たんぽぽの驚きの効果・効能!栄養・成分に効果の秘密があった

たんぽぽと聞けば、春に見る黄色いかわいい花を思い浮かべますよね。たんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーなど、女性に嬉しい効果がるということで、人気になっています。たんぽぽを身体に取り入れることで、どのようになるのでしょうか?たんぽぽについてご紹介していきます。

たんぽぽとは?どんな植物なの?

たんぽぽとは?

たんぽぽは根が蒲公英根(ぼこうえいこん)と呼ばれ、古くから中国では漢方薬としても使われていました。日本には、約20種類のたんぽぽが存在し、外来種である西洋たんぽぽが全国に自生しています。日本では、薬用や食用にもなり、江戸時代には葉や根をおひたしや和え物などにして食べることもあったようです。

西洋たんぽぽは、花びらや葉、茎、根と全てに豊富な栄養素が含まれています。英語名ではダンデライオンと言われます。繁殖力が高く、世界中で自生、栽培されています。

たんぽぽの根とは?

たんぽぽの根はゴボウのように、太く地中に伸びています。水洗いして乾燥させたものを生薬として利用されていました。

たんぽぽ茶、たんぽぽコーヒーは、たんぽぽの根をコーヒー豆のようにローストして作っている、ハーブティーの一種です。コーヒーの代わりになるということで、ヨーロッパでは古くから愛用されていました。

たんぽぽの驚くべき5個の効果・効能

たんぽぽを身体に取り入れることに、なじみがない人も多いと思います。しかし、道端で見かけるたんぽぽには、まだあなたの知らない身体にとって良い効果効能がありますよ。ご紹介していきます。

1. 母乳を増やす

たんぽぽコーヒーは、母乳の出を良くする、母乳の質を良くするということで有名になっています。妊娠中の人、授乳中の人の中では特に注目されています。たんぽぽの根に含まれているタラキサシンという成分によって、代謝を良くすること、血液を浄化する作用があることで、良い母乳をたくさん作れるようになるようです。

また、母乳の分泌過多や乳腺炎予防にも効果があるので、母乳に関する悩みをいろいろと改善してくれそうです。

2.ホルモンバランスを整える

たんぽぽは女性ホルモンであるエストロゲンに作用します。エストロゲンのように働くわけではなく、エストロゲンの活性を強める作用があります。生理不順の改善、生理痛などの生理前症状の軽減などに効果があります。

女性は排卵しやすくなり、子宮内膜の質を良くして、不妊症改善にもつながることで注目もされています。女性だけでなく、男性の精子を活性化させることができるので、不妊治療中の夫婦にとって、一緒にたんぽぽを取り入れると良いでしょう。

3. ダイエット効果

たんぽぽには血液循環を良くする効果があるので、新陳代謝が高まり、痩せやすい状態になります。また、たんぽぽには、消化を促進して、排便をスムーズにする作用があり便秘改善に効果があります。

便秘が改善されること、利尿作用があることなど、身体のいらない老廃物や毒素を体外に排出しやすくなることで、脂肪も付きにくくなり、ダイエットにつながります。

4.冷え、むくみの改善

女性は冷えに悩んでいる人は多いと思います。たんぽぽには、血液循環を促進する作用があります。よって、毛細血管に血液が行き届き、冷え性の改善になります。

たんぽぽの根には、イソクエルシトルリンには利尿作用や解毒作用があることで、水分代謝を活発にしてむくみの改善になります。利尿作用があることで、腎臓の負担が軽くなり、腎機能の改善も見られるようです。

利尿作用があることでむくみだけでなく、眼球をみたしている房水にたまった水を排出する作用もあります。そうすることで、視神経の働きを促進し、緑内障や白内障の改善にもなると言われています。

5.生活習慣病予防

血中のコレステロールや中性脂肪を低下させる作用があるため、血液がサラサラになり、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などの生活習慣病の予防になります。また、血液循環が良くなり、高血圧も改善されます。その他にもがんの抑制作用もあると言われています。

