私の毎日を乳酸菌がしっかりサポート!摂取量を変えると、得られる効果が倍増するかも!

毎日の生活の中で乳酸菌の摂取を続けていると、素晴らしい乳酸菌パワーにはいつもビックリさせられますね。

ただ、乳酸菌の摂取量のことも知っておくと、さらに高い効果が期待できることがあるようです。

そこで今回は乳酸菌と摂取量との関係についてお伝えしますので、あなたの乳酸菌ライフにも是非参考にしてくださいね。

乳酸菌の効果を得られる一日の摂取量とは

乳酸菌は私たちの美と健康をサポートしてくれる、頼もしいパワーを持っています。そのため私たちは、乳酸菌の摂取量についても知っておいた方がより高く乳酸菌パワーを感じられます。

→乳酸菌の効果まとめ

乳酸菌が不足すると

乳酸菌を摂取し始めたきっかけは、人によってまちまちでしょう。

「今の健康を維持したい」「キレイな肌を目指したい」「頑固な便秘を改善したい」と様々な目的を持っている人もいれば、何となくCMや店頭などで良いと言われているから…という人も。

しかし乳酸菌は、私たちの身体の中で大切な働きをしてくれる貴重な存在です。そのため乳酸菌不足ということになると、身体に様々な支障が出ることもあります。

それは乳酸菌が腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす作用があるからなのですが、具体的には

→善玉菌と悪玉菌のバランス

腸の蠕動運動の促進

腸壁を刺激して、便秘の予防や改善効果が期待できます。

免疫力アップ

腸内環境が整うことで、腸内の免疫細胞活性化が期待できます。

代謝機能アップ

便秘の予防改善が期待出来れば食べ物の消化吸収もスムーズになりますので、代謝機能の活性化も期待できます。

などが低下する可能性がある、ということです。

乳酸菌摂取は、私たちにとって非常に重要なことなのですね。

乳酸菌の1日の摂取量

私たちの身体をしっかりサポートしてくれる乳酸菌ですが「そんなに良い物なら、早く効果を得たいからたくさん摂取しようかな…」と思う人も多いでしょう。

私もそう思っていました。

確かに乳酸菌には摂取量に決まりはありません。つまりどれだけ摂取しても良いのですね。

ただ、理想的な乳酸菌の摂取量というものがあります。

私たちは腸内環境改善が主な目的で乳酸菌摂取をしますね。そのため腸内環境が改善されなければ、乳酸菌摂取に対しての満足感を感じません。

しかし腸内環境は人によって違います。そのため腸内環境改善の効果を得るためには、乳酸菌摂取量にも多少の違いは出てきます。

そこで理想的な乳腺菌摂取量を、目安として考えたいのです。

ではどのくらいを目安に考えればよいのかと言えば、乳酸菌は発酵食品、乳酸菌サプリ、ヨーグルトなどから摂りますが、理想的な摂取量としてはヨーグルトであれば1日200g程度です。

乳酸菌サプリであればサプリに配合されている有効成分によって摂取量が変わりますが、メーカーごとに乳酸菌摂取に効果的な摂取量がパッケージに記載されています。 (しかしやはりサプリも、ヨーグルト1日200gと同程度の乳酸菌が摂れるような摂取量ですね)

→腸内環境改善に有効なサプリ

発酵食品については乳酸菌の量も様々ですから、目安として考えることは難しいのですが、敢えて考えるのであれば乳酸菌量が200g~300g程度摂れる食品量です。

乳酸菌の1日の目安の摂取量は、いずれにしてもビックリするような量ではないと思いますが、私たちが生活する上では他の栄養も必要ですから、乳酸菌ばかりを摂るわけにもいきませんね。

そのため目安となる乳酸菌摂取量を目標にして、無理の無い範囲で摂り続けることが、乳酸菌を効果的に摂る方法ということになります。

乳酸菌の過剰摂取量に注意が必要なこともある

乳酸菌は摂取量に制限があるわけではありません。そのため摂りたいと思う自由な量を摂ることができるのですが、もし過剰な摂取量になった場合には注意が必要なこともあります。

過剰に摂っても乳酸菌は腸からいなくなる

乳酸菌は、たとえ1日の理想的な摂取量を大幅に超える量を摂ったとしても、乳酸菌が腸にいる時間は48時間~1週間程度です。

どういうことかと言うと

乳酸菌は、胃酸に非常に弱い性質を持っています。そのためかなり多くの量の乳酸菌を摂取したとしても胃酸に負けて死滅してしまい、生きたまま腸にたどり着くことができる乳酸菌はごくわずかなのです。

そして運良く腸に届いたとしても、腸の中にそのままとどまることができず、便と一緒に排出されてしまいます。

つまり腸内の善玉菌として常在できないわけですね。

しかし身体にとっては非常に大事な役割をしてくれる乳酸菌です。

生きたまま常在できないからこそ、ずっと摂り続けることが大切なのです。

副作用として考えがちの下痢について

乳酸菌を過剰に摂取した場合の身体への副作用は、基本的にありません。

ただ、人間の身体は繊細ですからこれまでとは違うことが体内で行われれば、その影響に対しての反応が表れることがあります。

私たちが乳酸菌を過剰に摂取した場合、乳酸菌が乳酸をどんどん作るため腸にも刺激が与えられ、活性化された働きが始まります。

そして腸の蠕動運動も乳酸の影響により非常に活発になりますから、便もしっかりと排出されるようになるわけですが、このときの蠕動運動があまりにも活発になってしまうと、結果的に下痢を引き起こしてしまうことがあるのです。

