健康美人になるためにやっつけたいのは内臓脂肪!内臓脂肪が身体に与える影響とは

私たちがダイエットをする上で、内臓脂肪が身体に与える影響は知っておきたい大切なことです。

そこで今回は、内臓脂肪についての様々なことをご紹介します。

内臓脂肪のことをしっかりとチェックして、早く健康美人になるための参考にしてくださいね。

内臓脂肪について知りましょう

内臓脂肪の蓄積には様々な注意が必要ですが、まずは内臓脂肪のことをしっかりと知りたいですね。

内臓脂肪とは

内臓脂肪にはほとんどの人が気を付けなければ、という認識を持っていますね。

皆が気を付けたいと感じる内臓脂肪とは、腸を固定する役割をする腸間膜という薄い膜に貯まった脂肪、つまり内臓に貯まった脂肪のことです。

蓄積されやすいのですが、落としやすいということが内臓脂肪の特徴です。

落としやすい脂肪ということが、気持ちを楽にさせてくれますね。

内臓脂肪の役割

内臓脂肪は私たちにとって悪いことばかりではなく、実は私たちの身体を守るための大切な役割も持っています。

内臓の位置を安定させる

様々な内臓は私たちが動くことで、あるべき場所から動くようなことになっては健康上で一大事です。

そのようなことの無いように内臓脂肪は、それぞれの内臓の場所を安定させる重要な役割を持っています。

エネルギーの蓄積

食物を身体に取り入れることは、生きる上での大切な働きですね。

しかし何らかが原因となり、エネルギーを身体に取り入れることができないということも、日々の生活の中では考えられます。 そのような場合のいざというときのために、脂肪を貯めておく役割です。

内臓をガッチリと守る

何らかの原因で、外部からの刺激や衝撃が内臓にかかる可能性も考えられます。

そのような場合、内臓脂肪は各内臓をガッチリと守る役割をします。

気を付けたいと感じる内臓脂肪には実はこのような役割があるなんて、少し意外ですね。

内臓脂肪の蓄積による影響

内臓脂肪の身体に対する役割は、私たちが健康的な生活を送る上で非常に大切なものです。

しかし身体に不要な量の内臓脂肪が蓄積してしまうと、身体に与えられる影響は私たちの気持ちを落ち込ませるものばかりです。

内臓脂肪が蓄積するとポッコリお腹が出現することも

ダイエットで体重は減っているのにお腹だけはポッコリしたまま、または痩せているのにお腹だけがポッコリ出ている…ということは女性にとっては気になる大きな要素の一つですね。

見た目も悪いですし、オシャレな洋服も着こなすことを難しくさせます。

このポッコリお腹には様々な原因がありますが、年齢が重なることによって内臓脂肪が蓄積している可能性があります。

もしあなたがお腹の周りがリンゴのように丸く、上半身に脂肪がついているような体型であれば、内臓脂肪の蓄積によるものかもしれませんよ。

世の中が便利になり飽食と言われる時代になった今、食べる量と身体を動かす量、つまり摂取カロリーと消費カロリーのバランスが取れていない人が増えていますね。

本来であれば摂取カロリーに対して消費カロリーは同じくらい、またはそれ以上の量であれば良いのですが、身体を動かすことがあまり無ければ当然摂取カロリーが消費カロリーを上回ります。

そうした場合、摂取カロリーは体内で余ってしまいますので、いざ栄養が不足したときのために脂肪として貯め込まれます。

その貯め込まれる場所は、腸を固定する役割をする腸間膜の周りですから、内臓脂肪が蓄積すればその部分が膨れ上がります。

その結果、ポッコリお腹が出現するわけですね。

内臓脂肪が蓄積すると、ポッコリお腹以外に現れる症状

脂肪は元々私たちが健康的な生活を送る上で、大切なエネルギーになります。

そして脂肪細胞では、体内の各機能を正常に作用させるための生理活性物質という物質を分泌します。

生理活性物質には主に下記の作用がありますが、内臓脂肪が蓄積しすぎるとそれぞれの正常な作用が崩れ、動脈硬化、高脂血症、糖尿病、高血圧などの病気を引き起こします。

レプチン

食べ過ぎを予防する

アディポネクチン

傷付いた血管の修復をして動脈硬化を予防する

PAI-1

出血を防ぐために血液を固まりやすくする

アンデオテンシノーゲン

血圧の上昇を予防する

TNF-α

血糖コントロール作用

私たちはダイエットによってしなやかなボディを保持する健康美人を目指したいのですが、様々な病気を引き起こすとダイエットどころではなくなってしまいますね。

内臓脂肪の蓄積を見分ける方法は

必要以上に内臓脂肪が増えると健康を損なうことも考えられるため、内臓脂肪の蓄積量には十分に注意をしながら毎日の生活を送りたいですね。

そのため内臓脂肪の蓄積量が自分で把握できれば、内臓脂肪の管理もしやすいです。

太っているからといっても脂肪には内臓脂肪の他に皮下脂肪もありますが、病気を引き起こす脂肪は内臓脂肪ですから、しっかり管理をした上で蓄積には注意をする必要があります。

その内臓脂肪の見分ける方法には下のようなものがあります。

  • 病院でのCT検査でお腹の断面撮影で調べる
  • 肋骨の一番低い場所と骨盤の一番高い場所の真ん中に高さを合わせ、お腹の周りをメジャーで測る

(自分で測る場合はお腹の周りが男性は85cm以上、女性は90センチ以上であれば特に注意が必要です)

