漢方薬ダイエットは効果あり?漢方薬ダイエットのやり方、効果を検証します!

漢方薬がダイエットに効く?

漢方薬というと、東洋医学で使われている薬だと思います。苦そうで飲みにくそうなイメージもありませんか?漢方薬で痩せることができるとは、どういうことなのでしょう?西洋医学が一般的な私達には、薬は病気の時に飲むものです。ダイエットに使うのは、身体にとって良いのでしょうか?気になりますよね。漢方薬ダイエットについて調べました!

漢方薬ダイエットのやり方とは?

漢方薬とは?

漢方薬は、中国の伝統医学である「中医学」が5世紀ごろに日本に伝わったのが始まりと言われています。それから、日本人の体質や生活習慣に合わせて独自に発展して、日本の伝統医療となっています。

漢方薬は様々な植物や動物、鉱物など天然の素材を複数組み合わせて作られてます。効果がゆっくりと現れるイメージですが、風邪薬など、即効性のあるものもあります。病名に合わせて薬を選ぶのではなく、体質によって選ぶことが必要です。

西洋医学では、まずは出ている症状を軽くしたり、緩和させたりするために薬を使います。東洋医学では、その症状の原因を知り、根本を治すことを考えます。よって、体質を見て判断したり、長期的に薬を服用することになったりするのです。

漢方医学での肥満を見分ける

漢方では、肥満には、「固太りタイプ」と「水太りタイプ」があるとされています。漢方の概念である「虚・実」や「気・血・水」の状態から、どちらかを診断します。

固太りタイプ

筋肉質でがっちりして固い感じ。主に食事の摂り過ぎによって起こっていて、便秘やのぼせなどがある。

水太りタイプ

色白で、むくみや多汗が見られる。消化吸収されたものや余分な水分がうまく代謝されていない状態。胃腸が弱い。

それぞれに合ったタイプのものを使います。

漢方薬だけで痩せる?

漢方薬だけでは痩せることは難しくなります。食生活の見直しや適度な運動と組み合わせていくことが必要で、一般的なダイエットと同じことです。また、漢方薬を飲んでもすぐに急激に体重が減るわけではありません。気長に飲んでいくことが必要です。

また、漢方の診察では、お腹や舌、脈を診たりすることもあります。太っていることと関係ないように感じるかもしれませんが、いずれも薬を決めるための手がかりになるので大切なようです。

効果はどれくらいで出る?

一般的には、2週間から1ヶ月を目安にするようにします。継続することで効果が出てきますが、効果が出ない漢方薬を長く服用しても、意味がありません。

便通が良くなったり、むくみが減ってきたりという効果が感じられなければ、医師や薬剤師に相談してみると良いでしょう。

ダイエットに効果的な漢方薬とは?

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

固太りタイプで、食欲旺盛でお腹が出てしまっている人に良いようです。代謝する力はあるけれど、摂取カロリーの方が多くなってしまっている人に良いものです。

防風通聖散は過食や暴飲暴食による胃腸の熱を取り除いてくれます。お腹に溜まった便を排出することも有効なので、便秘改善につながります。

大柴胡湯(だいさいことう)

ストレスがあり、食に走ってしまう人におすすめです。人は長時間ストレスを感じると、イライラして食欲が刺激され、食べ過ぎを起こしてしまうことがあります。このタイプの人は、ストレスのせいで身体のあちこちに脂肪が付きやすくなってしまいます。

大柴胡湯は、ストレスなどによるエネルギーの停滞を改善して、身体の巡りを良くしてくれ、すっきりしてきます。

防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)

水太りタイプの人で、摂取した栄養をエネルギーに変える代謝機能が落ちている人に良いものです。代謝が悪いと、身体が疲れやすくなり、筋肉の力も弱くなっています。その結果、食べないのに太るという状態になってしまいます。

胃腸を元気にすることで、代謝機能を活発にします。水分代謝も良くなるので、むくみも少なくなります。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

手足の冷えや足のむくみが気になり、太っているというよりも、水分代謝が悪く身体が重く感じる人におすすめです。余分な水分がエネルギーの流れを妨げ、身体に栄養やエネルギーが行き渡らないため、冷え性も多くなります。

当帰芍薬散は、水分代謝が良くなり、身体が温まりやすくなります。また女性特有の、月経不順や更年期障害にも効果があり、女性に良く使われています。

漢方薬の飲み方とは?

