酵素ファスティングとは一体何なの?

最近メディアでも多く取り上げられている酵素ファスティングは、酵素を使ったダイエット法で健康に痩せられることから国内では人気が高くなっています。

しかし、まだ酵素ファスティングを詳しく知らないという方もいるかと思うので、これから順を追って説明していきたいと思います。

酵素とは?

酵素は人間の体内に元々備わっているもので、代謝や消化の役割を担っている生命の維持には欠かせない存在となっています。

その一方で、酵素は加齢、生活習慣の乱れ、ストレスなどが原因でどんどん消費されてしまうため、そのような方は病気になりやすかったり、疲れが蓄積されてしまったりと良いことはひとつもありません。

では、どのように酵素を補充すれば良いかと疑問に思うかもしれませんが、酵素は野菜、果物、発酵食品に含まれているので、食物から酵素を補うことが可能です。

しかし日本人は現在和食離れが進んでおり、洋食や外食がほとんどだという人も少なくありません。

さらに酵素を補うために食べなければならない野菜の量はとても多く、毎日それを継続的に行っていくのは困難になってしまいます。

そこで、近年話題になったのが酵素を凝縮させた商品で、これを使うことによって代謝と消化に直接体内から働きかけ、健康に痩せられるダイエット効果が得られるというワケなのです。

ファスティングとは

ファスティングとは、短い期間で断食を一定の期間行い、健康的に痩せることを目的としたダイエット法となっています。

しかし、断食=つらいダイエットというイメージが国内では定着しており、挑戦しようにも怖くてできないという人も少なくありません。

そこで、オススメなのが上記で説明した酵素を使ったファスティングで、断食でも体に負担をかけずに痩せることができる不安な方にも安心なダイエット法です。

しかし酵素ファスティングは失敗例が多く、利用者が増えた分、それだけ失敗してしまったという口コミも多いのが現状です。

よって、酵素ファスティングを行う前にこちらで失敗してしまう原因を知り、効率的に酵素でダイエットを行っていきましょう。

酵素ファスティングでの失敗例とその原因

ではこれから本題の酵素ファスティングでの失敗例をご紹介します。

①飲むだけで痩せると思ったら、効果が出なくてすぐに止めてしまった

これは酵素による効果に頼りきってしまい、酵素を飲む+ファスティングをしているから自然と痩せるだろうと何もやらなかった際の失敗例です。

どういうことかというと、上記でも説明した通り酵素は代謝と消化能力を高める効果があるだけなので、痩せる目的で酵素を使う場合はその代謝能力を上手く利用し、適度な運動をしなければなりません。

しかし、ファスティング中なので激しい運動ではなく、ウォーキングや自宅でできるストレッチ程度の運動でOKです。

よって、酵素ファスティングを行う場合にはせっかく高めた消化と代謝機能を無駄にしないように、軽い運動をするように心がけましょう。

②酵素ファスティングの後にがっつり食べてリバウンドをしてしまった

酵素ファスティングは、お腹が空いていても我慢をしなければならず、酵素のみで一日中過ごすダイエット法です。

その結果体重はある程度痩せるので、それに安心して反動からかファスティング終了後についついたくさん食べてリバウンドしてしまうことも少なくありません。

よって、ファスティングを行う場合には、絶対にアフターケアも考えながら行ってあげることが大切です。

③酵素商品を安さ・知名度だけで判断してしまった

酵素ファスティングを行う場合、市販の酵素商品を使う方が大半だと思います。

しかし、酵素が話題になった現在において市販である酵素商品の量は計りしれません。

酵素はそもそも人間に必要なものなので、酵素自体には問題がないのですが、大切なのはその商品にそれ以外のものは何が含まれているのかというポイントです。

特にファスティングなどの痩せることを目的とする場合は、この商品選びを身長に行う必要があります。

例えば、

シロップなどの糖分が多く含まれていないか

→酵素商品の中には、飲みやすさを売りにしているものもありますが、その中には大量に糖分を含みカロリーが高いものも少なくありません。

酵素の種類はどのぐらい含まれているのか

→酵素にはたくさんの種類があるので、最低でも100種類以上含まれているものがダイエットに最適です!

食品添加物、着色料、香料が含まれていないか

→酵素不足の原因となるのが、食品添加物などの摂り過ぎなので、酵素商品に保存料、着色料、香料が含まれている場合は、飲んでもすぐに酵素が消費されてしまう商品を選ばないように注意しておきましょう。

これらのことが酵素商品選びで気を付けなければならないポイントなので、ここをしっかとファスティングに失敗しないように抑えておくことが大切です。

④急に酵素ファスティングを長期間行ってしまった

ダイエットは急な思いつきでやる人が結構多く、気合いで乗り切ろうと無理をする人が後を絶ちません。

さらにファスティングをする場合は、急に行うと普通のダイエットよりも体に大きな負担をかけてしまうので、絶対に体が慣れるまでは1ヵ月の内の1日だけ、1週間の内の1日だけと徐々に期間を縮めていくことが大切です。

⑤酵素を飲むタイミングを決めていなかった

酵素ファスティングでの最大のポイントといっても過言ではないのが、この酵素を摂取するタイミングです。

飲むタイミングはいつでもいいのでは?と思われるかもしれませんが、これだけでも効果には大きな違いが出てくるので、効率的に行うためにも以下のタイミングで酵素を摂取することをオススメします。

まず、酵素は起きたばかりの朝に飲むと効果が高いことが分かっています。

そもそも人間は朝は空腹状態な上、排泄機能が高まっているので、そのタイミングで酵素を飲むと体に酵素がめぐりやすくなるというメリットがあるのです。

さらに酵素ファスティングの場合、朝に摂取する方が体に負担をかけずに楽にダイエットをすることができるので、ファスティングを行いたいという方は起きたばかりの朝に飲むことが大切です。

酵素ファスティングで成功するには「準備期間」や「復食期間」がとても重要!

酵素ファスティングで失敗しないためには、ファスティング期間の前後の時期が大切になってきます。

なぜなら酵素ファスティングは、期間が短い場合でも一切食事をしないダイエット法なので、普段の生活から急にファスティングをしてしまうと後が辛くなってしまいます。

よって、これからは酵素ファスティングの前後はどのようなポイントに気を付けるべきかを説明していきたいと思います。

準備期間

まず酵素ファスティングを行う前の3日前からは、普段の食事を減らして胃を少量の食事でも満足できるように慣れさせておくことが大切です。

目安としては普段の食事の6割程度の量にすると良いのですが、ひとによって食事の量が多すぎたりする場合があるので、そこも注意しておきましょう。

復食期間

酵素ファスティング期間が終わった後は、復食期間に入り、リセットされた胃を元に戻す大事な期間となっています。

まず上記でも説明していますが、ファスティング直後に脂質の多いお肉や消化の悪いものを食べてしまうと、リバウンドどころかお腹を壊してしまうことも少なくありません。

よって、復食期間はおかゆや味噌汁などのスープを飲んで、体を食事に慣れさせてあげましょう。

こうすることで後にひどい食欲が襲ってきたりすることもなく、自然と元の食生活に戻ることができますので、これらの期間に注意して酵素ファスティングを行ってあげることが重要です。

いかがでしたか?

酵素ファスティングは人気のダイエット法になっていますが、一歩間違えると失敗をしてしまう可能性があるので、これまで説明したことを参考に、成功できる酵素ファスティングにしていきましょう。