緑茶の驚きの効果・効能!栄養・成分に効果の秘密があった

日本人にはなじみの深い緑茶。食事の時には欠かせないという人も多いのではないでしょうか?緑茶はペットボトルでも売られているので、身近なものですよね。その緑茶にはいろいろな効果が発見されているようなのです。緑茶についてもっと知っていただきたいと思います。

緑茶とは?どんなものなの?

日本茶と言われているものは、煎茶、ほうじ茶、抹茶などいろいろな種類がありますよね。日本で生産されているお茶はほとんどが緑茶です。緑茶は、栽培方法、摘み取り時期、製造工程などの違いになって、違う種類のお茶になるのです。

普段もっとも飲まれている緑茶が蒸し製法で作られている「煎茶」です。日本では、北は秋田から南は沖縄まで、様々なところでお茶の栽培はされています。有名な産地としては、静岡県、鹿児島県、三重県などがあります。

ペットボトル入りのいろいろな種類の緑茶が販売されることで、簡単に美味しく飲めるようになり、さらになじみやすく、飲みやすいものになりました。

緑茶の驚くべき個の効果・効能

「朝茶はその日の難逃れ」という、ことわざがあるように緑茶によって、体調や精神状態を左右するものと、昔から知られていたようです。知らなかった緑茶のパワーがあるのでは?緑茶の効果効能を説明します。

1. 抗菌、殺菌効果

緑茶のカテキンには、コレラ菌、赤痢菌、肺炎マイコプラズマ、食中毒を起こす腸炎ビブリオ、サルモネラ、水虫の原因になる白癬菌など、様々な菌に抗菌、殺菌効果を現わしてくれます。昔から食中毒予防には欠かせないと言われてきました。さらに、細菌が出す毒素を解毒する働きもあるのです。

病原菌だけでなく、インフルエンザやロタなどのウイルスへの抗ウイルス効果もあります。現在は、胃潰瘍や胃がんの原因になるピロリ菌やエイズウイルスに対する効果まで、研究が進められています。

また、フッ素が緑茶には含まれています。フッ素は歯を強くして、虫歯になりにくくする働きがあります。そして、タンニンの殺菌作用によっても虫歯になりにくくなります。

2.ダイエット効果

カテキンは食事のコレステロールの吸収を抑えて、血中の悪玉コレステロールを低下させ、体脂肪を減らす効果が知られています。

また、カフェインが含まれているので、運動の前に飲むと、筋肉中の脂肪を効率良くエネルギーに利用する働きをするので、脂肪燃焼効果が高まります。

3. 生活習慣病予防

緑茶には、血管を柔らかくする効果があるので、血管が詰まることで起こる、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などの病気を防ぐことができます。また、血糖値を下げる作用もあり、糖尿病予防、肥満予防にもなります。

そして、緑茶に含まれているカテキンが細胞のがん化を抑え、発がん性物質の作用を抑制することとも言われています。がんの予防にも期待が持てるのです。

2015年には緑茶の飲む習慣が死亡のリスクを減らし、長寿につながるという報告が国立がんセンターから発表もされ、話題となりました。

4.免疫力向上

緑茶に含まれるカテキンは、腸内の悪玉菌に対しても強い殺菌効果があります。しかし、善玉菌は逆に増殖させる作用があるのです。よって、腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌が増えることで、腸内の環境が整います。

私達の免疫機能に関わる免疫細胞の約7割が腸内に存在していると言われています。よって、免疫力が向上して、風邪などの病気になりにくくなります。

また、緑茶でうがいをすることで、菌やウイルスを殺菌し、のどの粘膜を保護することで、風邪などの感染症予防をすることができます。

5.認知症予防

アルツハイマー型認知症は、脳内にアミロイドベータというタンパク質が蓄積し、脳が収縮することで引き起こされると言われています。緑茶に含まれるカテキンは、抗酸化作用があります。

よって、アミロイドベータの蓄積を抑制することができ、脳の神経を保護することができ、認知症予防につながると期待されています。緑茶を毎日飲むと、認知症リスクが約68%低下するという研究報告もあるようです。

緑茶の栄養素・成分

カテキン

緑茶にカテキンが含まれているというのは、良く知られるようになりました。カテキンは、緑茶の渋みの成分で、ポリフェノールの一つです。

強い抗酸化作用があることで、活性酸素を除去することで身体の様々な不調に効果が見られます。

カフェイン

コーヒーに含まれているというイメージが多いカフェインですが、緑茶にも多く含まれています。良く知られている作用は、覚醒作用、利尿作用です。また、偏頭痛の時には、カフェインによって血管が収縮されるので、傷みが緩和することがあります。

テアニン

テアニンはアミノ酸の一つで、緑茶の旨みの成分です。緑茶に含まれているアミノ酸の半分以上がテアニンです。テアニンによって、リラックス効果が高まり、ストレスの緩和になると言われています。睡眠の改善も期待できるようです。

サポニン

サポニンは強い苦みとえぐみを持った成分です。抹茶などで見られるように、泡出つ特徴があります。抗菌や抗ウイルス作用、抗酸化作用があります。

ビタミン

緑茶には、美容にも健康にも必要なビタミン類が多くふくまれています。ビタミンCは熱に弱いと言われていますが、緑茶の場合は熱に強く、温かくてもビタミンCを摂取することができます。

ビタミンB2、ビタミンE、葉酸なども含まれ、代謝を上げることで身体の健康を維持してくれます。

ミネラル

カリウムやカルシウム、リン、マンガンなどのミネラルも少ないですが、含まれています。ミネラルは、身体の組織を作るのには、欠かせません。

緑茶はどのように飲めば良いの?