食間っていつ?

食間とは、食事と食事の間、食後2~3時間と言われています。漢方薬には、他にも食前(食事の前の1時間から30分の間)に飲むこともあります。空腹時の服用がおすすめのようです。

飲みやすくする方法は?

漢方薬は苦い、臭いというイメージがあります。漢方薬によって、味も異なり、辛味のあるようなものもあれば、甘味のあるものもあります。身体が必要としている漢方薬は、比較的飲みやすく、体質にあっていない漢方薬は飲みにくくなると考えられているそうです。

飲みにくい場合は、生姜湯やゼリー、はちみつなどに混ぜて服用しても良いでしょう。最近は顆粒だけでなく、錠剤やフィルムコートしたものなども出てきています。

漢方薬の副作用はないの?

漢方薬は安全で副作用がないと思われている人も多いはずです。しかし、漢方薬も薬です。西洋薬と比べると、程度も軽く、頻度も少ない場合が多いですが、副作用が出る人もいます。確かに漢方薬は複数の生薬を組み合わせることで、効果は高めて、副作用は抑えられるように工夫がされています。

主な副作用としては、

  • 食欲不振
  • 発熱、発疹
  • むくみ
  • 動悸
  • 血圧が上がる

などがあげられます。体質に合わない物を飲んだら、薬は効かないですし、胃腸を痛めてしまうこともあります。おかしいと思ったら、すぐに医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

漢方薬はどこで買うのが良いの?

医療機関や薬局で購入する

漢方薬は医薬品なので、医療機関を通じる方法と、薬局で購入する方法があります。いずれの場合も、自分の体質などを医師や薬剤師に良く相談してから決めるのが良いのではないでしょうか?

最近では、インターネットで簡単に体質チェックもできるようになっていますが、直接診断してもらう方が、安心はできるのではないでしょうか?

価格はどれくらい?

病院で処方される場合は、保険適応のものを使いますので、価格は1ヶ月で3,000~5,000円で済む場合もあります。価格的に問題はないですが、選べる漢方薬の種類は限られてきます。

薬局やドラッグストアで売られているものは、1ヶ月で5,000円~10,000くらいになるようです。漢方薬局になると、高価なものもあるようです。自分が続けやすい漢方薬を処方してもらうのが良いでしょう。

漢方薬で太る原因を改善しよう!

漢方薬は長い歴史から生まれた、体質に合わせて、症状の根本を治していくという薬です。脂肪が溜まっていたり、むくみやすかったりという、太る原因から改善してくれます。

ただ、薬なので飲み方はきちんと守らなければならないですし、体質に合うものを選んでもらわなければいけません。自己判断で飲んでも、結局身体に合わず、結果も出ないということもあります。

すぐに急激に痩せるということはないですが、体質が改善するなどの身体の変化が見られ、脂肪やむくみが減るなど、ダイエット効果が出てくるようです。まずは自分の体質をしっかりと把握し、きちんと続けてみて下さい。

漢方薬ダイエットの関連記事

漢方薬ダイエットの関連記事はこちらです。

>漢方薬ダイエットと酵素ダイエットの比較

ベルタ酵素の体験談
酵素調査隊が今1番オススメする酵素ドリンク “ベルタ酵素の体験談
3日間で体重4キロ減、体脂肪2%ダウン
1週間の夜置き換えで1kg減量と肌の調子アップ

希望効果別に商品・記事を探す

ベルタ酵素の体験談

お役立ち情報

種類別で選ぶ

調査レポートのまとめ

動画コンテンツ

色々なダイエット方法

週間人気ランキング

ベルタ酵素ドリンク
ベルタ酵素ドリンク
週間アクセス数:63660pt up↑
こうじ酵素
こうじ酵素
週間アクセス数:48410pt up↑
ミネラル酵素グリーンスムージー
ミネラル酵素グリーンスムージー
週間アクセス数:32110pt dwon↓

集計期間:8月22日~8月28日

スムージーと酵素ダイエットの比較