ブルーベリーで痩せる?ブルーベリーダイエットのやり方、効果を紹介します!

ブルーベリーダイエットが効果的!?

ブルーベリーと言えば、目に良いということは聞いたことがあるかもしれません。しかし、ダイエット効果まであるとは、知らない人も多いのではないでしょうか?ブルーベリーの何が効果的なのか気になりますよね!

ブルーベリーにも、生のもの、冷凍、サプリメントなどもありますが、どうやってダイエットに使えば良いのでしょうか?ブルーベリーダイエットが効果的なのかを調べました。

ブルーベリーダイエットのやり方とは?

ブルーベリーダイエットとは?

食事の中にブルーベリーを取り入れたり、間食にしたり、ブルーベリーの栄養素によって、ダイエット効果を得る方法です。

1日の摂取量の目安は?

1日に約50~100mgのアントシアニンを摂ることが良いそうです。これは、ブルーベリーだと、60~300gになります。糖質の量は10g以下で済みます。両手にいっぱいになるほどの量になります。

生で食べる

ブルーベリーに含まれるアントシアニンは加熱しても効果がなくなることはありません。しかし、生のままで食べることで、熱に弱いビタミンCや酵素はそのまま摂取できるので、生のままもおすすめです。新鮮なブルーベリーの見分け方は、ブルームという白い粉が付いているのが目印だそうです。

冷凍ブルーベリーを食べる

冷凍ブルーベリーは最近では良く売られています。ブルーベリーは冷凍することで、生のブルーベリーよりも、ビタミンC、アントシアニンの栄養価が高くなっていることが分かっています。

ブルーベリーは生のままだと傷みやすいので、まとめて買って、小分けして冷凍しておいて使うこともできます。ヨーグルトに入れたり、パンケーキなどに混ぜたりして使うこともできます。

おすすめレシピ「ブルーベリースムージー」

材料

  • ブルーベリー(冷凍) 100g
  • バナナ 1本
  • 豆乳 400ml

作り方

  1. 皮をむいたバナナを1cm幅に切って、凍らせる。
  2. 凍ったままのブルーベリー、バナナ、豆乳をミキサーに入れて混ぜる
  3. グラスにそそいで、できあがり!

バナナも食物繊維が豊富なので、腸を整える効果があります。牛乳を使っても良いですが、カロリーを抑えたい時には、豆乳が良いでしょう。また、大豆に含まれている、大豆サポニンには脂肪燃焼を促進してくれる働きがあるので、ダイエットにも効果的です。腹持ちが良いので、食事代わりにしても良いのではないでしょうか?

ブルーベリーサプリメントで摂る

毎日ブルーベリーを必要な量だけ補おうと思うと、大変になります。また、ブルーベリーだけを食べていては、栄養バランスが偏ってきてしまいます。よって、サプリメントで補うことも、有効な方法の一つです。

ブルーベリーのダイエット効果

アントシアニンが効果的

ブルーベリーには、アントシアニンというポリフェノールが多く含まれています。このアントシアニンは、目に良いと言われていますが、ダイエットにも優れた効果を発揮してくれます。

アントシアニンは抗酸化物質であり、身体の中で増加した、活性酸素を除去して、身体の老化を防止してくれます。身体の酸化を防ぐことで、新陳代謝を上げて痩せやすくしてくれます。

血液中の糖は、身体を巡って様々な場所でエネルギーとして使われますが、消費されずに残ってしまうと、脂肪として蓄えられてしまいます。アントシアニンは、糖分が効率的に細胞でエネルギーとして消費できるように、脂肪に変わるのを抑制することができることが分かっています。よって、脂肪が溜まりにくくなります。

食物繊維が豊富

ブルーベリーは生のままだと、皮ごと食べられます。そのため、水溶性食物繊維と、不溶性食物繊維を両方とも摂ることができます。食物繊維が多く含まれていることで、腸の調子を整えることができます。

便秘だと、本来吸収されなくても良い、脂肪分や糖分が余計に吸収されることによって、太りやすくなってしまいます。便秘が解消されることで、痩せやすくなります。

低カロリー食品

カロリーは10粒で約6kcalと、非常に低カロリーな果物なのです。ダイエット時に、間食を止められない時に、ブルーベリーを代わりに食べるだけでも、摂取カロリーを減らすことができます。

ブルーベリーの効果的な摂り方は?

