酵素を効率的に摂取するには温度が重要!ベスト・ワーストな温度

酵素は特に温度に注意が必要

今健康や、美容、ダイエットなど様々の方面で「酵素」が注目されています。
皆さんもテレビや雑誌で見たり、聞いたりしたことがあるのではないでしょうか。
この酵素は、一体どんなものなのか皆さんは知っていますか。

生きていくのに欠かせない酵素

「酵素」とは今現在、わかっているだけで3000種類あると言われています。
これがすべてではなく今後もその数は増えていくと考えられています。
そして人の体の中でさまざまな役割をしています。
食べた物を消化したり、エネルギーに変えたり、血液の循環や、ホルモンバランスなどにも大きく関わっています。
この酵素が体からなくなると、人は生きていけないと言われています。
そのくらい人にとっては大切なものなのです。言いかえれば、「生命活動の主役」です。

まず人が生きていくためには食べ物を食べて栄養を取らないといけません。
人がお生きていくうえで必要な栄養素は、
炭水化物、たんぱく質、脂肪の3つで三大栄養素といわれています。
そこに、食べた物をエネルギーとして上手く使うために
ビタミンとミネラルが追加されて、五大栄養素と呼ばれます。
更に、体内で消化するために食物繊維が入るようになりました。

タンパク質に分類される酵素は温度に弱い

酵素はこの中の「たんぱく質」になります。
酵素はどんな食材に入っているかというと、生野菜、果物、刺身、生肉、みそ、納豆…などからとることができます。
これらの食材を見てみるとわかりますが生食材、もしくは発酵食品に入っているのです。
実は酵素は「熱」に弱いのです。
加熱されるとたんぱく質が変化して酵素ではなくなってしまうのです。
その温度は50℃くらいから70℃くらいでなくなってしまうと言われています。
そして最も酵素の活動が活発になるのは、
人の体温に一番近い37度くらいだと言われています。

温かいお湯と混ぜると酵素が失われる

ですから酵素ドリンクなどは決してお湯や温かい紅茶などで割ってはいけないのです。
サプリメントタイプの酵素もお湯で飲むのはお勧めできません。
飲む前から酵素がなくなってしまうので注意が必要です。

しかも近年は食の欧米化により、食事から酵素をとる機会が少なくなりました。
その為、酵素が注目されているのです。
ドリンクタイプに、粉末タイプ、サプリメントタイプにゼリータイプなどがあります。
自分の好みに合った形状の酵素を選ぶことができるのもいいところです。

この酵素は3000種類あると言いましたが、
3000種類それぞれ1つの仕事しかできないのです。
例えば聞いたことのある方もいるかと思いますが、アミラーゼという酵素はでんぷんの分解しかできません。プロテアーゼという酵素はたんぱく質の分解しかできません。
ですから少しでも多くの酵素をとることが体にとってはいいことなのです。
酵素商品は多いものは100種類以上の食材からの酵素が入っています。
それが手軽に毎日とれるのであれば本当にうれしいですよね。
上手く酵素を毎日の生活に取り入れて健康的な毎日を送ってみませんか。
ただし、温度にだけは注意ですよ。

オススメの関連記事をご紹介

酵素に副作用ってあるの?買う前に知るべき!
酵素をとりすぎても大丈夫?身体に悪影響ないの?
酵素を摂ると本当に満腹感を得られるの!?ホント?ウソ?

ベルタ酵素の体験談
酵素調査隊が今1番オススメする酵素ドリンク “ベルタ酵素の体験談
3日間で体重4キロ減、体脂肪2%ダウン
1週間の夜置き換えで1kg減量と肌の調子アップ

希望効果別に商品・記事を探す

ベルタ酵素の体験談

お役立ち情報

種類別で選ぶ

調査レポートのまとめ

動画コンテンツ

色々なダイエット方法

週間人気ランキング

ベルタ酵素ドリンク
ベルタ酵素ドリンク
週間アクセス数:63660pt up↑
こうじ酵素
こうじ酵素
週間アクセス数:48410pt up↑
ミネラル酵素グリーンスムージー
ミネラル酵素グリーンスムージー
週間アクセス数:32110pt dwon↓

集計期間:8月22日~8月28日

スムージーと酵素ダイエットの比較