もち麦ダイエットに注目?

もち麦を聞いたことはありますか?もちもちとした麦なのでしょうか?今、ダイエットに向いていることで注目の食材なのだそう。テレビ番組でも多く取り上げられています。気になりますよね。

麦ご飯などは食べたことがあるかもしれませんが、もち麦はまだなじみがないのではないでしょうか?どのように食ベるとダイエット効果が得られるのでしょうか?もち麦ダイエットについて調べました。

もち麦とは?

もち麦はイタリア料理やフランス料理などでは、一般的な大麦の一種です。最近ダイエット効果が高いことがわかり、アメリカやカナダ、オーストラリアでも健康食品として人気になってきています。

見た目は粒の真ん中に黒い線が入っていて、食感がぷちぷち、もちもちしているのが特徴です。良くある麦とは違うので、麦ご飯がぱさぱさして苦手という人も、もち麦なら美味しいという人もいます。もち米と間違われやすいのですが、全く違うものです。

もち麦ダイエットの効果とは?

食事量を減らす

もち麦は、独特のもちもちとぷちぷちとした食感で食べごたえがあります。良く噛んで食べるので、満腹感が得られやすくもなり食事量を自然に減らすことができます。

そして、食物繊維が豊富で、胃の中で水分を含んで膨張し、腹持ちを良くしてくれるので、空腹のストレスもありません。

便秘解消効果

もち麦は水溶性食物繊維、不溶性食物繊維が両方とも多く含まれています。水溶性食物繊維は腸内の細菌のエサになり、腸内の環境を整えてくれます。また、腸の動きを活性化して腸内の老廃物を排出しやすくなるので、ダイエット効果が高まります。

脂肪になりにくい

もち麦に含まれる水溶性食物繊維であるβ-グルカンが、体内で水分を含むとゼリー状になり、糖質や脂質を包み込み腸に吸収されるのを阻害します。よって脂肪になりにくく、太りにくいのです。

また、βグルカンはインスリンの分泌を抑えてくれるので、血糖値の急上昇を防ぎ、脂肪の蓄積を抑えてくれます。

美肌効果

もち麦には、ミネラルやビタミンも豊富に含んでいます。ミネラルもビタミンは健康な肌を作るためにも欠かせません。

また、便秘が解消されることで老廃物や毒素が排出されやすくなり、ニキビや吹き出物などの肌トラブルを解消しやすくなります。

もち麦ダイエットのやり方、方法とは?

もち麦を食べる

もち麦ダイエットは白米の代わりに、もち麦ご飯を食べる方法です。1日全てのご飯をもち麦に変える必要はありません。全てを変えても良いですが、1日の内の1~2食を変えるだけでも効果があります。

もち麦は白米に比べると食物繊維が多く含まれていて、低カロリーです。もち麦ご飯は1杯のカロリーが198kcalで、白米のご飯に比べると50kcalほど少なくなります。そして、白米に比べると、食感がもちもちとしているので、食べごたえがあり、満腹感が得られやすくなり、食べ過ぎも防ぐことができます。

もち麦の炊き方とは?

もち麦ダイエットは、もち麦を美味しく食べたいですよね。炊き方のコツは、白米:もち麦を1:1の割合で炊きます。水の量は多めにします。そして、白米ともち米を軽く混ぜてから、普通に炊飯器で炊くだけです。

全てもち麦だけにしても大丈夫です。その場合は水の量をもち麦1合に対して水は2合分を入れて炊くようにしましょう。

炊いて食べきれないもち麦ご飯は冷凍保存ができます。1度に炊いて、1食分ずつラップで包んで冷凍していると、便利です。

ゆでもち麦を作る

白米ともち麦を混ぜて炊く以外にも、ゆでて食べる「ゆでもち麦」もあります。鍋に多めの水を入れて、もち麦を15分ほどゆでるだけです。もち麦の芯が透明になったら大丈夫ですが、好みの固さにゆでて下さい。

スープやサラダ、ヨーグルトなどに混ぜるなど、いろいろな料理に使うこともできて便利です。ぷちぷちとした食感が楽しめます。

もち麦と玄米は違うの?

白米の代わりに健康的なご飯として一般的になっている玄米ですが、比較されることが多くなります。玄米はお米の一種で、もち麦は大麦です。

玄米は白米の精米していない状態なので、カロリーは白米とそこまで変わりません。玄米がミネラルや食物繊維が含まれていることが健康と言われている理由なのです。

もち麦はカロリーも低く、玄米に比べると約4倍も食物繊維も多いので、ダイエットには玄米よりももち麦の方が向いているのです。

もち麦ダイエットの注意点とは?

食べ過ぎ注意

もち麦は低カロリーで健康的ですが、いくら食べても良いというわけではありません。食べ過ぎはやはり、太る原因になってしまいます。

また、おかずも特に制限はありませんが、高カロリーなものを気にせず食べていると痩せることは難しくなります。栄養バランスのとれたヘルシーなものを心がけて下さい。

体調に注意

もち麦は食物繊維をたくさん含んでいます。いきなりもち麦だけを主食にしたり、食べ過ぎたりすると、腹痛や下痢を起こす場合があります。無理に続けずに、体調を見るようにしましょう。一度止めてみたり、もち麦の量を減らしてみたりしながら、もち麦ダイエットをするようにしましょう。

もち麦ダイエットの口コミとは?

良い口コミとは?

  • 2週間くらいで体重が落ちた。
  • もち麦ご飯が美味しかったので無理なく続けられた。

もち麦ダイエットは、無理な食事制限をするわけではなく、食べることができるので、食べられないというストレスを感じません。美味しいという感想が多く見られます。お通じも良くなって、ぽっこりお腹も解消されるようです。

悪い口コミとは?

  • 美味しく炊けなかった。
  • 食べ過ぎてしまって、逆に太った気がする。

白米よりも水を多めにして炊く必要があります。白米と同じように炊いてしまうと、固くて食べられないかもしれません。

逆にもちもちとした食感から、白米のご飯よりもおいしく感じてしまい、もち麦もたくさん食べてしまうし、おかずもついつい食べ過ぎてしまうということも…ダイエットをしていることを忘れないようにしなければいけないですね。

もち麦ダイエットで痩せよう

もち麦はもちもちとした食感ですが、低カロリーで食物繊維などの栄養がたくさん含まれた、ダイエットにはもってこいの食品です。ダイエット方法は、主食の白米ご飯ををもち麦ご飯に変えるだけと簡単です。

食べて痩せることができるので、ストレスを感じることがなく、継続しやすいのです。しかも麦ご飯が苦手な人でも美味しく食べられるので人気です。

今まで、食事制限で我慢ができなくて続けられなかったというような人でも安心です。もちもちと美味しいことで人気と注目が集まっているもち麦ダイエット。試してみる価値がありそうですよ。