忙しく病院に行く時間が無くても、自分で見分けられるということは嬉しいですね。

内臓脂肪レベルとは

内臓脂肪がどの程度の蓄積量なのか、という身体の内臓脂肪率を数字で表したものを内臓脂肪レベルと言います。

測り方は体組成計で測れますので、自分が今どのレベルなのかということがすぐに確認できます。

内臓脂肪レベルは大まかに3つに分けられます。

標準

内臓脂肪レベル9以下

やや過剰

内臓脂肪レベル10~14

過剰

内臓脂肪レベル15以上

このことから内臓脂肪レベル値は、少ない方が良いということがわかりますね。

ただここで気を付けたいのは、内臓脂肪レベルは年齢や性別によって平均となる数値に違いがあり、女性よりも男性の方が高く、年齢が高いほど内臓レベル値も高いということです。

内臓脂肪レベル値が高ければ、内臓脂肪が身体に与える影響も良くはありませんので、自分の内臓脂肪レベル値はしっかりと把握しておきたいですね。

内臓脂肪レベル値が性別で違う理由とは

内臓脂肪レベル値が男女で違う理由は、ホルモンによる男性と女性の身体の構造の違いにあります。

男性は女性に比べると身体の筋肉量が多く、男性ホルモンによりガッチリとした筋肉質の身体が作られますが、筋肉量が多ければその分エネルギーの消耗が増えて代謝の活性化が行われます。

つまり男性は筋肉量が多いため、消費カロリーが多いということになりますね。

消費カロリーが多ければ、エネルギーが不足したいざというときのために貯められる脂肪が消費されやすいため、多めに内臓脂肪を貯めておきたいのです。

そのため男性の方が女性より、内臓脂肪を蓄積しやすいということになるわけですね。

それに比べて女性の場合は、皮下脂肪により妊娠出産のための子宮などの女性特有の器官を、何らかの外部の衝撃が身体にあった場合に衝撃から守られる身体の作りになります。

さらに妊娠したときのために女性ホルモンが余分な脂肪を分解して、胎児がお腹の中で過ごしやすい環境を作ろうとしますので、内臓脂肪の蓄積量が少なく脂肪レベル値は男性より低いというわけです。

ただ、女性もいずれは内臓脂肪レベル値が高くなり、内臓脂肪が増えるのを迎える時期がやってきます。

それは閉経の時期です。

閉経時期には、これまで脂肪を分解してくれていた女性ホルモンの分泌量が急激に減少しますし、胎児のための環境を整えることも不要になってきますので、脂肪の分解をする働きが低下してその結果、内臓脂肪も蓄積されやすくなります。

内臓脂肪レベル値が年齢で違う理由とは

年齢が重なると内臓脂肪レベル値は高くなります。

その理由は加齢によりそれまで身体の一部であった筋肉量が減少するためなのですが、筋肉量が減少すれば消費カロリーも減少します。

食べる量がこれまでと同じであれば、摂取カロリーは消費カロリーよりも多くなりますので、内臓脂肪は蓄積されますね。

そのため、内臓脂肪レベル値は高くなるというわけです。

内臓脂肪を撃退して健康美人になるために

内臓脂肪を撃退する方法は、食事と運動が効果的です。すぐに落とせる脂肪ですから早く落とし始めれば、健康美人への道はすぐそこですね。

食事で撃退する方法

食事で撃退する場合はまず、今の食生活の見直しをする必要があります。

摂取カロリーが消費カロリーより上回っていないか、ということを確認しましょう。もし摂取カロリー量の方が多ければ、すぐ改善することが必要です。

主食である炭水化物を少なめにして、甘い果物やスイーツを食べていませんか?ダイエット中だからカロリーを減らすためにと炭水化物を少なくしても、甘い果物やスイーツは糖の量が多すぎます。果物やスイーツの方を減らしましょう。

ω-脂肪酸を摂取しましょう。青魚に多く含まれているω-脂肪酸は、心筋梗塞や脳梗塞などの危険性を抑えます。

食物繊維も忘れずに摂取しましょう。腸内環境を整えて、便秘改善解消が期待できます。

食事の時間や回数は乱れていないか、ということを確認しましょう。満腹感があると感じる満腹中枢への刺激が無く、食べ過ぎる危険があります。

運動で撃退する方法

ストレッチをして身体をほぐしましょう

身体がほぐれて柔軟になれるため、身体を動かす範囲が広がります。

筋トレで筋肉量を増やしましょう

消費カロリーが増え、代謝の活性化がされますので脂肪燃焼がされやすいです。

積極的な有酸素運動を心掛けましょう

酸素を取り入れることで心臓に負担がかからず、脂肪燃焼が効率よく出来ます。

ベルタ酵素の体験談
酵素調査隊が今1番オススメする酵素ドリンク “ベルタ酵素の体験談
3日間で体重4キロ減、体脂肪2%ダウン
1週間の夜置き換えで1kg減量と肌の調子アップ

希望効果別に商品・記事を探す

ベルタ酵素の体験談

お役立ち情報

種類別で選ぶ

調査レポートのまとめ

動画コンテンツ

色々なダイエット方法

週間人気ランキング

ベルタ酵素ドリンク
ベルタ酵素ドリンク
週間アクセス数:63660pt up↑
こうじ酵素
こうじ酵素
週間アクセス数:48410pt up↑
ミネラル酵素グリーンスムージー
ミネラル酵素グリーンスムージー
週間アクセス数:32110pt dwon↓

集計期間:8月22日~8月28日

スムージーと酵素ダイエットの比較