えごま油ダイエットが話題!?

えごま油という油は聞いたことがありますか?ダイエット中は油を抜かないといけないのではないの?と思う人も多いのではないでしょうか?

しかし、最近は油もダイエットに向いているものがあるというのです。えごま油もその中の一つで話題になっています。えごま油というのはどのようなものなのでしょうか?えごま油ダイエットについて見てみましょう。

えごま油とは?

えごま油はシソ科の植物のえごまの種子から抽出された油をです。ごま油と同じと勘違いされてしまうのですが、「しそ油」と同じなのです。えごま油はにおいがなく味のクセも少なく、さらっとしているので、軽い口当たりです。 

えごま油にはオメガ3脂肪酸であるα-リノレン酸が60%近く含まれています。これは、数ある油のなかでも圧倒的に多い含有量です。α-リノレン酸は必須脂肪酸なので、身体の中では作ることができないので、食品などから摂取する必要があります。

また、ロズマリン酸というポリフェノールの一種も含まれています。

えごま油ダイエットの効果とは?

脂肪燃焼促進

α-リノレン酸は脂肪分解酵素であるリパーゼの働きを促進します。直接脂肪燃焼させるわけではありませんが、体脂肪の燃焼を促進します。

血行促進

えごま油に含まれるα-リノレン酸には、血液をさらさらにする効果があります。血中のコレステロールや中性脂肪を減らす作用があるのです。動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防にもなります。

そして、血液循環が良くなることで、冷え症の改善にもなりますし、基礎代謝が上がることにもなります。

中性脂肪を抑える

えごま油に含まれているロズマリン酸はポリフェノールの一種です。炭水化物をブドウ糖にするのを阻害する働きがあります。ブドウ糖に分解されなかった炭水化物は体外に排出されます。

ブドウ糖が減ることで、血糖値の上昇を抑えることができるので、糖が中性脂肪になって蓄積されるのを防ぐことができるのです。

便秘解消

α-リノレン酸には腸の老廃物を排出する働きがあり、腸の運動を活発にしてくれます。また、腸がオイルで滑りやすくなるので、便も滑りやすく、排泄されやすくなるのです。

美肌効果

えごま油を摂取することで、代謝が良くなれば、肌の代謝も良くなります。肌の生まれ変わりがスムーズに行われることによって、ニキビやくすみ、乾燥などの肌トラブルを改善することができます。

また、ロズマリン酸は強い抗酸化作用があるので、肌の老化の原因になる活性酸素を除去することができます。肌のしわやシミなどの老化を防ぎ、アンチエイジング効果も見られます。

えごま油ダイエットのやり方、方法とは?

食事と一緒に摂る

えごま油ダイエットは毎日スプーン1~2杯を摂取するだけです。スプーンでそのまま飲むのが基本ですが、サラダのドレッシングやヨーグルトのソース、ジュースやスープに混ぜて飲んでも良いです。

どうしても、油をそのまま摂るのが苦手という人には、えごま油のサプリメントも販売されているので、手軽に飲むこともできます。

いつのタイミングが良いの?

ダイエット効果を考えると、えごま油は朝に摂取すると良いと言われています。朝は1日の活動がスタートする時間です。血液循環が良くなりやすく、家事や通勤などの少しの運動でも、脂肪燃焼効果も高まります。

美肌効果を高める、腸の動きを活発にするという時には、寝る前に飲むのもおすすめです。夜22時~2時の間に、肌の新陳代謝が高まりますし、腸が活発に動くので、その直前にえごま油を飲んでおけば良いのです。

運動もする

えごま油は脂肪燃焼をサポートしてくれるものです。ですので、脂肪を燃やすためには、運動を取り入れることで、ダイエット効果が高まります。

脂肪燃焼しやすい状態にはなっているので、しっかりとした運動の時間がとれなくても、階段を使う、意識して大きく動いてみるなど、工夫をしてみると良いでしょう。

えごま油の選び方

食用の油には、高温で処理されたものや、溶剤抽出されたものが多くあります。それらからは、身体に悪影響を及ぼす「トランス脂肪酸」が発生したり、栄養素が減ってしまったりする可能性があります。

低温圧搾法(コールドプレス)で作ったものを選ぶと良いでしょう。そして、えごま油は酸化しやすいので、未開封でも遮光性の瓶に入っているものの方が安心です。

えごま油が話題になることで、残念ながら質の悪い商品も出てきてしまっているようです。品質を確認して購入するようにしましょう。

えごま油ダイエットの注意点とは?

