リパーゼとは

リパーゼ

リパーゼって何?と思う人もいるかと思いますが、リパーゼは酵素のひとつで消化酵素に分類されます。

消化酵素であるリパーゼは「脂肪分解酵素」とも言われ、脂肪を消化する働きがあるのが特徴です。

このリパーゼはリポ蛋白リパーゼとホルモン感受性リパーゼの2種類があり、この2種類はそれぞれ大切な役割を持っています。

リポ蛋白リパーゼ

リポ蛋白リパーゼは、血液中の中性脂肪を消化する働きを行っています。

ホルモン感受性リパーゼ

ホルモン感受性リパーゼはリポ蛋白リパーゼとは違い、脂肪細胞がかかえている中性脂肪を消化する働きをしています。

よってリパーゼが分泌されず、中性脂肪が増加していくと脂肪肝になってしまい肝硬変、膵炎、動脈硬化、糖尿病などの病気のリスクが高まってしまうので注意が必要です。

リパーゼは膵炎と関係がある!?

膵臓と膵炎

リパーゼは膵臓で分泌されており、膵炎などの病気になり膵臓が炎症を起こしてしまうと上手く分泌されなくなってしまいます。

よって膵炎かどうかを調べる際には、血液検査を行いリパーゼの値を調べ、基準値を超えていたら膵炎になっている可能性がかなり高いということになるのです。

また膵炎を調べるにはリパーゼの他にも、同じ消化酵素であるアミラーゼの値を検査することもあります。

このアミラーゼが基準値を超えた場合には、急性膵炎の可能性もでてきてしまいます。

さらに慢性膵炎になってしまうと膵臓の細胞が壊れ、リパーゼなどの消化酵素の分泌に悪影響が出る上に、インスリンの分泌まで正常に行うことができなくなってしまうことから、糖尿病などの大きな病気を引き起こす原因にもなっています。

そのため膵炎の大きな原因のひとつであるアルコールの過剰摂取には気を付けておきましょう。

リパーゼの含まれる食材

リパーゼには消化を助ける消化酵素の働きがあり、多くの野菜や果物に含まれている成分です。

またリパーゼを含む食材には胸やけや胃もたれなどの症状がある人にも効果的なので、料理で使用してみてはいかがでしょうか。

栄養素をしっかり摂れる野菜酵素のススメ

パイナップル

パイナップルにはたんぱく質を分解する酵素が含まれています。

また、お肉料理などでよく使用されているのはお肉を柔らかくし、食べやすくすることができるからなのです。

料理の他にもパイナップルの酵素を利用し、ダイエットにも利用することができるのでオススメです。

パイナップルには酵素がいっぱい

大根

消化に良い食材としても大根は有名で、リパーゼを摂取するには最適な食材です。

大根にはオリゴ糖や食物繊維も含まれており、腸内の善玉菌を増やし、腸を活性化してくれるので便秘解消に役立ちます。

大根の効果や栄養素まとめ

アボカド

アボカドは女性にも人気の高い食材で、調理もしやすく美容にも良いのでおすすめです。

抗酸化作用があり、体内に蓄積された活性酸素を抑え脳卒中やがんの生活習慣病の予防にもなります。

このようにリパーゼを含む食材は多く、身近な野菜や果物から摂取することができます。

リパーゼを摂取するには食べ合わせが重要?

リパーゼを効率良く摂取するためには、食べ合わせが重要になります。

野菜などにも食べ合わせがあり、きのこ類にはリパーゼの働きを抑制する成分が多く含まれているため、一緒に摂取してしまうと栄養を相殺してしまい、あまり効果を実感することができません。

特にダイエットにはリパーゼなどの消化酵素の働きは重要で、バランスの良食事を行っても体内でしっかりと消化をしなければ意味がありません。

そのためにも食べ合わせの順序を意識するようにしておきましょう。

またリパーゼは加熱処理をしてしまうと破壊されてしまい、熱で酵素の効果は無くなってしまいます。

よって野菜や果物で酵素を補う場合には、生で食べるようにし野菜から先に食べるようにすることがおすすめです。

このように体内の消化酵素と代謝酵素がバランス良く循環することで、痩せやすい体質をつくり脂肪燃焼の効果を期待することができます。

ポイント

リパーゼの働きを活性化するためには、カルシウム、マグネシウム、ミネラルなどの成分が必要になります。

特にミネラルが不足してしまうとリパーゼの働きが低下し、脂肪を減らすことが難しくなってしまいます。

よって食べ合わせも考えリパーゼを摂取し、体内環境を健康に保つことが重要です。

まとめ

酵素は知っているけどリパーゼは知らなかった人もいるかと思いますが、リパーゼは体内で消化酵素として大切な役割を行っていることを理解してもらえたかと思います。

なので、アルコールが好きな人や飲み過ぎてしまう人は定期的に検査をし、膵臓に異常がないかリパーゼの数値を診察しておきましょう。

このようにアルコールで膵臓がダメージを受けてしまうと他の臓器や筋肉まで悪影響が起こってしまうことがあります。

そういったことがないように定期健診や日々の食事の管理をしっかりとしておくことで、病気の予防はできます。

また揚げ物が好きな人は、納豆やチーズなどを摂取することで発酵食品にも含まれるリパーゼが脂肪の分解を促進し、エネルギーと変えてくれる働きをしてくれるのでおすすめです。

発酵食品の効果とは

体にいい食べ物10選!どんな食材を食べるといいの?