そのため、次の乳酸菌の摂取量が過剰にならないように、乳酸菌の1日の目安量をしっかりと意識する必要がありますね。

また、乳酸菌を過剰に摂取していないにも関わらず引き起こしてしまった下痢の場合は、ウイルスによるものではなくあくまでも乳酸菌により、腸内の悪玉菌が善玉菌に変わろうとする腸内環境改善が行われようとしている段階です。

乳酸菌は腸に害を与えるものではありませんので、このときには摂取を続けて腸内環境改善を図っても問題はありません。

ただ、下痢症状があると気持ちの良いものではありませんし、このまま乳酸菌を摂取し続けて良いのか、ということが気になりますよね。

実は私も下痢症状になりました。

そのため私はかかりつけの医師に相談して、乳酸菌の摂取量を調整しながら摂取をして腸内環境改善を続け、今では乳酸菌を摂取しても下痢症状を起こすことは無くなりました。

もちろん乳酸菌効果で排便は順調です。

身体にこれまでとは違う物を摂り入れるということについて、多少の不安を感じることもあるでしょう。

私と同じように乳酸菌による腸内環境改善中だとわかってはいても下痢症状を起こした場合は、一度病院で乳酸菌の摂取量について相談することも、安心して乳酸菌を摂取できる一つの方法ですよ。

過剰摂取についての注意点

乳酸菌をヨーグルトやサプリで摂取する場合には、過剰に摂取してしまうと乳酸菌自体は問題ないのですが、含まれている成分に注意が必要です。

高カロリー、脂肪、糖分による体重増加やコレステロール値の上昇、虫歯などが考えられるからです。

このような場合には、1日の摂取量に特に気を付けましょう。

また、サプリについては乳酸菌以外に含まれている成分があります。大豆アレルギーなどの食物アレルギーがある場合は、過剰でなくても摂取には注意が必要です。

乳酸菌をより効果的に摂取するためには

様々な嬉しい効果が期待できる乳酸菌ですが、効能の違う他のサプリや栄養素を一緒に摂ると、より高い効果が期待できます。

安定した摂取量が期待できる乳酸菌が入った食品

乳酸菌と言うと「ヨーグルトやサプリ!」と思いますね。しかし、私たちが食材や調味料として摂っている物の中にも乳酸菌はあります。

特に発酵食品は乳酸菌の宝庫と言っても過言ではないほどで、キムチ、ぬか漬け、味噌は驚くほどの乳酸菌の量が含まれています。

キムチ

100種類以上の乳酸菌が含まれていて、1gあたり8億個もいると言われています。

ぬか漬け

1gあたり1億個の乳酸菌がいると言われています。

味噌

ヨーグルトと同程度の乳酸菌量と言われています。

個数にすると気の遠くなるような数字ですが、ヨーグルトが1g当たり1000万個程度の乳酸菌量です。そしてヨーグルトは1日の摂取量として200g程度とされていますから、個数にすると20億個です。

するとキムチは2,5g、ぬか漬けは20g程度がヨーグルト200gに匹敵するということ、つまりキムチやぬか漬けはヨーグルトよりも多くの乳酸菌を含むということになりますから、すごい乳酸菌量ですね。

ただ、毎日の食生活でキムチやぬか漬けばかりを食べるということにはにおいも気になりますし、栄養面を考えても無理がありますよね。

そのためやはりヨーグルトやサプリで乳酸菌を摂取しながら、発酵食品も適度に取り入れることが、乳酸菌摂取を長続きさせるコツではないかな、と思われます。

乳酸菌と一緒に摂りたい栄養素

乳酸菌効果をよりアップさせるための栄養素はたくさんありますが、中でも大豆イソフラボン、食物繊維、オリゴ糖は美と健康のサポーターとして、乳酸菌と一緒に摂りたい栄養素です。

食物繊維の摂取量

成人男性は19g、成人女性は17gです。

乳酸菌のエサとなり善玉菌を増やし、排便を促す働きをしますので、腸内環境を整えることにうってつけの乳酸菌の相棒のような栄養素です。

オリゴ糖の摂取量

5gから8gです。

カロリーが他の糖に比べると低いですし善玉菌のエサになりますので、腸内環境の改善にはかなりの期待が持てます。

大豆イソフラボンの摂取量

75mgです。

乳酸菌により腸内環境が整うと、良い腸内細菌が増えますね。腸内細菌は大豆イソフラボンのダイゼインという成分と一緒に、女性ホルモン作用のあるエクオールという成分を作ります。

それぞれをサプリとして組み合わせれば、よりパワーアップした効果が期待できます。

素晴らしいパワーを持つ乳酸菌の効果を倍増させて、あなたの毎日をしっかりサポートしてもらうことも良いのではないでしょうか。

乳酸菌の関連記事

乳酸菌の関連記事はこちらです。

>乳酸菌ダイエットの効果とやり方について

>乳酸菌ダイエットと酵素ダイエットの比較

ベルタ酵素の体験談
酵素調査隊が今1番オススメする酵素ドリンク “ベルタ酵素の体験談
3日間で体重4キロ減、体脂肪2%ダウン
1週間の夜置き換えで1kg減量と肌の調子アップ

希望効果別に商品・記事を探す

ベルタ酵素の体験談

お役立ち情報

種類別で選ぶ

調査レポートのまとめ

動画コンテンツ

色々なダイエット方法

週間人気ランキング

ベルタ酵素ドリンク
ベルタ酵素ドリンク
週間アクセス数:63660pt up↑
こうじ酵素
こうじ酵素
週間アクセス数:48410pt up↑
ミネラル酵素グリーンスムージー
ミネラル酵素グリーンスムージー
週間アクセス数:32110pt dwon↓

集計期間:8月22日~8月28日

スムージーと酵素ダイエットの比較