もやしダイエットがしてみたい!もやしダイエットの効果、やり方や方法を調べました!

もやしダイエットは効果あり?

季節を通して、とても低価格で購入できるもやし。シャキシャキとした食感で美味しいですよね!もやしは低カロリーですし、ダイエットには向いている野菜な気はします。お財布にも優しいので、活用している人も多いのでは?

しかし、もやしのダイエットへの活用の仕方を間違えている人もいるかもしれません。もやしダイエットの効果と、やり方、方法をご紹介します。

もやしダイエットの効果とは?

便秘解消

もやしは水溶性、不溶性の食物繊維をどちらも含んでいます。よって、腸内の環境を整えて、便秘の解消になります。腸の動きが良くなることで、身体の老廃物を排出しやすくなり、代謝も上がりやすくなります。

どちらかと言えば、不溶性の食物繊維が多く、糖質や脂質の吸収を抑え、血糖値の急上昇を抑える働きもしてくれます。

むくみ解消

もやしに含まれているカリウムは、体内の塩分濃度を調節して、余分な水分を体外に排出してくれる作用があります。むくみは身体の中のいらない水分がたまってしまって起こる状態です。

むくみを放っておくと、血液やリンパの流れが悪くなり、太りやすくなる、固いセルライトになってしまうなどの問題が発生してきます。もやしはそのむくみ解消にも役立ちます。

美肌効果

もやしはビタミンCも含まれています。ビタミンCはコラーゲンの生成の元になるので、ハリのある健康的な肌を維持することができます。そして、メラニンの生成を抑えるので、美白効果も期待できます。

もやしダイエットのやり方、方法とは?

もやしを食事の中に加える

普段の食事の中に、もやし料理を加えます。もやしはあまり癖のある味もないので、いろいろな料理に合わせて、低カロリーでかさましをすることも可能です。

食前にもやし料理を食べることで、食物繊維が胃や腸の中で膨らみ、満腹感を早く得られるようになります。そうなることで、食べ過ぎを減らし、摂取カロリーを減らすことができます。また、血糖値の上昇を防ぐことができるので、脂肪になりにくくなります。

また、ご飯などの炭水化物の代わりにもやしを食べることで、糖質以外の栄養素は摂ることができ、カロリーを抑えることができます。

もやしの置き換えダイエット

短期間で痩せたいという人には、もやしの置き換えダイエットが効果的です。最短で1週間で効果を感じることができそうです。もやしはとても低カロリーの野菜です。もやし1袋(約250g)でおよそ34kcalしかありません。

もやし7袋とお茶碗1杯分のご飯のカロリーが同じくらいです。よって、もやしはたっぷり食べても太りにくいのです。量を気にせず食べられるので、お腹いっぱい食べたい人にも良いでしょう。

普段の食事をもやしに置き換えることで、摂取カロリーを抑えることができます。1日の内の1~2食をもやしに置き換えます。カロリーが高くなりがちな夕食を置き換えることがおすすめです。

もやしの選び方とは?

もやしにもいろいろな種類があるのをご存じですか?

緑豆もやし

緑色の小さな豆で、中国が原産となります。もやしの中でもカロリーが低いです。水分量が多く、しゃきしゃきとしています。

大豆もやし

大豆を原料にしているので、他のもやしより豆の部分が大きく、韓国料理のナムルやキムチに良く使われています。緑豆もやしよりも、カロリーは高くなりますが、大豆なので、タンパク質やイソフラボンなどが含まれているので、栄養価は高くなります。

ブラックマッペもやし

おもに関西で販売されている、細いもやしです。火を通しても水っぽくならないので、炒め物に向いています。

現在一番多く生産されているのが、緑豆もやしです。昔はブラックマッペもやしが一般的だったようです。

もともともやしは、約95%が水分で栄養価の少ない野菜ですが、3種類の中でもっとも栄養があるもやしは、大豆もやしです。大豆もやしはタンパク質、食物繊維、ビタミンB群が緑豆もやしの1.5~2倍含まれていると言われています。

料理によって合う、合わないがありますが、栄養のことを考えると、大豆もやしはダイエット効果が高くなりそうです。

もやしダイエットの注意点とは?

