酵素の1日の適正摂取量ってどれくらい??

最近、テレビや雑誌などで酵素が取り上げられているのをご存知ですか。
酵素はダイエットに効果的というイメージですが
実際は体の中から健康的になることができるとても大切なものなのです。

酵素の重要性を簡単に紹介

酵素は3000種類以上あり、人な体の中で様々な仕事をしています。
大きく分けると消化酵素と代謝酵素です。
消化酵素は、人が食べた物を分解、吸収します。
これには酵素の力が必要です。

代謝酵素は体の新陳代謝や免疫機能、ホルモンのバランスなどを司っています。
この酵素は加齢とともに減少傾向になります。
しかも、消化酵素から優先的に使われていく傾向にあります。
例えば、飲みすぎたり、食べ過ぎたりすると吹き出物が出たりしたことはありませんか。
それは飲んだり食べたりしたものを消化するために、消化酵素が多く使われてしまい、
代謝に使われる分の酵素が減ってしまうために起きるトラブルなのです。

しかも近年は食生活が大きく変わってきました。
酵素は火に弱いので火を通した食べ物には含まれていません。
生の野菜、果物、お刺身、生のお肉に含まれています。
そして日本でよくつかわれているお味噌、ヨーグルトなどの発酵食品にも含まれています。
しかしファーストフードなど食の欧米化により
今まで食事から取れていた酵素も、その量が減少してきてしまっているのです。
ですから今、酵素が必要だと騒がれているのですね。

ではこの酵素1日にどれくらいとれば良いのでしょうか。
体にいいものだから、多ければ多いほどいいのでしょうか。

1日に酵素をどれくらい取ればいいの?

この酵素ですが、どのくらい必要かは個人によって全く違うようです。
年齢だけでなく、今現在どれだけ不足しているかによって変わってくるようです。
そもそも酵素は薬ではないので規定量が決まっていません。
摂りすぎが心配されますが、マウスを使った実験で多量の酵素を与え続けてもマウスに大きな害が出なかったという結果が出ています。
ですから、人が飲みすぎたから健康に害が出るという事はないようです。

酵素を飲む量の決め方

では飲む量はどのように決めたらいいのでしょうか。
それは、健康の為に飲むのか、ダイエットの為に飲むのかなど、使用する目的によっても変わります。
しかも、酵素商品によっても変わるので、その商品で推奨されている摂取量を守るのが一番いいと思います。

あなたの疲れ、肥満、肌荒れなどはもしかしたら酵素不足が原因かもしれません。
酵素を適切に毎日の生活で取り入れていくことで、健康的な、理想のあなたを手に入れませんか。