妊娠中のダイエットは何が最適?ダイエットをする場合は胎児への影響を最優先に考えよう!

妊娠中のダイエットについて

そもそも「妊娠中のダイエット=危険なもの」だと以前は理解されていましたが、現在では妊娠中に太ることの方が問題視される傾向にあり、産婦人科で厳しい体重管理の指導があることも少なくありません。

妊娠中はお腹の赤ちゃんを守るための機能が備わり、食事の好みも変わってくるため、痩せていたのに急に太ってしまったなんて方も多く、脂肪が付きやすくなる時期といっても過言ではないのです。

また妊娠すると血液も増えるため、体重も少しずつ増加していくことが分かっています。

さらに始めの妊娠した時期はつわりで食べられないという人も多いですが、つわりが終わると食べられなかった時期からの反動で、ついつい食べ過ぎてしまうということも多くなってしまいます。

しかし妊娠中に太ってしまうと臨月でお腹が大きくなっているため、動きにくく消費するカロリーも少なくなるという悪循環に陥ってしまいます。

ひどい場合には、糖分の摂り過ぎで妊娠中毒症や妊娠糖尿病になってしまうこともあり、症状としてはムクミ、高血圧、血液中になんらかの異常が出るなど、お腹の赤ちゃんに影響がでてしまうことばかりです。

よってそうならないためにも妊娠中は、栄養も考えながらバランスの良い食事をして、必要以上に太らないように体重管理をすることが大切です。

そこで今回は、妊娠中の体重管理するためのダイエットで話題となっているグリーンスムージーや酵素ダイエットについて説明し、その善し悪しもこちらで紹介していきたいと思います。

よってもし妊娠中でどんなダイエットをすれば良いかどうか悩んでいるという方がいましたら、妊娠時の注意点を踏まえつつ人気のグリーンスムージーと酵素ダイエットをこちらで参考にしてみてはいかがでしょうか。

妊娠中に最適なダイエット方法は?

妊娠中に体重を気にし過ぎて無理なダイエットを行うと、低体重児や栄養不良など赤ちゃんの健康に悪い影響が出てきてしまうことがあり、医師から注意を受けた場合には、食事のカロリーを減らすなどの無理のないダイエットを行うことを心がけましょう。

適度な運動

適度な運動でカロリーを消費することは身体にも良いですが、妊娠中に身体を動かすのは、体や胎児への負担を考えて16週目あたりからにしておきましょう。

そして軽いウォーキングやマタニティヨガなども妊婦さんには人気ですが、どのダイエットでも自分のペースでゆっくりリラックスして行える運動がオススメです。

また、運動中にお腹が張ってくる場合にはダイエットを一時中断し、休憩することも大切です。

食事の味付け

妊娠中の体重管理は基本的に食事で行いますが、妊娠したら濃い味付けは避け、薄味にすることを心がけるようにしておきましょう。

おかずなどを濃い味付けにしてしまうと、ごはんを多く食べてしまい食べ過ぎてしまうことが多くなります。

よって食事は基本薄味にして妊娠中に食べ過ぎることを予防し、塩分の摂り過ぎで体がムクまないようにしておくことが大切です。

食べ過ぎを予防してくれるサポートアイテム

①グリーンスムージー

グリーンスムージーは、緑の血液とも言われる葉緑素を多く含んでおり栄養価が高いのが特徴的なダイエットサポートドリンクになっています。

このグリーンスムージーはカロリーを抑えるためにも有効なだけでなく、腹もちが良いので間食を抑えるには強い味方になってくれるのでオススメです。

しかし妊娠中の場合は、グリーンスムージーは体重を減らすことを目標とせず、体重を維持できるようにすることで食べ過ぎや間食を避けることができます。

よって無理な置き換えダイエットとして活用するより、バランスの良い食事を心がけて栄養が豊富なグリーンスムージーを栄養の補助として飲むことが大切です。

②酵素ダイエット

妊娠中には、酵素を摂取することでさまざまな効果を得ることができます。

そもそも酵素は代謝を高めてくれるのでデトックス効果が期待されており、産後の母乳も出やすくなるので妊娠中に是非摂っておきたい成分となっています。

その他にも酵素には食物繊維が豊富に含まれているので、妊娠中になりやすい便秘解消に役立つことも分かっています。

上記でも述べたように体重管理をするためには適度な運動をすることも大切ですが、運動のみでは代謝が悪い場合、あまり効果を得ることができないため、特に妊娠中は酵素やスムージーでダイエットを効率的に行うことが大切です。

さらにこの両者のダイエットは母体に良い影響を与えるだけでなく、赤ちゃんの体内の酵素量を増やすこともできるので、生まれてくる大切な赤ちゃんのためにもこれらのダイエット法を是非試してみることをオススメします。

このように体重を管理することもできますが、毎日体重計に乗ることや毎日の食事をノートに書くことでも食べ過ぎてしまうことを防ぐことができます。

妊娠中は、1週間に500gの増量に抑えれるように意識し、妊婦さん向けの料理レシピもあるので試してみることもおすすめです。

マタニティダイエットでの注意点

上記でも述べていますが、妊娠中の食事においての体重管理や運動をマタニティダイエットといいます。

よく赤ちゃんのためにもと妊娠中に2人前の食事をとる方がいますが、これは妊娠中に太り過ぎてしまう原因になりますので、食べ過ぎには気を付けておきましょう。

また安定期に入り軽い運動やマタニティヨガを行う際には、お腹の張り具合を見ながら行うことが重要です。

そして妊娠中の食べ過ぎだけでなく、運動のやり過ぎは早産などのリスクがあることもあるので、無理に身体を動かすことはせず、運動を行う際には医師に確認をとってから行いましょう。

そもそも体重管理を行うときに最も大切なのは、母体とお腹の中の赤ちゃんですので無理のないダイエットをすることをオススメします。

また、ダイエットでストレスを溜めてしまわないように、酵素やグリーンスムージーを使い工夫しながらカロリーを抑えてダイエットをすることが重要です。

いかがでしたか?

上記で説明したことに注意をし、母子ともに健康なダイエットを行っていきましょう。

ベルタ酵素の体験談
酵素調査隊が今1番オススメする酵素ドリンク “ベルタ酵素の体験談
3日間で体重4キロ減、体脂肪2%ダウン
1週間の夜置き換えで1kg減量と肌の調子アップ

希望効果別に商品・記事を探す

ベルタ酵素の体験談

お役立ち情報

種類別で選ぶ

調査レポートのまとめ

動画コンテンツ

色々なダイエット方法

週間人気ランキング

ベルタ酵素ドリンク
ベルタ酵素ドリンク
週間アクセス数:63660pt up↑
こうじ酵素
こうじ酵素
週間アクセス数:48410pt up↑
ミネラル酵素グリーンスムージー
ミネラル酵素グリーンスムージー
週間アクセス数:32110pt dwon↓

集計期間:8月22日~8月28日

スムージーと酵素ダイエットの比較