ドラゴンフルーツの効果

ピンクのような赤色でとげとげした見た目のドラゴンフルーツ。
最近は生のものも見かけるようになりました。

しかし、あまり食べたことがない人も多いのではないでしょうか?
そんなドラゴンフルーツには、優れた効果効能があります!ドラゴンフルーツについて紹介していきます。

ドラゴンフルーツとは?どんな果物なの?

ドラゴンフルーツとは?

ドラゴンフルーツとは

ドラゴンフルーツの原産地は中央アメリカや南アメリカの北部の熱帯雨林と言われています。フランス人によってベトナムに伝えられ、東南アジアで広く栽培されるようになり、人気のフルーツになりました。

ドラゴンフルーツはピタヤとも言われ、サンカクサボテン類の果実の総称のことだそうです。アサイーボウルの次にピタヤボウルブームが来ると言われ、ドラゴンフルーツに注目が集まっています。

アサイーは生で摂取することはできないですが、ドラゴンフルーツは海外からも生のまま輸入することができるので、フレッシュなまま食べることができます。

ドラゴンフルーツは沖縄や九州でも栽培が行われているので、場所によっては国産のものを入手することもできます。農薬を使わずに栽培できることでも、安心安全ということで、高い評価が得られているようです。

ドラゴンフルーツの種類

ドラゴンフルーツの種類
photo by apasciuto

ドラゴンフルーツには。果肉の色が白色、赤色、ピンク色、皮が赤色でなく、黄色のものなど、いくつか種類があります。日本でもっとも多く流通しているのは、「ホワイトピタヤ」と言われる赤い皮で白色の果肉のものです。

キウイフルーツに似た食感ですが、酸味は少なく、味が少ないとも言われています。しかし、それは海外産で日持ちさせるために、未熟の段階で収穫されているからです。ドラゴンフルーツは追熟して糖度が増す果物ではないので、味が薄いと感じてしまうのです。完熟したものは糖度が20程度まで甘さは出てきます。

ドラゴンフルーツの驚くべき4個の効果・効能

ドラゴンフルーツは珍しい果物なだけでなく、身体に嬉しい効果があると言われています。ドラゴンフルーツの効果効能について見てみましょう。

1.美肌効果

ビタミンB、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類が多く含まれているので、美容効果がとても高くなります。肌のターンオーバーが促進され、肌トラブルが治まったり、メラニンの生成を抑えて、シミを防いで透明感を出してくれたりします。

また、ポリフェノールの抗酸化作用もあるので、肌の老化を防ぎ、しわやたるみを改善し、アンチエイジングにもつながります。

2.ダイエット効果

食物繊維が豊富なので、腸内の環境を整え、便通を良くしてくれます。そうすることで、老廃物や毒素などの蓄積が少なくなり、余分に糖質や脂質の吸収を抑制してくれるのでダイエットにつながります。

カリウムも多く含まれるため、むくみ防止になり、脂肪の蓄積やセルライトの予防にもなり、すっきりとしたボディになれそうです。

3.疲労回復効果

ビタミンB群の栄養素がまんべんなく、豊富に含まれています。ビタミンB群は酵素の補酵素として働くことが多く、代謝促進に必要となります。私達が生きるためエネルギーを作るために必要となります。よって、ビタミンB群は疲労回復に役立ちます。

4.妊娠中の葉酸補給

葉酸が妊娠中に必要な栄養素ということは良く聞かれるようになりました。ドラゴンフルーツにはビタミンB群の一つである葉酸が多く含まれています。葉酸は新しく細胞を作り出す時に欠かせない栄養素です。

そのため、赤ちゃんの発育を促進するため、妊娠を維持するためには必要なのです。つわりでしんどい時でも、ドラゴンフルーツで美味しく葉酸補給ができそうです。

ドラゴンフルーツの栄養素・成分

ドラゴンフルーツの栄養素

主要成分の表

ドラゴンフルーツ100gあたりの栄養成分になります。

カロリーと三大栄養素

カロリー 50kcal タンパク質 1.4g
脂質 0.3g 炭水化物 11.8g

ビタミン

ビタミンE 0.4mg ビタミンB1 0.08mg
ビタミンB2 0.06mg ナイアシン 0.4mg
ビタミンB6 0.05mg 葉酸 44μg
パントテン酸 0.53mg ビタミンC 7mg
  • 特に葉酸が多い

ミネラル

カリウム 350mg カルシウム 6mg
マグネシウム 41mg リン 29mg
0.3mg 亜鉛 0.3mg
0.03mg マンガン 0.09mg
  • 特にマグネシウムが多い

その他

食物繊維 1.9g

1個あたりは260gになります。
栄養表には日本食品標準成分表を使用しています。

引用元: 日本食品標準成分表

ビタミンB群

体内の代謝機能を助ける、疲労回復に良いとされるビタミンB群はお互いに助け合いながら働きます。よって、ビタミンB群はどれか一つだけ摂るのではなく、一緒に摂るのが良いのです。ドラゴンフルーツはそこから考えても、ビタミンB群が豊富に含まれているので、理想的な果物なのです。

ビタミン

ビタミンB群の他にも、ビタミンC、ビタミンEなども含まれていて、身体や肌の健康を保つのに役立ちます。

ポリフェノール

レッドピタヤと呼ばれる、果肉が赤い色のドラゴンフルーツに豊富に含まれています。ポリフェノールは色素なので、赤い色はポリフェノールが多く含まれていることを表しています。

