毎日摂りたいビフィズス菌!多くの人が魅かれるビフィズス菌の効果とは?

「いつも笑顔で輝いていたい!」とは、おそらく誰もが思うことですね。

そのためには心身が健康であることが大切になるわけですが、ビフィズス菌の持つ効果は心身の健康のサポートにかなりの期待ができます。

そこで今回は、ビフィズス菌の効果についてお伝えします。

しっかりとチェックして、あなたもビフィズス菌の魅力を感じてみてくださいね。

ビフィズス菌は乳酸菌ではなかった

ビフィズス菌は乳酸菌だと思っている人は多いようですね。しかし、実はビフィズス菌は乳酸菌とは違う細菌だったのです。

乳酸菌とビフィズス菌

ビフィズス菌という名前は、ほとんどの人が聞いたことがあると思います。しかもビフィズス菌は乳酸菌であると認識されていることが多いですよね。

しかし厳密に分けると、乳酸菌とビフィズス菌は似ているようで違う細菌なのです。

まずそれぞれが生息する場所ですが、乳酸菌は私たち人間や動物の腸内、チーズなどの乳製品や牛乳、味噌や醤油、漬物などの発酵食品です。それに対してビフィズス菌は、人間や動物の腸内のみです。

また、それぞれの細菌の腸内での働きとして乳酸菌は乳酸を、ビフィズス菌は乳酸、酢酸、ビタミンB群、葉酸などを作ります。

他に菌の形状や性質も違います。

そのため2つの細菌は違う細菌であると分類されているのですが、私たちはいつの間にか乳酸菌=ビフィズス菌、と思っていたようですね。

ビフィズス菌が作り出すものの効果とは

ビフィズス菌が作り出すものには乳酸と酢酸、葉酸などのビタミンB群があります。

乳酸

乳酸は、ブドウ糖が分解されて作り出される物質です。

私たちには食事で糖質を摂ると、糖を燃やして活動のエネルギーにする作用がありますが、このときに乳酸が作り出されてエネルギーの源になります。

ちなみに乳酸はビフィズス菌だけではなく乳酸菌も作りますが、それぞれに乳酸の作り方が違います。

乳酸菌は、1つのブドウ糖の分子(ブドウ糖を作っている最小の粒子のことです)から2つの乳酸の分子を作ります。それに対してビフィズス菌は、2つのブドウ糖の分子から2つの乳酸の分子と3つの酢酸の分子を作るという作り方です。

いずれにしても乳酸とは、非常に大事な役割をする物質なのですね。

酢酸

酢酸は整腸作用や排便促進効果が期待できます。

また強い殺菌力や腸の粘膜を保護する作用があるため、身体の中に侵入してきたウイルスを殺菌したり、増殖を抑えたりする効果が期待できます。

花粉症やアレルギーの抑制効果や予防効果、さらに大腸菌O-157の予防効果もあるほどです。

非常に頼りがいのある物質ですね。

葉酸などのビタミンB群

エネルギーや代謝機能に深く関わりますので、皮脂分泌過多の抑制も期待できます。

また血流促進効果もあり、血液ドロドロの状態を防ぐことも期待できます。

さらに貧血、冷え性、疲労回復の予防改善、粘膜の健康への効果、胎児の良好な発育、母乳の質向上、肌トラブルの改善、薄毛抜け毛予防などの様々な効果が期待できる有難い成分ですね。

ビフィズス菌が持つ様々な効果とは

ビフィズス菌が持つ効果はたくさんありますので、この効果をできるだけ実感できれば満足度もアップしますよね。

ビフィズス菌が作り出すものに期待できる効果と重なるものも多いですが、ここからはビフィズス菌の効果として、さらに詳しくお伝えしますね。

腸内環境の改善

人がお母さんのおなかの中から生まれた直後には、善玉菌であるビフィズス菌は腸内にいません。

生後2日、3日と経つうちにビフィズス菌は少しずつ腸内で増え始め、生後5日ほど経つ頃にはビフィズス菌は腸内の95%以上にもなるそうです。

赤ちゃんは腸内もピカピカで、善玉菌に守られているのですね。

しかしその後、成長していく中で腸内には下痢や腹痛、吐き気、食中毒などの症状を引き起こす大腸菌やブドウ球菌、ウェルシュ菌などの様々な悪玉菌が徐々に増えますし、大腸菌O-157 への感染も可能性としては出てきますので、恐ろしいですよね。

このように95%以上あったビフィズス菌も腸内の変化で10%くらいに減っていき、年齢が重なる度に腸内の悪玉菌が増え続けると腸内環境も悪くなりますので、身体に対しての悪影響も十分に考えられます。

またビフィズス菌は、年齢だけではなく食生活やストレスなどの毎日の生活習慣の乱れによっても減少します。

そこで腸内環境を整えるために、善玉菌であるビフィズス菌を増やすことが必要になるわけですね。

腸内環境の改善がしっかりと行われれば健康も守られますので、赤ちゃんや高齢者にも積極的にビフィズス菌を摂ることを心掛けてあげると良いですね。

もちろん、自分がビフィズス菌を摂ることも忘れないようにすることです。

免疫力アップ

免疫細胞は、食物や空気中などから私たちの身体に入って健康を害する細菌やウイルスから守ってくれる大切な細胞です。 白血球を基本として、マクロファージやT細胞、B細胞、NK細胞などのリンパ球が免疫細胞として働いてくれます。

