なりたい!痩せたい!引き締めたい!体脂肪率を意識したダイエットで憧れの健康美スタイルへ!

私たちがダイエットを始めるとき、まずやろうとすることは運動や食事制限ですね。

しかしダイエットを成功させるためには、理想となる体脂肪率を目指すことも大切です。

そこで今回は、体脂肪率についてご紹介します。

健康美スタイルが体脂肪率とどのように関わるのかということを、しっかりチェックしてくださいね。

健康美スタイルになるためには体脂肪率を意識することが大切

私たちがダイエットをする目的のほとんどは「美しくカッコ良いスタイルになりたいから」ですね。

そのためにはまず身体の脂肪を落とし、自分の身体を憧れの健康美スタイルに近づけることが大切です。

太った身体には脂肪が蓄積している

私たちの身体は摂取した脂肪を、生きる上でのエネルギー源として体内に貯め込み、栄養が不足しないようにように作られています。

そのため食べ物を摂取してカロリーが消費されなければ、余った脂肪が蓄積して身体は太ります。

ただ、脂肪はエネルギー源の貯めこみという身体を太らせる働きだけではなく、体温保持や外的な衝撃からの内臓の保護という身体にとって大切な働きもします。

そのため私たちはできるだけ上手に脂肪と向き合いながら、ダイエットに臨むことが大切です。

体脂肪率を意識すると脂肪と上手に向き合える

美しくカッコ良いスタイルになりたい私たちにとって、脂肪との向き合い方には悩まされるところですが、この悩みを軽減させてくれるものに体脂肪率というものがあります。

体脂肪率とは、身体に蓄積した脂肪である体脂肪が身体に占める割合のことです。

そのため体脂肪率がわかると、今の自分の身体にどのくらいの脂肪が蓄積しているのかということが把握しやすくなりますので「大切な役割をするけれども蓄積してほしくない」という脂肪とも上手に向き合うことができます。

つまり身体に必要な脂肪量を大切にしながら、不要な脂肪を落とすことができるということですね。

体脂肪率を意識したダイエットが理想的

よく芸能人やモデルさんが「身体を絞りました。今体脂肪率が○○%です」ということを言っていますね。

その姿はただ痩せているだけではなく、本当にスッキリとした美しいスタイルで思わず魅入ってしまいます。

…と言うことは?

ダイエットに成功した状態とは、体脂肪率が減って美しさと健康を兼ね備えたスタイルになったとき、結果的に体重が減っていたという状態が理想的だと言えますね。

体脂肪率は性別や年齢により理想的な数値が違う

ダイエットで体脂肪率を意識して行う場合、体脂肪率は性別や年齢によって理想的な数値に違いがあるということは知っておきたいことです。

まず性別による違いですが、これはホルモンによる身体への影響が関係します。

男性は筋肉量が多い筋肉質の身体が作られますし、女性は妊娠出産のための女性特有の子宮などの器官を保護し、お腹の中で赤ちゃんが過ごしやすい環境を作ろうとします。

そのため脂肪の付き方も性別で違い、体脂肪率の理想的な数値に違いが出ます。

また年齢による違いですが、加齢により筋肉量の減少や基礎代謝量の低下があり、行動量の減少も考えられますので、消費カロリーが低い状況が増えますね。

筋肉量が多ければ消費カロリーも高くなりますが、性別年齢関係なく同じくらいのカロリーを摂ったとすれば、筋肉量の減少や基礎代謝量の低下、少ない行動量などにより身体に余分なカロリーが残りますので、それが脂肪となり蓄積されます。

そのため加齢により体脂肪率は高くなりやすく、体脂肪率の理想的な数値に違いが出ます。

体脂肪率が高すぎると?

体脂肪率を意識し始めると、その数値が高ければやはり気になりますよね。

人によっては高い数値を見て「よし、頑張って体脂肪率を落とそう!」と思う人も多いことでしょう。

しかし体脂肪率が高すぎる場合は、糖尿病、高血圧、動脈硬化、脂質異常などのいわゆる生活習慣病とされている病気を引き起こすことがあります。

体脂肪率が高いということは、摂取カロリーが消費カロリーに比べて高いということですから、食生活を見直して、ダイエットで体脂肪率を減らし、生活習慣病の予防をすることが大切ですね。

体脂肪率が低すぎると?

体脂肪率は、高すぎても低すぎても身体に悪影響を与えます。

体脂肪率が低すぎる場合は、ガンになりやすい、低血糖を起こしやすい、免疫力が低下する、ホルモンバランスが乱れるなどという状態を引き起こすことがあります。

そのためダイエットをする上では、体脂肪率を上手に調整していかなければなりません。

体脂肪率をしっかりと把握しながら健康を損なうことが無いように、ダイエットをする必要がありますね。

あなたの体脂肪率を知りましょう

体脂肪率を意識したダイエットは、健康を損なわずに望む結果を出すことが期待できる非常に効果的な方法です。

そのため自分の体脂肪率を知ることは、健康美スタイルを作るダイエットへの第一歩なのだとも言えますね。

自分の理想的な体脂肪率を目標にしましょう

ダイエットをする場合、平均的な体脂肪率は男性が10%~19%、女性が20%~29%、理想的とされる体脂肪率は男性が15%~19%、女性が20%~24%です。

このことを考えると、健康美スタイルになるためのダイエット目標をどこに設定するのかということで、目指す体脂肪率は変わってきますね。

体脂肪率測定器の選び方は?

