もち肌になるためには

モチ肌への道

女性ならば赤ちゃんのように、綺麗な触りたくなるもち肌は憧れますよね。

しかし年齢と共に洗顔では肌の古い角質が落ちなくなり、くすみなどの原因になってしまいます。

また体内の栄養バランスが偏ったりしていると、肌荒れの原因にもなりかねません。

そもそも肌荒れの原因は、古い角質や皮脂が毛穴に詰まってしまうことでニキビができるためであり、肌荒れを予防、改善するためには日々のケアが重要です。

しかしどうすれば落ちにくくなった角質を落とし、もち肌に生まれ変わらせることができるのでしょうか。

そこでもち肌になるためのお手入れ方法について説明していきますので、肌の悩みがある人は是非参考にしてみて下さい。

もち肌になるためのお手入れ!

お手入れ方法

お手入れをしているのに肌が荒れる方は、毎日のお手入れが肌に合っておらず、肌に負担をかけている場合があります。

よって肌を綺麗にするための方法をまとめてみましたので、自分に合ったお手入れ方法を見つけてみて下さい。

酵素洗顔

酵素洗顔は、酵素のたんぱく質を分解する働きを利用し古い角質を落とす洗顔法です。

酵素洗顔は通常の洗顔では落としきれない汚れをしっかりと落とすことができるので、肌のくすみが気になる人におすすめです。

このように酵素洗顔で毛穴の奥に詰まっている汚れを除去することで、つるつるなもち肌になることが可能です。

しかし酵素洗顔は洗浄力が高いので、3日に1回通常の洗顔とローテーションして使用することがベストです。

毛穴の汚れをごっそり落とす酵素洗顔料とは

酵素ドリンク

酵素ドリンクは体内から酵素を摂取することで、腸内環境を改善し美肌効果を得ることができます。

そもそも酵素には代謝を高める効果があり、デトックスにも期待ができます。

デトックス効果で体内の毒素などの余分なものが排出されるので、肌荒れを予防にも繋がるのです。

また酵素ドリンクは美肌効果のみならず、女性には嬉しいダイエット効果があるため、体の内側から綺麗にすることができます。

酵素ドリンクのメリットとデメリット

美容にいい酵素商品のまとめ

水分をこまめに摂取

オイリー肌の人は油分と水分のバランスが悪く、水分を摂取することでそのバランスを保つことができます。

朝起きてコップ1杯の水を飲むようにするだけでも、血液中の毒素や老廃物を排出しやすくしてくれるためおすすめです。

もち肌にはクレンジングも重要!?

モチ肌へのクレンジング

女性の場合、化粧をされる方がほとんどかと思いますが、その化粧が肌に残ったままになっていると、肌に蓄積されてしまいシミやシワの原因になってしまいます。

もち肌になるためには肌を健康な状態に保つことが重要ですので、化粧を落とすためのクレンジングはしっかりと行いましょう。

またクレンジングの種類も肌質に合わせて選ぶことがおすすめです。

例えばオイルタイプは落ちやすいですが、肌に負担をかけやすく、拭き取るタイプのものは肌に摩擦を与えてしまうため、もち肌には逆効果になってしまいます。

それぞれにメリットとデメリットがあるので購入する前に一度確認しておくと良いでしょう。

もち肌には保湿も重要!

クレンジングをして洗顔をした後には化粧水や乳液で保湿をすることを忘れないようにしておきましょう。

特に敏感肌の方は、乾燥をするだけでもダメージを受けてしまいます。

酵素洗顔などの少し洗浄力の強い洗顔でお手入れをした後は、毛穴の汚れが無くなり保湿をするには最適なタイミングです。

綺麗に洗浄できた肌は化粧水や乳液が浸透しやすい状態になっているので、念入りに保湿をしておきましょう。

また洗顔料を洗い流す際には洗い残しが無いように注意をしておく必要があります。

しかし優しく洗い流さないと、肌を保護するための必要な皮脂まで洗い流してしまうので、肌には良くありません。

そもそも肌には自浄作用という機能が備わっているので、ぬるま湯でもある程度の汚れが落ちるようになっています。

このように肌の潤いを保つためにも、洗い過ぎには注意が必要です。

酵素洗顔パウダーで鼻の黒ずみをスッキリ解消!

もち肌を作るための食べ物

もち肌になるためには、外側からのケアも大切ですが、内側から栄養素吸収することも大切です。

特に偏った脂質や糖質ばかりの食事では、もち肌になることはできません。

そのためにも肌に良い食べ物を日頃から摂取するようにしましょう。

ビタミンC

ビタミンCには抗酸化作用があるので、肌に潤いを与えます。

また肌の再生力も向上する効果をもつコラーゲンも重要です。

そしてビタミンCはタバコの有害成分で破壊されてしまうため、喫煙をしている人は禁煙をすることをおすすめします。

ビタミンA

ビタミンAは肌荒れの予防に効果があるので、ニキビができやすい人にはおすすめです。

このビタミンAは、にんじんやウナギなどの食材から摂取することができます。

ビタミンE

ビタミンEは皮脂の分泌を促進させる効果があるので、乾燥肌の人はビタミンEを含むイクラなどの魚類を積極的に食べましょう。

その他にもビタミンEには血行を促進する働きがあるので、肌のくすみにも効果を期待することができます。

ビタミンB

ビタミンBは肌の新陳代謝を高める効果があり、アーモンドや卵に豊富に含まれています。

このようにビタミン類は、もち肌になるためには重要な働きを行う栄養素になります。

よって肌の防御機能を低下させないためにも、毎日のケアを心がけておきましょう。

体にいい食べ物10選!