ウコンの驚きの効果・効能!栄養・成分に効果の秘密があった

ウコン入りのドリンクを良く見かけるようになりました。お酒を飲む前に飲むと良いということで、飲み会前などには、欠かせないという人もいるかもしれません。黄色いウコン、他にも効果があるようですよ。ウコンの秘密についてご紹介します。

ウコンとは?どんな植物なの?

ウコンはショウガ科の多年草です。英語名では「ターメリック」で黄色いスパイスとしては有名です。一緒のものと知らない人もいるかもしれませんね。

ウコンには秋ウコン、春ウコン、紫ウコンがありますが、含有される成分や健康効果が全く違っています。一般的なウコンは秋ウコンのことを言います。

原産地はインドで料理やアーユルベーダなどで使用されていました。根茎に含まれるクルクミンは黄色の染料としても使われていました。日本でも平安時代には、琉球に伝わり、健康食品として親しまれてきました。

ウコンの驚くべき6個の効果・効能

ウコンと言えば、二日酔いに効くものと思ってしまいます。しかし、それ以外にもたくさんの効果があるのをご存じですか?ウコンの効果効能を知れば、よりウコンドリンクのありがたみを感じるかもしれませんよ。

1.肝機能強化

ウコンの有効成分であるクルクミンは肝機能を強化させ、胆汁の分泌を促進する働きがあります。よって、二日酔いの原因になるアセトアルデヒドの分解を促進して、次の日の頭痛や吐き気を予防してくれます。

2.美肌効果

ウコンのクルクミンは、抗酸化作用があります。肌の老化の原因になっている活性酸素を除去することで、しわやたるみの予防、改善ができ、アンチエイジングにもなります。

3.ダイエット効果

クルクミンによって、胆汁の分泌が活発になると、体内のコレステロールが低下し、中性脂肪を減らすことができます。また、脂肪細胞の増加を抑制し、脂肪が増えるのを防ぐ働きもあります。

抗酸化作用によって、活性酸素が除去されることで、体内の代謝も上がりやすくなり摂取カロリーの消費を促すこともできます。

4.生活習慣病予防

クルクミンは悪玉コレステロールを低下させ、血管へのコレステロールの蓄積を抑制することができます。また、血流を良くして血液をサラサラにする効果もあるので、動脈硬化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病の予防につながります。

また、ウコンに含まれる、タルメリンには血糖値の上昇を防ぐ働きも見られ、糖尿病の予防にも期待が持てます。

5.消化機能アップ

胃腸の機能が低下すると、胸やけや吐き気、食欲不振などになります。暴飲暴食や過労、ストレスなどの原因が考えられます。

ウコンには、胃液の分泌の促進や胃粘膜を保護するなどの、胃の働きを活発にする働きがあります。消化機能を上げて、消化不良による不調を改善することができます。

6.認知症予防

インドでは70~80歳代のアルツハイマー型認知症の発症頻度がアメリカの1/4と低いという報告があります。それはインドではカレーを常食しているからだと考えられます。カレーにはたくさんのスパイスが含まれていますが、その中で、ウコンが注目されています。

クルクミンは、認知症の原因になるβ-アミロイドというタンパク質の凝集を分解する働きがあると言われています。

ウコンの栄養素・成分

クルクミン

ポリフェノールの一種で、黄色の色素成分です。ウコンドリンクなどで、良く聞くクルクミンは代表成分です。肝臓の解毒機能を強化したり、胆汁の分泌を促進したりする作用があります。

その他にも強い抗酸化作用があるので、コレステロールを低下させる効果も期待されています。

ビサクロン

この成分もウコン商品には良く記載されていますよね。二日酔い改善、アルコールによる肝障害の抑制効果があると言われています。

カリウム

カリウムは身体の水分の調節をしてくれます。余分な水分を排出してくれるので、むくみの予防、改善になります。お酒を飲むと、次の日にむくみやすくなるので、むくみ防止という点でも、ウコンは役立ちそうです。

食物繊維

食物繊維によって、腸内の環境を改善され、便通が良くなります。老廃物が外に出やすくなるため、ダイエット効果にもつながります。

ウコンはどうやって摂るの?

