ホットヨーグルトが痩せる?

ヨーグルトは乳酸菌がたくさん含まれていて、ダイエットにも健康にも良いということで、人気です。ヨーグルトを食べている人は多いのではないでしょうか?そこで、ホットヨーグルトというのを聞いたことがありますか?テレビや雑誌でダイエットに良いことで、話題を集めています。

ヨーグルトを温めて食べることで、痩せる効果に変化があるのでしょうか?乳酸菌が死んでしまいそうなイメージもありますが、大丈夫なのでしょうか?ホットヨーグルトダイエットについて調べました。

ホットヨーグルトダイエットの効果とは?

便秘解消

ヨーグルトには多くの乳酸菌が含まれています。乳酸菌を取り込むことで、腸内の善玉菌が増え、悪玉菌が減ることで、腸内の環境が整います。そうなることで、老廃物の排出が促され、便通が良くなります。

腸内の環境が改善され、便通が良くなると、ニキビや吹き出物などの肌トラブルも減るので、美肌効果も見られます。

身体を温める

ヨーグルトは冷たいものを食べるのが普通だと思っていましたよね。しかし、冷たいものを食べることで、胃腸が冷やされ、代謝が落ちてしまうこともあります。しかし、ホットヨーグルトだと、温かいので、胃腸の働きを活性化させることができます。

そうなることで、消化吸収機能が高まり、乳酸菌やカルシウムなどの栄養素もしっかりと身体に吸収させることができます。

また、内臓が温まることで、体温が上がり、血液循環が良くなります。そうなることで、代謝アップにつながります。

停滞期が起こりにくい

ダイエットでは、最初は体重の変化が分かりやすいですが、ある時期から、身体が慣れてしまうので、体重が減らない停滞期がやってきます。停滞期は、カルシウム不足でも引き起こされる場合は多いと言います。

ホットヨーグルトダイエットでは、カルシウムをしっかりと補うことができるので、停滞期を避けられ、効果が感じられないというストレスを感じにくくなります。

良質な睡眠がとれる

ヨーグルトにはトリプトファンが含まれています。トリプトファンは睡眠物質であるメラトニンを作り出します。よって、夜にホットヨーグルトを食べると、良質な睡眠をとることができます。

睡眠時には脂肪分解が活発に行われています。質の良い睡眠をとることが効果的なダイエットにつながります。

ホットヨーグルトダイエットのやり方、方法とは?

ホットヨーグルトの作り方とは?

ヨーグルトは冷蔵庫で冷やして食べるのが普通だと思っていましたよね。しかし、実は乳酸菌は30度後半から40度で、活発に働くと言われています。冷たいヨーグルトでは、乳酸菌の働きが鈍くなってしまっているのです。ヨーグルトの本場のブルガリアなどでは、熱を加えることが当たり前とのこと。

ホットヨーグルトは、レンジで温めるだけで、簡単に作ることができます。ヨーグルトは今はコンビニでもスーパーでもいろいろな種類のものが売られていますが、砂糖が入っていないプレーンのものを選びましょう。

作り方は、100gのプレーンヨーグルトと大さじ1杯の水を耐熱容器に入れて、ラップをかけずに電子レンジの500Wで40秒から1分加熱するだけです。温められたら、混ぜ合わせます。水は分離を防ぐために入れます。

ヨーグルトの酸味が苦手な人は、はちみつやオリゴ糖などを入れると良いでしょう。はちみつやオリゴ糖は、乳酸菌のエサになるので、効果を高めてくれます。

朝に食べる

ホットヨーグルトを朝食代わりに置き換えます。ホットヨーグルトは低カロリーですが、タンパク質やビタミン、カルシウムなどがしっかりと補えるので、栄養不足になりにくくなります。

他の2食は普通通りに食べても良いとされています。ただし、暴飲暴食をしてしまっては意味がありません。量を腹八分目にする、栄養バランスを考えるなど、気を付けることで、ダイエット効果は高まります。

夜に食べる

ホットヨーグルトは夜に食べるのが良いとも言われています。それは、寝ている間にヨーグルトに含まれているカルシウムが、身体の脂肪と結びついて、排出しやすくなるからです。この作用は睡眠中に効果が最も発揮され、睡眠中でなければ起きないと言われています。

ホットヨーグルトを夜に食べる場合は、できる限り夕食替わりにすることで効果が高くなります。それが難しい場合は、極力夕食を少なくして、食後にホットヨーグルトを食べるようにします。

ホットヨーグルトのおすすめレシピ

はちみつりんごホットヨーグルト

材料

  • りんご 1/2個
  • はちみつ 大さじ1杯
  • 水 200cc
  • プレーンヨーグルト 100g

作り方

  1. りんごをいちょう切りなど、食べやすい大きさに切ります。
  2. 小鍋にヨーグルト意外の材料を入れて、15分くらい弱火で煮込みます。
  3. りんごの香りがしてきたら、ヨーグルトを加えて、弱火で5分くらい煮て出来上がり。