主な免疫細胞としては

マクロファージ

ウイルスを分解する役割ですが、分解しきれなかった場合にはヘルパーT細胞などにウイルスの存在を情報伝達します。

ヘルパーT細胞

免疫をコントロールする役割

好中球

ウイルスを分解します。

B細胞

ウイルスに最適な攻撃を仕掛けます。

キラーT細胞

狙ったウイルスを破壊します。

NK細胞

常に身体全体をぐるぐると廻り、ウイルスを発見すると即座に破壊する免疫細胞の中心となる細胞です。

という働きをします。

これらの免疫細胞の多くは腸に存在しており、約70%が腸で作られていると言われますが、免疫細胞に良い働きをしてもらおうと思えば、腸内環境を整えることが大切です。

ビフィズス菌は免疫細胞の活性化が期待できますので、腸内環境を改善して整えることに効果的ですし、それが免疫力のアップにもつながります。

アレルギー症状の改善

免疫力がアップすれば、アレルギー症状を引き起こす私たちの身体へのアレルギー物質の侵入を防ぐことが期待できます。

つまり免疫力が低下しているときには、アレルギー物質は私たちの身体の中に入りこみやすくなるわけですね。

そのため免疫力アップ効果は、アレルギーの症状の改善にかなり期待できます。

ただ、もしアレルギー物質が体内に侵入した場合には、マクロファージやNK細胞などの免疫細胞が免疫活動を活発にして、異物を除去しようとします。

このときに、免疫細胞が過剰反応して活発になり過ぎて免疫活動のバランスが崩れることがありますが、ビフィズス菌はこの免疫活動のバランスを整える働きをしてくれます。

それはビフィズス菌が作り出す酢酸がたくさん作られると、過剰反応した免疫をコントロールしてくれるTレグ細胞という免疫細胞を作り出してくれるからです。

また酢酸は殺菌効果もありますので、体内に侵入してきたアレルギー物質や細菌から私たちの身体を守る作用も期待できます。

そのためTレグ細胞と酢酸の殺菌効果は免疫力アップ効果とともに、アレルギー症状の改善、緩和が期待できるのですね。

美肌作り

ビフィズス菌が作り出す、葉酸を含むビタミンB群は美肌作りには非常に効果的な成分です。

葉酸には血液をサラサラにする作用がありますので、血行が促進されターンオーバー作用の活性化が期待できます。

さらにビタミンB群は代謝機能の活性化、正常な皮脂分泌が行われますのでニキビや吹き出物などの肌トラブルの予防や改善も期待できます。

また、ビフィズス菌が不足すると腸内ではお肌のターンオーバーの作用に支障をきたすフェノールというお肌に大敵な毒素が作られます。

そのためビフィズス菌をしっかりと補給しておかなければ、美肌を望んだり維持したりすることが難しくなるわけですね。

他にビフィズス菌が作り出す乳酸や酢酸は、腸を刺激して蠕動運動を活性化し便秘の改善や解消にも効果的です。

そのため体内には老廃物が溜まりませんので、お肌の荒れも予防改善することが期待できます。

身体の中もお肌もスッキリとしますから、気分も軽くなりますね。

また便秘の改善ができれば身体中の毒素も排出することができますので、気になる体臭や口臭も予防することが期待できます。

ビフィズス菌の摂り方

ビフィズス菌は身体に対しての副作用はありません。そのため自由に摂取できる菌なのですが、ビフィズス菌の効果をより一層実感するためのポイントが2つあります。

ビフィズス菌は摂取し続けることが大切

ビフィズス菌は、私たちが調理をする食品にはほとんど含まれていません。そのため摂取方法はビフィズス菌入りのヨーグルト、飲料、整腸剤、サプリから摂るということになります。

どのタイプを選んだらよいのかということを考えると、多くのビフィズス菌の量が含まれていますし、摂りやすさや持ち運びからすればサプリが便利でしょう。

ただ、いくら良い物であってもやはり摂取は長く続けなければ意味がありませんので、 自分の生活スタイルに合わせて、無理せず摂取し続けられるタイプを選ぶことが大切ですね。

気長にコツコツ摂取し続けることが、ビフィズス菌の効果をより一層実感するためのポイントの1つです。

オリゴ糖や水溶性食物繊維を一緒に食べると効果的

オリゴ糖や食物繊維は腸内でビフィズス菌のエサになってくれます。そのためビフィズス菌を増やすことができるのですね。

オリゴ糖や水溶性食物繊維にはサプリもありますが、オリゴ糖は大豆やバナナ、玉ねぎやジャガイモなどに多く含まれていますし、水溶性食物繊維はゴボウ、海藻類、納豆などに多く含まれています。

オリゴ糖や水溶性食物繊維を一緒に食べてビフィズス菌の量をしっかりと増やすということが、ビフィズス菌の効果をより一層実感するためのもう一つのポイントです。

乳酸菌の関連記事

乳酸菌の関連記事はこちらです。

>乳酸菌ダイエットの効果とやり方について

>乳酸菌ダイエットと酵素ダイエットの比較

ベルタ酵素の体験談
酵素調査隊が今1番オススメする酵素ドリンク “ベルタ酵素の体験談
3日間で体重4キロ減、体脂肪2%ダウン
1週間の夜置き換えで1kg減量と肌の調子アップ

希望効果別に商品・記事を探す

ベルタ酵素の体験談

お役立ち情報

種類別で選ぶ

調査レポートのまとめ

動画コンテンツ

色々なダイエット方法

週間人気ランキング

ベルタ酵素ドリンク
ベルタ酵素ドリンク
週間アクセス数:63660pt up↑
こうじ酵素
こうじ酵素
週間アクセス数:48410pt up↑
ミネラル酵素グリーンスムージー
ミネラル酵素グリーンスムージー
週間アクセス数:32110pt dwon↓

集計期間:8月22日~8月28日

スムージーと酵素ダイエットの比較