもより体がだるいな…」などと思うようなことがあれば、悪玉菌優位の腸内フローラになっているかもしれませんので、もし改善の必要があれば早目の対処が大切ですね。

腸内フローラが乱れたときの病気とは

腸内フローラが乱れたときに引き起こる可能性のある病気には、様々なものがあります。

便秘や下痢

腸内フローラの悪化を教えてくれる症状です。

  • 便は3日に1回は出るか
  • 排便後、スッキリとせず残便感はないか
  • コロコロしたウサギの糞のような便、やせ細ったような細い便、匂いのきつい悪臭のする粘り気の強い便、ビシャビシャの水状の下痢便などは出ないか

まずは、排便時の自分の便チェックに注意をすることが大事ですね。

口臭や体臭

腸内フローラが乱れると悪玉菌が増殖します。

すると腸内では悪玉菌の悪影響により食べ物が腐敗したり、食べ物の分解時の毒素発生が生じたりする可能性が高くなります。

それらが口臭や体臭となりきついニオイを発生させます。

免疫力の低下

腸内フローラが乱れると、腸内の免疫細胞も腐敗するという悪影響を受ける可能性もありますので、正常な免疫細胞の作用が出来ずに免疫力が低下してしまいます。

免疫力が低下すれば風邪や、インフルエンザ、ノロウイルスなどの感染症、アトピーや花粉症、アレルギーそしてガンになる可能性も高くなります。

糖尿病や動脈硬化などの発症

腸では血液中への悪影響を与える腸内細菌が侵入しないように、腸管のバリア機能が働いています。

しかし、悪玉菌が優位になった腸内フローラの乱れにより腸管はダメージを受け、腸内細菌が血液中に侵入したり、悪玉菌が発生させる毒素が血液中に入り込んだりします。

そのため血液には身体に悪影響を与える成分や汚いものであふれてしまいますので、結果的に血管を傷つけたり、老廃物が血管にこびりついたりして動脈硬化、高血圧、糖尿病、心筋梗塞、脳卒中などの大変な病気を発症させる可能性が高くなります。

肌トラブルを引き起こす

悪玉菌が優位になり血液に悪影響を与えると循環も悪くなりますので、身体に冷えが生じたり、代謝機能が低下したりという可能性が出てきます。

すると体内には老廃物が溜まりますので吹出物やニキビの元となりますし、代謝機能の低下により、正常なお肌のターンオーバーも期待できなくなります。

腸内フローラを改善して心身の若々しさを得る

乱れた腸内フローラは私たちの努力次第で整えることができますので、悪化させる習慣を知った上での改善対策を取ることが大切ですね。

腸内フローラを悪化させる習慣

私たちは、毎日の生活の中で何気なく行っている習慣がありますね。しかしこの習慣が、腸内フローラを悪化させるものとなっていることがあります。

食べ過ぎ

私たちは何らかの理由で通常の食事量よりも食べ過ぎる事はありますよね。

ただ、腸内には肥満につながる細胞がありますので、食べ過ぎを習慣にしてしまうことは肥満となる細胞を増やし、腸内フローラを乱れさせ、悪化させることにもなってしまいます。

ストレスを溜める

ストレスは自律神経を乱れさせ、交感神経と副交感神経のバランスを崩します。

交感神経は神経を興奮させ活発に動かせる、副交感神経はリラックスして身体を休ませる神経ですが、排便行為は交感神経が抑える作用、副交感神経が促す作用として関係します。

ストレスが溜まると緊張した状態が続きますので、リラックス効果のある副交感神経が正常に働きません。

すると排便行為が促されませんので、便秘症状を引き起こします。

睡眠不足

質の良い睡眠が取れない状態や睡眠時間が不足すると、ストレスが溜まったときと同様で副交感神経が正常に働きませんので、便秘症状を引き起こしてしまいます。

身体を動かすことが少ない

運動量が少ない人は、身体全体への刺激も少ないですね。そのため腸への刺激も少ないばかりか血行不良や自律神経の乱れなどを招きます。

すると腸への蠕動運動も副交感神経が働くこともほとんどありませんので、便秘症状を招きます。

腸内フローラを改善するための効果的な方法とは

腸内フローラを改善することは、簡単なことのようで意外に努力が必要かもしれません。しかし、早目の腸内フローラ改善対策を取ることで、より一層の快適な生活が期待できますよ。

その方法とは

乳酸菌サプリやヨーグルトで、整腸作用を強化する

便秘のときの腸内フローラは、体内に不要な老廃物が溜まりアルカリ性に傾いている状態です。

乳酸菌を摂ることで腸内は酸性へと戻り、善玉菌が増えますので腸の蠕動運動にも刺激が与えられ、便秘の改善が期待できます。

→乳酸菌の効果

食物繊維とオリゴ糖を一緒に摂る

食物繊維は腸の蠕動運動を促しますし、オリゴ糖は体内の老廃物を排出する便秘改善効果が期待できます。そしてどちらも善玉菌のえさになります。

乳酸菌と一緒に摂ると、整腸作用の強化がより一層確実なものとして期待できます。

食生活の乱れを改善し、適度な運動を取り入れる工夫をする

過食や偏食、栄養不足は食べ物に関わることですから、腸内フローラを乱す元凶とも言えます。

適度な運動を取り入れながら規則正しい食生活を送ることが、腸内フローラを改善するためには重要なものになります。

自分の好きなことを見つけリラックスできる時間を作る

いかにストレスのない環境でリラックスできる状態を作り出せるのかということが、大切なポイントになります。

緊張した時間も必要ですが、リラックスした時間も同じくらいに必要です。

自律神経の乱れや便秘の改善が期待できますので、腸内フローラを整えることに効果的です。

まさに自分の分身とも言える私だけの腸内フローラです。しっかりと守り、大切に維持しましょうね。

乳酸菌の関連記事

乳酸菌の関連記事はこちらです。

>乳酸菌ダイエットの効果とやり方について

>乳酸菌ダイエットと酵素ダイエットの比較

ベルタ酵素の体験談
酵素調査隊が今1番オススメする酵素ドリンク “ベルタ酵素の体験談
3日間で体重4キロ減、体脂肪2%ダウン
1週間の夜置き換えで1kg減量と肌の調子アップ

希望効果別に商品・記事を探す

ベルタ酵素の体験談

お役立ち情報

種類別で選ぶ

調査レポートのまとめ

動画コンテンツ

色々なダイエット方法

週間人気ランキング

ベルタ酵素ドリンク
ベルタ酵素ドリンク
週間アクセス数:63660pt up↑
こうじ酵素
こうじ酵素
週間アクセス数:48410pt up↑
ミネラル酵素グリーンスムージー
ミネラル酵素グリーンスムージー
週間アクセス数:32110pt dwon↓

集計期間:8月22日~8月28日

スムージーと酵素ダイエットの比較