水が多めなので、食べるというよりも、ドリンクタイプです。りんごにはビタミンや食物繊維も含まれているので、ダイエットにも良く、さわやかに美味しく食べられます。

ハニージンジャーホットヨーグルト

材料

  • はちみつ 大さじ1杯
  • しょうが 1/2片
  • プレーンヨーグルト 100g

作り方

  1. ヨーグルトにはちみつを混ぜて、電子レンジで600W30秒加熱します。
  2. しょうがをすりおろします。
  3. できたホットヨーグルトに生姜を混ぜ合わせて出来上がり。

しょうがを一緒にレンジで温めてしまうと、風味が飛んでしまうので、温めたヨーグルトに加えます。しょうがによって、身体がさらに温まります。冷え症の人にもおすすめです。

ホットヨーグルトのアレンジ方法

飽きずにホットヨーグルトを続けるためには、味の変化を付けることがおすすめです。ポリフェノールが含まれているココア、イソフラボンが豊富なきな粉を振りかけるだけでも変化があります。

また、朝食に食べる時には、フルーツやシリアルを加えれば、ビタミンや食物繊維も摂れますし、食べ応えがあるので良いでしょう。

ホットヨーグルトダイエットの注意点とは?

温めすぎに注意

ホットヨーグルトで気を付けることは、温めすぎないこと。大切な乳酸菌が加熱しすぎると死んでしまいます。目安の温度は約65度と言われています。これ以上加熱しては効果が少なくなってしまいます。

食べやすい温度は40~42度くらいなので、電子レンジで温める時には、最初は様子を見ながら、短めの時間を設定すると良いのではないでしょうか?

食べ過ぎ注意

1食の目安は120~150gにするようにしましょう。食べ過ぎてしまうと、お腹を壊してしまうこともあります。また、ヨーグルトはタンパク質や脂質が多いため、食べ過ぎると消化されずに腸内に逆にたまってしまうことがあります。カロリーオーバーにもなってしまい、ダイエット効果がなくなってしまいます。

乳酸菌の種類を変えてみる

ヨーグルトに含まれている乳酸菌には、いろいろな種類があります。人によって相性が良いものが違ってきます。よって、1種類のヨーグルトを試してみて効果が分かりにくい場合は、他のものに変えてみるもの良いでしょう。

すぐに効果が分かるものではないので、少なくても1週間くらいは続けてみましょう。また、1種類の乳酸菌を摂るよりも、複数の種類を摂った方が、腸内の善玉菌を増やしやすいということも言われています。よって、自分の体調を見ながら、いろいろなヨーグルトでホットヨーグルトダイエットを試して、継続してみましょう。

ホットヨーグルトの口コミとは?

良い口コミとは?

  • 身体が温まりやすくなった。
  • お腹の調子が良くなって、便秘が治った。
  • 体重が減って、代謝が良くなった。

便通が良くなって、体重が減ったという感想も多く見られます。ホットヨーグルトによって、身体が温まりやすくなり、代謝もアップしやすくなり、ダイエット効果が期待できます。

悪い口コミとは?

  • お腹が空いて続けられなかった。
  • 効果が分からない。
  • 逆に太った気がする。

ホットヨーグルトダイエットは、朝食や夕食を置き換えることが効果が高いので、空腹のストレスで続けられないということもあります。そういった場合は、フルーツやシリアルを加えるなどの工夫をすると良いでしょう。

また、継続することで効果が現れるので、すぐに止めてしまうと効果が分からないこともあります。そして、ホットヨーグルト以外の食事をたくさん食べ過ぎてしまうと、太ってしまうこともあるので、食生活の改善もするようにしましょう。

ホットヨーグルトダイエットですっきり痩せましょう

ホットヨーグルトダイエットは、腸内の環境を整えて便通を良くしたり、停滞期を防いで痩せられたりと、ダイエット効果が高いものとなります。ヨーグルトは冷たいものを食べることが多かった人も、温かいホットヨーグルトに変えることで、内臓を温め代謝を高めることもできます。

作り方は簡単ですが、温めすぎると乳酸菌が働かなくなる場合があるので注意が必要です。毎日継続して食べることで、腸内環境が改善され、代謝もアップして、痩せやすい状態になります。そして、毎日の摂取カロリーが減ることで、体重も落ちていくでしょう。冷え性の人には特に温かいホットヨーグルトは効果的です。

ホットヨーグルトダイエットで、停滞期も乗り越えて、すっきりとした身体を目指せそうです。