ベタシアニン、アントシアニンなどが含まれていて、抗酸化力が強く、美肌効果、がん抑制にも役立つとされています。

カリウム

カリウムは体内の塩分濃度を調節する働きをするので、細胞間に水分がたまって起こるむくみの改善や予防に効果があります。

マグネシウム

マグネシウムは体内の酵素反応に関係し、タンパク質の合成やエネルギー代謝などに関わります。マグネシウムが不足すると、エネルギーが生産されにくくなるため、疲れやすい、集中力不足、循環器系の疾患など、身体に不調が見られるようになります。

食物繊維

食物繊維は腸内の環境を整え、身体に溜まったいらないものを排出しやすくしてくれます。ドラゴンフルーツには、バナナの約65倍もの食物繊維が含まれると言われていますので、とても豊富なことが分かります。

ドラゴンフルーツの食べ方とは?

ドラゴンフルーツの食べ方

そのまま食べる

ドラゴンフルーツは一般的には、縦に半分に切って、スプーンですくって食べる方法が良く取られます。皮をむいて、スライスしたり、キューブ状にしたりして食べても良いでしょう。

ドラゴンフルーツは完熟したものはなかなか普通のスーパーではないかもしれませんが、鮮度の良いうちに早めに食べるようにしましょう。

味が薄いと感じる場合は、レモンやライムを絞って食べると、酸味が出てさわやかに感じるのでおすすめです。甘味が欲しい時は、はちみつやオリゴ糖をかけても良いでしょう。

ピタヤボウルとは?

ピタヤボウル

ピタヤボウルはアサイーボウルの次に注目されています。レッドドラゴンフルーツ(レッドピタヤ)をピューレ状にして、アサイーボウルと同じように、バナナやイチゴ、グラノーラなどを乗せて作られます。味はクセが少なく、甘味もアサイーボウルよりも強いようです。

ピタヤボウルの方がアサイーボウルよりも、美容効果が高いとも言われていますが、実際のところ、アサイーも栄養価の高いフルーツなので、それほど違いはないようです。カロリーもそこまで違いはないので、味の好みなどで好きな方を食べると良いのではないでしょうか?

冷やして食べたほうが美味しい?

ドラゴンフルーツの1番美味しい食べ方はやっぱり「冷やして食べるのが1番」

熟したドラゴンフルーツを食べる1時間前に冷蔵庫に入れて食べると美味しく感じます。
特にキンキンに冷やすと美味しいという人もいますので、冷やす時間はお好みで。

ジュースやスムージー

ジュースやスムージーにすると完熟していないそっけない味のドラゴンフルーツも美味しく頂けます。

材料は、ドラゴンフルーツ、バナナ、牛乳、ハチミツが定番。

他にスイカやいちじく、りんご、マンゴーを入れている人もいます。

まずは定番のドラゴンフルーツとバナナ、牛乳、ハチミツ入りのスムージーから始めてみましょう。

サプリ

ドラゴンフルーツをメインに使ったサプリメントも増えてきました。

美容目的で飲まれている方が多いです。

今ドラゴンフルーツのサプリメントを買うなら下記の2商品がおすすめ。

Agetwellのドラゴンフルーツサプリメント【30日分】

アゲルオンラインショップで販売されている「ドラゴンフルーツサプリメント」。
30日分で3,700円となっています。(90粒入り)

農薬や化学肥料は使用していない安全なドラゴンフルーツを使っています。

ピタヤ濃縮カプセル

楽天市場で買えるサプリが「ピタヤ濃縮カプセル」

90粒×3個セットでなんと1000円の激安セールをしています。
(個数限定です。)

レッドドラゴンフルーツパウダーが3粒に360mgも含まれています。
ポリフェノールのベタニンをしっかり摂りたいという方におすすめです。

【3個セット】ピタヤ濃縮カプセル 90粒 【パッケージ訳ありSALE!】スーパーフルーツ ピタヤドラゴンフルーツ ダイエット 美容 ポリフェノール スーパーフード

価格:1,000円
(2017/11/30 16:01時点)
感想(27件)

ドラゴンフルーツの注意点とは?

ドラゴンフルーツは豊富にビタミンが含まれているので、加熱するとビタミンが失われてしまいます。ジャムなどに加工するよりも、そのまま食べたり、ジュースにしたりする方が良いでしょう。

南国のフルーツなので、身体を冷ましてしまう作用があります。また、食物繊維が豊富なので、多く食べ過ぎてしまうと、下痢や腹痛が出てしまう人もいるかもしれません。一度に多く食べ過ぎなければ、特に問題はないでしょう。

ドラゴンフルーツでキレイと元気を手に入れよう

トロピカルフルーツとして少しずつ知られてきたドラゴンフルーツは、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれている美容と健康に良いフルーツなのです。キレイと元気を手に入れるために、ピタヤボウルが流行るのも分かります。

美肌やダイエット、疲労回復などの効果があり、毎日忙しい女性にはとても最適なフルーツです。また、妊娠中にも葉酸が必要なので、積極的にドラゴンフルーツを摂っても良さそうです。

ドラゴンフルーツはいつも店頭に並んでいるとは言えないので、もっと手軽に食べられるフルーツになると良いですね。