たんぽぽにはイヌリンという多糖体も含まれています。イヌリンは糖質の吸収を遅らせて、血糖値の上昇を抑えることで、糖尿病の予防や改善にもなります。

たんぽぽの栄養素・成分

タラキサシン

たんぽぽの根を切ると、乳白色の汁が出てきます。この中に苦み成分であるタラキサシンが含まれています。母乳の分泌の促進をしてくれます。

イソクエルシトルリン

フラボノイドの一種です。フラボノイドは苦みの成分であり、強い抗酸化力を持っています。肝機能を高める作用や、利尿作用があります。

イヌリン

イヌリンは多糖体の一種です。イヌリンは糖の吸収を抑え、血糖値の上昇を抑える働きがあります。他にも、善玉菌を増やし、腸内の環境を整える作用もあります。

コリン

コリンはアミノアルコールの一種です。コリンは神経細胞の成分でもあるので、記憶力や脳の様々な機能を維持するために必要です。よって、認知症予防にも期待が持てます。また、動脈硬化や肝硬変を防いでくれます。

ビタミン

ビタミンB群、ビタミンCなど、身体の健康の維持に欠かせないビタミン類が豊富に含まれています。

ミネラル

鉄分やカリウムなどのミネラルが豊富に含まれています。カリウムには体内の塩分濃度を調節する働きがあるので、むくみ改善にも役立ちます。ミネラル類は食事から不足しやすい栄養素になりますが、健康維持には必要なものです。

たんぽぽの取り入れ方とは?

たんぽぽ茶、たんぽぽコーヒー

たんぽぽ茶とたんぽぽコーヒーは同じものとして扱われることもありますが、たんぽぽ茶はたんぽぽの根を中心に、他のお茶などをブレンドしているものが多いようです。一方、たんぽぽコーヒーはたんぽぽの根を焙煎、あらびきして作られています。

たんぽぽコーヒーはコーヒーとは違って、ノンカフェインなので、妊娠中、授乳中の人でも安心して飲むことができます。コーヒーに近い味ですが、苦みはコーヒーよりも少なくほんのりと甘く、香ばしい香りがします。

たんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーは粉末で直接溶かすものや、ティーパックのものがあります。薬ではないので、決められた量はありませんが、たくさん一気に飲むよりも、1日1~3杯を毎日飲むことが良いようです。

食べる

日本では、たんぽぽは雑草としてのイメージが強く、食用としてはあまり使われていません。飾りとしてたんぽぽの花が添えられているくらいです。

しかし、欧米では栄養価の高い優秀なハーブとしてたんぽぽを食べる習慣があります。苦みが強いですが、水にさらしてアクを抜く、揚げたり炒めたりと料理する、などで美味しく食べられるようです。

たんぽぽの注意点とは?

たんぽぽ茶は妊娠中の人にも良いとのことですが、副作用が気になりますよね。たんぽぽには基本的には副作用はありません。そして、たんぽぽ茶にはカフェインも含まれていないので、安心して飲むことができます。

気になることといえば、利尿作用があるので、トイレに行く回数が増えてしまうかもしれません。気になる場合は、夜寝る前、外出前に飲むのを控えるようにするなどしましょう。

あとは、血圧を下げる作用があるので、飲み過ぎには注意が必要です。もともと低血圧の人は、さらに血圧が下がってしまう可能性があります。しかし、飲み過ぎなければ特に問題はないでしょう。

たんぽぽで健康になろう

たんぽぽは黄色い小さな花なだけでなく、健康に必要な栄養素をたくさん含んでいる植物のようです。質の良い母乳を出すこと、女性ホルモンを整える、不妊治療に役立つなど、特に女性にはとてもうれしい効果が期待できそうです。

たんぽぽは日本では、食べることはあまり一般的ではありませんが、たんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーで美味しく簡単に摂ることができそうです。カフェインも含まれていないので、刺激も少なく、子供でも安心して飲めます。たんぽぽで代謝の良い、すっきりと健康な身体になりましょう。

ベルタ酵素の体験談
酵素調査隊が今1番オススメする酵素ドリンク “ベルタ酵素の体験談
3日間で体重4キロ減、体脂肪2%ダウン
1週間の夜置き換えで1kg減量と肌の調子アップ

希望効果別に商品・記事を探す

ベルタ酵素の体験談

お役立ち情報

種類別で選ぶ

調査レポートのまとめ

動画コンテンツ

色々なダイエット方法

週間人気ランキング

ベルタ酵素ドリンク
ベルタ酵素ドリンク
週間アクセス数:63660pt up↑
こうじ酵素
こうじ酵素
週間アクセス数:48410pt up↑
ミネラル酵素グリーンスムージー
ミネラル酵素グリーンスムージー
週間アクセス数:32110pt dwon↓

集計期間:8月22日~8月28日

スムージーと酵素ダイエットの比較