調理の仕方に注意

もやしにはビタミンCが含まれています。ビタミンCは水に溶けてしまい、熱にも弱い水溶性のビタミンです。よって、長時間水にさらしたり、熱を加えすぎることで、どんどんビタミンCが減っていってしまいます。

もやしを洗う時には、サッと洗い、調理は短時間でパッと仕上げるなどで、栄養素を逃さないようにしましょう。シャキシャキの食感も損なわれず、美味しく食べられますよ。ただし、もやしは水分が多く、暗い場所で育つため、雑菌が繁殖しやすく、生では食べられません。

食べ過ぎ注意

食べ過ぎても、カロリーは少ないのでもやしだけは太る原因にはなりませんが、腹痛や下痢の症状を引き起こす可能性があります。

もやしは不溶性食物繊維を含んでいますし、水分量が多いので、腸内が過剰に活発になってしまったり、お腹が冷えてしまったりしてしまうからです。やりすぎはなんでも身体に負担になってしまいます。適量を心がけましょう。

3食全てもやしにしない

もやしには、ビタミンなどの栄養が含まれてはいますが、ごく少量です。また、タンパク質や脂質なども取れないので、無理をしてすべてもやしにしてしまうと、栄養失調になってしまって、身体の代謝機能を下げてしまいます。

一時的に体重が落ちて、ダイエットが成功したように見えても、筋肉量が低下しているだけで、元の食事に戻すとリバウンドしてしまう危険もあります。

おすすめもやしダイエットレシピとは?

もやしマヨネーズ

ゆでたもやしにスプーン1杯のマヨネーズと好きな調味料をかけて食べます。マヨネーズは満足感を与えてくれます。しかし、多くても大さじ1杯までにしましょう。醤油、ポン酢、コショウなどを使うことで、味もいろいろ変化を楽しめます。

もやしキムチ炒め

もやし1/2袋とキムチ(お好みで)を一緒に炒めるだけで出来上がり。豚肉を入れても美味しいですが、ダイエットを考えると、脂身の少ないものを使うようにしましょう。

キムチは発酵食品ですので、健康にもダイエットにも良いですね。もやしはいろいろな食材、味付けで炒め物ができます。サッと炒めて、もやしの栄養素を逃さず、ダイエット効果を得るようにしましょう。

もやしダイエットの口コミとは?

良い口コミ

  • 夜ご飯をもやしに変えただけで、1週間で3キロも痩せた
  • 食費も浮いて、ダイエットも出来てラッキーな感じがする

もやしは低カロリーなので、1日の摂取カロリーを多く減らすことができます。今まで食べ過ぎ傾向にあった人ほど、効果を感じやすいかもしれません。そして、嬉しいのはもやしはとても安く手に入ること。

気軽に始められそうです。

悪い口コミ

  • もやしは物足りない感じがして、辛かった。
  • 逆に太った。

もやしは癖がないので、食べやすい反面、もやしだけでは味気ないかもしれません。しかし、いろいろな料理に合わせることができるので、いろいろな料理法をチャレンジしてみると良いでしょう。

もやしを使うからと言って、味付けを濃くしたり、脂の多くお肉を使ったりしていると、逆にカロリーオーバーになってしまうことがあります。栄養バランスは考えるようにしましょう。

もやしダイエットで効果的に痩せよう

もやしは、とても低カロリーな野菜なので、たっぷり食べても安心です。もやしダイエットは、やり方次第では、短期間で痩せることができるダイエットです。

短期間で痩せるためには、3食の内の1~2食をもやしに置き換えるダイエットが効果的です。摂取カロリーを抑えることができるので、早く痩せられます。ただし、3食全てをもやしだけにしてしまうと、栄養失調になってしまい、リバウンドしやすくなってしまいます。

また、もやしを食事の中に取り入れるだけでも、満腹感が得られやすくなり食事量をおさえられますし、便通が良くなったり、むくみが改善されたりと、長期的なダイエットをすることもできます。

もやしは低価格でいつでも食べられる食材です。気軽に始められますし、続けやすいのも嬉しいですね。正しく上手にもやしダイエットをすることで、効果的に痩せることができそうです。

もやしダイエットの関連記事

もやしダイエットの関連記事はこちらです。

>もやしダイエットと酵素ダイエットの比較

ベルタ酵素の体験談
酵素調査隊が今1番オススメする酵素ドリンク “ベルタ酵素の体験談
3日間で体重4キロ減、体脂肪2%ダウン
1週間の夜置き換えで1kg減量と肌の調子アップ

希望効果別に商品・記事を探す

ベルタ酵素の体験談

お役立ち情報

種類別で選ぶ

調査レポートのまとめ

動画コンテンツ

色々なダイエット方法

週間人気ランキング

ベルタ酵素ドリンク
ベルタ酵素ドリンク
週間アクセス数:63660pt up↑
こうじ酵素
こうじ酵素
週間アクセス数:48410pt up↑
ミネラル酵素グリーンスムージー
ミネラル酵素グリーンスムージー
週間アクセス数:32110pt dwon↓

集計期間:8月22日~8月28日

スムージーと酵素ダイエットの比較