ウコンドリンク

そのまま飲めるウコン飲料は手軽です。最近はドラッグストアやコンビニでも購入できるので、急な飲み会があってもすぐに飲むことができます。ドリンクタイプは即効性があります。

ただし、清涼飲料水という扱いになっているので、有効成分のクルクミンの含有量が少ないものもあります。また糖分が多いものも多いので、毎日飲むには向かないかもしれません。

サプリメント

持ち運びができて、いつでも飲めるので便利なのはサプリメントでしょう。毎日摂取したい場合も継続しやすいですね。ドリンクタイプよりも、体内での吸収には時間がかかるかもしれませんが、クルクミンの含有量が多いものが多くあります。含有量を確認して購入すると良いでしょう。

ウコン茶

ウコンの有効成分を煮だして飲めるお茶は健康や美容のために効果的です。ノンカフェインなので、子供でも安心して飲めます。

料理のスパイスに

日常の料理の中にも、スパイスであるターメリックパウダーを使うことができます。カレー料理にも、いつもの市販のルーに混ぜるだけでも簡単にウコンを摂取できます。また、ターメリックライスも簡単に作れます。

ウコンの摂取の仕方とは?

二日酔防止のためには

「お酒を飲む前にウコン」と言われますが、一番効果を出すためには、お酒を飲む30分~1時間前くらいに服用するのが良いと言われています。二日酔を防ぐためには、肝機能を上げておく必要があるので、クルクミンを前もって摂取して準備をしておくのが良いのです。

肝臓が疲れている時

お酒を飲んだ後にウコンを飲んでも、効果があります。それは、ウコンを飲むことで、肝臓の回復を早めてくれるのです。お酒を飲む機会が多い時、疲れがたまっている時など、肝臓が疲れている時は、ウコンドリンクをその時に飲みましょう。

ウコンの摂取量の目安は?

ウコンの摂取量の目安は、1日に2~3g程度です。お茶では4.5~9g程です。ウコンの健康効果は短期間ではあまり期待できないので、最低でも2~3ヶ月くらいは継続することが大切です。

相乗効果を得る

クルクミンの強い抗酸化力を高めるには、イースト菌や乳酸菌と一緒にとると相乗効果が期待できます。例えば、カレーを食べる時に、ナンやラッシーを飲むのは、昔からの知恵なのですね。

また、クルクミンは水に溶けにくいので、体内の吸収率が悪いと言われています。しかし、豆や黒コショウなどと一緒にとると吸収率がアップすると言われています。クルクミンは脂溶性なので、オリーブオイルなどの油分と摂るのも良いようです。

ウコンの注意点とは?

ウコンは生薬に使われているので、身体に良い作用をすることが多いのですが、過剰に摂取すると下痢や腹痛を起こしてしまいます。

また、ウコンは肝機能を強化する働きがありますが、多く摂ってしまうと、肝臓に負担をかけてしまいます。肝臓が弱っている人はかえって肝機能を下げてしまう危険性があります。

  • 内臓に何らかの疾患がある人
  • 胆石を患っている人
  • 糖尿病の治療中の人
  • 妊娠中の人

などはウコンの摂取を控えましょう。

ウコンは二日酔予防だけでなかった!

お酒をあまり飲まない人にとっては、ウコンは必要を感じないものだったかもしれません。しかし、ウコンは、生活習慣病予防やダイエット、美肌効果と、様々な効果があり、認知症にも良いと言われています。

健康効果を感じるためには、継続してウコンを摂取することが大切なようです。お茶やサプリメントなど、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。料理にもターメリックを使うなどしてみると良いですね。

二日酔い予防に良いからといって、ウコンがあれば大丈夫というわけではありません。やはり、飲み過ぎには注意して、ウコンの健康効果を感じられるように、上手に取り入れていきましょう。

ベルタ酵素の体験談
酵素調査隊が今1番オススメする酵素ドリンク “ベルタ酵素の体験談
3日間で体重4キロ減、体脂肪2%ダウン
1週間の夜置き換えで1kg減量と肌の調子アップ

希望効果別に商品・記事を探す

ベルタ酵素の体験談

お役立ち情報

種類別で選ぶ

調査レポートのまとめ

動画コンテンツ

色々なダイエット方法

週間人気ランキング

ベルタ酵素ドリンク
ベルタ酵素ドリンク
週間アクセス数:63660pt up↑
こうじ酵素
こうじ酵素
週間アクセス数:48410pt up↑
ミネラル酵素グリーンスムージー
ミネラル酵素グリーンスムージー
週間アクセス数:32110pt dwon↓

集計期間:8月22日~8月28日

スムージーと酵素ダイエットの比較