酵素の副作用

今色々な年代、性別にかかわらず酵素を愛用している方って多いですよね。
酵素が体にいいのはなんとなく知っている…くらいの知識で使っている方も多いはずです。
でも酵素は本当にいいことばかりなのでしょうか。
体に効く薬などは必ずと言っていいほど「副作用」がくっついてきます。
果たして酵素には副作用はないのでしょうか。

医療関係の方や、美容関係の方など酵素について詳しい方に実際に尋ねてみました。
すると聞いた方全員が同じ答えを出しました。

それは…「基本的に副作用はない」でした。
なぜ酵素に副作用がないのかを聞くと、
今たくさんある酵素商品は食物酵素です。
使われているものは野菜、果物、海藻など自然の中で育ったものばかりです。
人が作った人工物でないから副作用はほとんどないというわけです。

ただし1つ注意しないといけないのは食物アレルギーを持っている方です。
アレルギーを起こす原因の食物が入っていないか
十分に確認したうえで摂取する必要があります。

その他に酵素を飲み始めてから起こる症状があるので紹介しておきましょう。
それは「下痢」や「発疹」です。
これらの症状は酵素の働きによって代謝が良くなるために下痢をしたり、
不要な毒素を体外に排出するために発疹が出たりします。
このような症状を「好転反応」といいます。
その他にもいきなりファスティングすることで
摂取カロリーが急激かつ大幅に低下して、低血糖症状になることで
「頭痛」や「貧血」を起こすことがあります。
このような症状を避けるには数日間のファスティングの
準備期間を設けることで防げると思います。
しかし、このような症状がいつまでたっても改善しないときは
一度酵素を中止して様子を見たり、病院に相談することをお勧めします。

このように安全性の高い酵素はとても魅力がたくさんありますよね。
自然の力で生まれる酵素を効率よく取り入れて、健康的な毎日を送りましょう。