アントシアニンは、体内に入ってから約1~3時間後くらいに効果を発揮すると言われていて、その後、半日~1日は効果を持続してくれるそうです。よって、1日の始まりの朝食後がおすすめです。

また、アントシアニンはタンパク質を結合すると、身体に吸収されにくくなります。しかし、空腹で摂取してしまうと、ブルーベリーに含まれる「タンニン」によって、まれに胃痛を引き起こしてしまうこともあるようです。ですので、食後30分くらいすぎた方が良いでしょう。

ブルーベリーダイエットのデメリット

食べ過ぎに注意

ブルーベリーは美味しく食べられます。だからといって、食べ過ぎは禁物です。果糖が含まれているので、食べ過ぎは太る原因を作ってしまいます。

副作用はあるの?

アントシアニンによる副作用はないようです。サプリメントにしても、多く摂れば効果が高くなるというものではありません。適量を守るようにしましょう。

効果が長く続かない

アントシアニンの効果を保ったまま、安定させることが難しいと言われています。ブルーベリーのジャムなとでも、時間の経過とともに、効果がなくなっていて、ブルーベリーの味がするだけになっているかもしれません。

アントシアニンの効果を守ることができるのは、「サイクロデキストリン」という食品添加物です。オリゴ糖の一種で、天然の食品添加物になります。ブルーベリーの商品を選ぶ時には、このサイクロデキストリンで加工されているかどうかを見てみて下さい。

実際にブルーベリーダイエットをした人の感想は?

・多くのダイエットと同じで、食べるだけでは痩せない気がします。ブルーベリーが好きな人には、続けやすいのではないでしょうか?

・ブルーベリーばかり食べていても、痩せないと思う。ポリフェノールは痩せる成分かもしれないけれど、それだけでは無理だと思う。

ブルーベリーを食べるだけでは、即効性のあるダイエット効果は出てこないようです。ブルーベリーに含まれる栄養素によって、身体を改善することでダイエットにつながります。食生活にも気を付けながら、適度な運動を取り入れるなど、他のことにも気を付けると、効果が上がりやすいでしょう。

ブルーベリーにもダイエット効果がある!

ブルーベリーをそのまま食べることは、あまりなかったかもしれませんが、ダイエット効果もある果物ということが分かっていただけたでしょうか?ブルーベリーに含まれる、アントシアニンや食物繊維によって、脂肪の蓄積が抑えられたり、便秘を解消することで痩せやすくなったりするようです。

ただ、ブルーベリーの栄養素が身体の中で作用するには、時間がかかってしまいます。よって、すぐに体重を落としたいと思っている人には、向かないかもしれません。ブルーベリーでは、身体の酸化を防ぎながら、痩せやすい身体にしていけます。ブルーベリーは美味しくて、女性にとっては続けやすいのではないでしょうか?お試し下さい!

ブルーベリーダイエットの関連記事

ブルーベリーダイエットの関連記事はこちらです。

>ブルーベリーダイエットと酵素ダイエットの比較

ベルタ酵素の体験談
酵素調査隊が今1番オススメする酵素ドリンク “ベルタ酵素の体験談
3日間で体重4キロ減、体脂肪2%ダウン
1週間の夜置き換えで1kg減量と肌の調子アップ

希望効果別に商品・記事を探す

ベルタ酵素の体験談

お役立ち情報

種類別で選ぶ

調査レポートのまとめ

動画コンテンツ

色々なダイエット方法

週間人気ランキング

ベルタ酵素ドリンク
ベルタ酵素ドリンク
週間アクセス数:63660pt up↑
こうじ酵素
こうじ酵素
週間アクセス数:48410pt up↑
ミネラル酵素グリーンスムージー
ミネラル酵素グリーンスムージー
週間アクセス数:32110pt dwon↓

集計期間:8月22日~8月28日

スムージーと酵素ダイエットの比較