日本では今ダイエットと言うと、なんと言っても「酵素」ですよね。
酵素商品もたくさん出てきましたし、実際にためしている方も身近にたくさん見かけるようになりました。
この酵素ドリンクですが、酵素が必要となった理由を知っていますか。

酵素が話題になった背景

本来酵素は、普段の食事から取ることができます。
日本では生野菜のほかにも、発酵食品などからたくさん取れます。
お味噌、醤油、納豆などがその代表になります。
しかし、近年はファーストフードなどが生活の身近な存在になり、
食生活が大きく変わってきてしまいました。
食生活が欧米化してきてしまっているのです。
その為普段の食事から、必要な分の酵素をとることができなくなったのです。

酵素は人が生きていくためには必要不可欠なものですから
不足すればもちろん様々な弊害が出てきてしまいます。
あなたの身近な悩みの酵素不足が原因なのかもしれないのです。

では日本の食の欧米化に大きく影響を及ぼしているアメリカでは「酵素」はどのように考えられているのでしょうか。

アメリカはサプリメント大国

実はアメリカは「サプリメント大国」なのを知っていますか。
多種多様なサプリメントが出ていて、それを毎日の生活の中で当たり前のように取るようです。
そして「酵素」に関しては、有名な健康・ダイエット商品としてとても有名です。
酵素って何??なんて聞く人なんかいないくらいの知名度があるようです。
特に80~90年代に酵素をサプリメントで取り、ダイエットをするというのが流行していました。
その中でも健康意識が高く、ダイエットに積極的な富裕層で人気があったようです。
体を最初の健康的な状態に戻すという意味でファスティングに使われることが多かったようです。
意外な使用例としては、病院でのがん治療に取り入れているところもあるようです。

日本の伝統技術が作る高品質の酵素

日本では最近になり酵素の知名度も上がりましたが日本の酵素ドリンクはとても優秀なのです。
なぜなら、日本酒に始まる、日本の醸造技術は他国に負けることのない、日本の宝です。
この醸造技術を上手く利用して酵素ドリンクが作られています。
温度や湿度など様々な要因で、熟成と発酵が左右される難しい工程を経て酵素ドリンクを作ることができるのです。

日本だけにとどまらず、大国アメリカでも当たり前のように飲まれている酵素。
酵素を使ったことのある方も、今から使おうと悩んでいる方も酵素の力を是非体感してください。
あなたの体に起きるその変化に驚くはずです。