では実際の体脂肪率の測り方ですが、体脂肪率は家庭用の体組成計で確認できますし、タイプによっては家庭用の体重計でも体脂肪率が確認できます。

さらに体脂肪率の他に筋肉量や内臓脂肪レベル、骨格筋率といった身体を作っている組織の状態などが確認できるタイプもありますので、体組成計をこれから選ぶという人は、目的に合わせて選ぶとダイエットもより一層の効果が期待できますよ。

体脂肪率は一日の中で変動する

体脂肪率を測る計測器は、身体に微弱電流を流してそこから返ってくる抵抗力で体脂肪率を測り、抵抗力が強ければ体脂肪率は高く、抵抗力が弱ければ体脂肪率は低いという数値が出るという仕組みになっています。

ただ、私たちには体内の半分以上を水分が占め、水は電気を通しやすいという特徴があるために、体脂肪率は一日の中で体内の水分量の変化により変動します。

つまり体内の水分量が多いときは、電流の抵抗力が弱くなるため体脂肪率は低くなりますし、水分量が少ないときには体脂肪率は高くなるということですね。

そのため体脂肪率を測るときには毎日の生活の中で、食後や入浴後、運動後などの水分量の変動があるとき以外の同じ時間帯と条件で体脂肪率を測り、比較することが大切です。

憧れのスタイルになるためには

憧れのスタイルになるためには、食事と運動の両方をバランスの良い状態に保ち、理想的な体脂肪率に近づけるということが大切です。

食事で理想的な体脂肪率に近づけるためには

理想的な体脂肪率に近づくためには、栄養バランスの取れた食事を、規則正しい時間によく噛んで摂るということが大切です。

栄養バランスの取れた食生活を心掛ける

食事でいずれかの栄養素が不足すれば、主食である糖質や脂肪を摂り過ぎてしまう可能性が高くなります。

またビタミン、ミネラル、食物繊維を摂りすぎることになれば、身体の栄養が不足しますので筋肉量が減ります。そのため栄養バランスの取れた食生活が重要です。

1日3食、なるべく規則正しい時間に摂る

食事の時間の間隔が空きすぎると、身体は飢餓状態と察知して脂肪を貯めこもうとします。

そのため規則正しい時間に食事を摂ることが大切です。

よく噛む

脳の満腹中枢が刺激されるために満腹感を得ますので、食べ過ぎを防ぐことができます。

運動で理想的な体脂肪率に近づけるためには

理想的な体脂肪率に近づくための運動は、有酸素運動と筋トレが大切です。

有酸素運動

脂肪は酸素が身体に取り込まれることで消費されますので、身体の中に酸素を取り入れながら行う有酸素運動が効果的です。

また、有酸素運動を始める前に準備運動をすると筋肉を傷めることを防ぎますし、脂肪燃焼が促されますので、理想的な体脂肪率に近づくためのより高い効果が期待できます。

筋トレ

筋肉は脂肪を燃焼させる作用があります。そのため筋肉を鍛えて筋肉量を増やす目的の筋トレをすることで、脂肪燃焼量の増加が期待できます。

また筋肉量が増えればそれに伴い代謝機能も活性化しますので、脂肪燃焼はより高い効果が期待できます。

体脂肪率と見た目の関係

体脂肪率と併せて意識したいものの中にBMIがあります。

これは身長と体重を対象にした『体重÷身長÷身長』という計算式により肥満度を知ることができるもので、標準が18、5以上~25未満なのですが、この数値を下回れば痩せ体重とされています。

ではなぜ体脂肪率と併せて意識したいのかと言えば、せっかくダイエットをするのであれば、見た目にも変化が欲しいですし、人から「あれ?なんか痩せてキレイになったね」と言われると嬉しいですよね。

例えば体脂肪率が目標達成できたとしても、目標数値によっては見た目の変化はあまり無いということもあります。

しかし体脂肪率とBMIの両方を意識することで、美しくカッコ良いスタイルがかなりの確率で期待できますので、鏡で自分のスタイルにウットリするということも夢ではなくなることが期待できます。

見た目も良く健康も損なわれず、体重計に乗ったときに体重が減っているということになれば、成果が数字に表れ把握ししやすいため達成感もありますよね。

(ちなみに女性の場合、体脂肪率が20%以上~30%未満でBMI値が18、5以上~25未満であれば結果的に「標準」、体脂肪率が20%以上~30%未満でBMI値が18、5未満であれば「痩せている」とされています)

ベルタ酵素の体験談
酵素調査隊が今1番オススメする酵素ドリンク “ベルタ酵素の体験談
3日間で体重4キロ減、体脂肪2%ダウン
1週間の夜置き換えで1kg減量と肌の調子アップ

希望効果別に商品・記事を探す

ベルタ酵素の体験談

お役立ち情報

種類別で選ぶ

調査レポートのまとめ

動画コンテンツ

色々なダイエット方法

週間人気ランキング

ベルタ酵素ドリンク
ベルタ酵素ドリンク
週間アクセス数:63660pt up↑
こうじ酵素
こうじ酵素
週間アクセス数:48410pt up↑
ミネラル酵素グリーンスムージー
ミネラル酵素グリーンスムージー
週間アクセス数:32110pt dwon↓

集計期間:8月22日~8月28日

スムージーと酵素ダイエットの比較