二日酔いに効くツボがあるの?

誰でも社会人であればついつい飲み過ぎてしまい、次の日二日酔いで辛いなどの経験をしたことがあるかと思います。

しかしこの辛い二日酔いの症状は、さまざまなものがあることはご存知でしょうか。

また、その症状が起こる原因はひとつではありません。

よって二日酔いの症状が起こる原因を把握し、原因に合わせた対策をすることがポイントです。

そんな厄介な二日酔いですが、原因ごとに分かれている二日酔いに効くツボがあるので、それを知っておくのも良いでしょう。

しかし中には頭痛や吐き気などの二日酔いの症状がなかなか治らないという人もいますが早く二日酔いを解消するためにも、二日酔いになる原因や対処法を身に付けておくことがベストです。

特に仕事の付き合いでお酒を飲む機会の多い人やお酒を飲むのが好きな人は、二日酔いになることも多いかと思いますが、今回は自宅でお金をかけずに行える二日酔いに効くツボをご紹介致しますので、いつも二日酔いに悩まされることの多い人は是非参考にしてみて下さい。

二日酔いの症状とその原因

二日酔いの症状や原因はさまざまなものがありますが、二日酔いに効くツボを知る前に、まずは自分がなんで普段二日酔いになっているかを、しっかりと把握しておきましょう。

頭痛

アルコールを摂取すると、血液から肝臓に送られて分解する作用が働くため、血中のアルコールによって血管が拡張されることから、頭痛が起こります。

他にもアルコールの利尿作用で脱水症状になると、脳髄液減少してしまい頭痛が起こることもあるので、二日酔いでひどい頭痛がある方は水分補給が間に合ってないのかもしれません。

胸やけ

二日酔いで胸やけや胃痛などの症状が起こるのは、アルコールの過剰摂取が原因です。

そしてアルコールは胃粘膜を刺激し、胃酸の分泌が促進するので、飲み過ぎによる胸やけには十分に注意しておきましょう

吐き気

吐き気はアルコールが分解されるときに発生する、アセトアルデヒドが関係していることがあります。

このアセトアルデヒドは毒性が強いため、体内に残ってしまうと吐き気が起こってしまうのです。

またアルコールの過剰摂取によって、胃の働きは低下し、食べた物などが十分に消化できなくなるために、吐き気が起こる場合もあります。

二日酔いに効くツボとは

二日酔いを解消するには、バランスの良い食事やサプリメントも有効ですが、手軽に行えるも二日酔いのツボを刺激するのもおすすめです。

よって少しでも二日酔いの症状を良くするために、二日酔いに効くツボを押してみましょう。

また二日酔いの症状に合わせてツボを押してあげると、より効果的なので是非こちらを参考にしてみて下さいね。

内関

内関は手首を上に向けた状態で握り、そのときに浮き出た2本の腱の真ん中部分にあります。

この二日酔いに効くツボは症状に関係なく飲み過ぎた日などに、内関を押して刺激してあげると良いでしょう。

百会

こちらは、頭頂部の真ん中にある二日酔いに効くツボで、両耳と身体の中心部分が百会となっています。

特に飲み過ぎて頭痛があるときには、百会を刺激するのが効果的です。

三陰交

三陰交は足の内くるぶしから、指3本分上に上がったところにある二日酔いに効くツボです。

そして吐き気や胃腸の症状に効果があると言われており、吐き気で辛い際には押してみると良いでしょう。

太衝

太衝は足の親指と人差し指をお足首の方に向けたときの、V字の部分にある二日酔いに効くツボとなっています。

この太衝は肝臓に関係しており、飲み過ぎによって疲れた肝臓にも効果があります。

二日酔いをそのままにするのは危険?

アルコールは肝臓で分解されますが、過剰摂取してしまうと有害なアセトアルデヒドが体内に残りやすくなるのが特徴です。

そのため吐き気、動機、頭痛を引き起こすのですが、このアルコールを分解するための酵素の量は遺伝によって決まっており、日本人は全体的に酵素の活性が弱いので二日酔いになりやすいと言われています。

その他にも日頃のストレスが肝臓の負担となり、肝臓の機能が弱まってしまうことで二日酔いになりやすくなります。

そんな厄介な二日酔いですがそのままにしていると、肝臓の機能が低下してしまいます。

肝臓は人間が生きていく上で必要な栄養を化学処理する大切な臓器ですので、負担をかけないためにもアルコールを過剰摂取しないようにし、飲む場合は二日酔いに効くツボを習慣的に刺激し、気を付けることが大切です。

二日酔いになるほどのアルコールの摂取を続けていると、肝臓がアルコールの分解処理に追われてしまい、その他のエネルギーや脂肪などの代謝が正常に行うことができなくなってしまいます。

よって消化機能や疲労回復能力が低下してしまうだけでなく、肝疾患などの病気に繋がってしまうので十分に注意しておきましょう。

まとめ

アルコールの過剰摂取は、二日酔いだけではなく病気になるリスクもあります。

よって、楽しい飲み会などでもついつい飲み過ぎてしまわないように意識しておくことも大切です。

しかし仕事の付き合いで飲む機会もあるかと思いますので、二日酔いになった際には二日酔いに効くツボを刺激し、二日酔いを少しでも早く解消することをおすすめします。

また二日酔いに効くツボはたくさんありますので、自分の症状にあったものを見つけ試してみてはいかがでしょうか。