即効性がない

えごま油は摂取したからといって、短期間に痩せるというものではありません。えごま油は身体の血液循環を良くして、代謝の上がりやすい健康な身体になる油です。

少なくても1~3ヶ月くらいは継続して行う必要があります。徐々に身体の中が変化して脂肪の燃えやすい身体になります。

過剰摂取しない

えごま油は身体に良い油ですが、たくさん飲めばその分カロリーも高くなってしまうので、太ってしまうこともあります。

また、薬のような副作用が起こることはないですが、大量に摂取することで、身体に負担になることがあります。下痢や吐き気を起こす恐れがあります。1日の摂取量の目安は小さじ1杯です。

熱に弱い

えごま油が加熱に弱い性質があります。よって、サラダ油のように炒め物などの加熱料理には向きません。使用する時は、そのまま使うようにしましょう。

保存方法に注意

えごま油は酸化しやすい油です。封を開けたら光を避けて、冷蔵庫保存するなどして、早く使いきるようにしましょう。たくさん入っているものの方がお得感がありますが、短期間で使いきれる量のものを選んで購入するようにして下さい。

えごま油ダイエットにおすすめの食べ物は?

お味噌汁

好みの具を入れたお味噌汁に、小さじ1杯のえごま油をかけるだけ。熱に弱いえごま油ですが、お味噌汁くらいの温度では劣化はしないようです。ただ、温めなおしをすると、えごま油の効果はなくなってしまうので気を付けましょう。

味噌は発酵食品で、腸内の環境を整いやすくしてくれますし、たっぷりの野菜を入れればしっかりと食物繊維も摂ることができます。

納豆

納豆に混ぜるだけで、簡単です。納豆にも納豆キナーゼや乳酸菌など、血液をサラサラにしてくれる効果があります。えごま油との相乗効果で健康的にダイエットができそうです。

えごま油ダイエットの口コミとは?

良い口コミとは?

  • 便秘が治った。
  • 肌荒れが解消された。
  • 急激に痩せたというわけではないが、少しずつ痩せることができた。

えごま油では、目に見えてわかるほど痩せるということはありません。すぐに体重が落としたい、サイズダウンがしたいという人は、えごま油ダイエットは向きません。身体を健康的に改善していくことはできます。

代謝が悪くて、冷えやむくみ、便秘などが気になっていた人は、効果が分かりやすいでしょう。継続しなければ変わらないので、毎日コツコツと習慣にしていきましょう。

悪い口コミとは?

  • 体重が減らなかった。
  • クセがあるので、慣れなかった。

体重を減らしたいという人には、効果が分かりにくいでしょう。脂肪燃焼しやすい状態になるので、運動を取り入れると効果が早く見られるようにはなります。

また、油を食事の中に混ぜる、そのまま飲むということに抵抗がある人もいるでしょう。比較的クセはありませんが、苦手な人はサプリを利用してみて下さい。

えごま油で健康的に痩せよう

えごま油はコレステロールや中性脂肪を減少させたり、血糖値の上昇を抑制したりと、今までの油のイメージとは違い、身体に良い影響を与えてくれる油なのです。身体に溜まっている脂肪は、良い油で排出させる必要があるのです。

えごま油は他のオイルに比べると、α-リノレン酸が豊富に含まれているので、ダイエットに最適です。

しかし、すぐにサイズダウン、体重減少をしたいという人には、結果が分かりにくいでしょう。身体の血液をサラサラにして、健康的な身体にしながらダイエットをしたい人におすすめですよ。