緑茶の入れ方は実はとても簡単です。しかし、適当にやってしまうと、味が雑になってしまうこともあります。

  1. 1、70~80度ほどに温めたお茶を湯飲みに注ぎます
  2. 2、急須に茶葉を入れて、湯飲みに入れたお湯を急須に注ぎます。
  3. 3、そのままふたをして1分ほど待ちます。その時揺らす必要はありません。
  4. 4、茶葉が開いたら、湯飲みに注ぎます。
  5. 5、急須にお茶が残らないようにすることで、次も美味しく入れることができます。

1日に3~4杯くらい緑茶を飲むと良い言われています。明確な摂取量というのはありません。緑茶1杯飲むことで、カテキンは0.1g摂取できるそうです。カテキンの理想的な摂取量は1日1gほどと言われています。よって、10杯ほどになりますので、そのくらい飲んでも、健康被害はないようです。

緑茶を飲むタイミングとは?

運動前や運動中に飲むと、緑茶のカテキンによって、体脂肪を減らす効果が高まります。運動前に飲まなければいけないというわけではありません。緑茶を毎日続けて飲むことで効果を感じやすくなります。

食前、食後、食事中に飲むことでも効果は発揮されます。ペットボトルの緑茶は冷たいものが多いのですが、温かくして飲むことで、内臓が温まり代謝が上がりやすくなるので、おすすめです。

カテキンの効果を高めたお茶とは?

緑茶の中にも、特定保健食品(トクホ)を取得した、カテキンを高濃度に含み、効果効能を高めたものが発売されています。有効性、安全性などの科学的根拠を示し、国の厳しい審査を受け、消費者庁の許可得た食品です。有名なものに、花王の「ヘルシア緑茶」や「伊藤園のカテキン緑茶」などがあります。

緑茶の注意点とは?

飲み過ぎに注意

緑茶には、カフェインが多く含まれています。緑茶を過剰に摂取すると、カフェイン過敏症やカフェイン中毒になる可能性があります。カフェインは緑茶以外にもコーヒーや紅茶にも含まれているので、緑茶以外にそれらの飲み物を一緒に多く摂っていると、危険が高まります。

妊娠中は注意

妊娠中の人は、カフェインの摂取は控えるように言われていると思います。よって、緑茶は飲んではいけないのでしょうか?

しかし、緑茶には、カフェイン以外にも胎児に良いと言われている成分も含まれているので、1日1~2杯くらいは摂取しても問題ないとされています。緑茶好きな人は特に、飲めないストレスを感じるよりは、飲む量を決めて、上手に取り入れても良さそうです。

しかし、鉄分と結びついて鉄の吸収を阻害する働きがあるタンニンが含まれているので、貧血気味の人は飲まない方が良いでしょう。

緑茶パワーで健康になろう

緑茶はいつでも飲むことができるものになっているので、何気なく飲むことが多かったと思います。しかし、緑茶には、強い抗酸化作用、抗菌作用などの働きを持ち、ビタミンやミネラルも含まれる、健康効果が高い飲みものだったのです。

毎日飲み続けることで、活性酸素を防ぎ、身体の老化を防ぎ、病気予防や認知症予防にまでなりそうです。ダイエット効果も高く、カテキンが高濃度含まれる緑茶も販売されています。

たくさんの種類の緑茶が販売されていますし、茶葉から自分好みに入れることもできますし、いろいろな楽しみ方ができそうです。緑茶のパワーを手軽に取り入れて、健康になれると嬉しいですね。

ベルタ酵素の体験談
酵素調査隊が今1番オススメする酵素ドリンク “ベルタ酵素の体験談
3日間で体重4キロ減、体脂肪2%ダウン
1週間の夜置き換えで1kg減量と肌の調子アップ

希望効果別に商品・記事を探す

ベルタ酵素の体験談

お役立ち情報

種類別で選ぶ

調査レポートのまとめ

動画コンテンツ

色々なダイエット方法

週間人気ランキング

ベルタ酵素ドリンク
ベルタ酵素ドリンク
週間アクセス数:63660pt up↑
こうじ酵素
こうじ酵素
週間アクセス数:48410pt up↑
ミネラル酵素グリーンスムージー
ミネラル酵素グリーンスムージー
週間アクセス数:32110pt dwon↓

集計期間:8月22日~8月28日

スムージーと酵素ダイエットの比較