菌活って?

最近「○○活」という言葉をよく聞くようになりました。
○○の活動という意味ということは、おわかりの方が多いと思いますが「菌活」って?
菌を積極的に摂る活動という意味です。

菌と言いましても、体に悪い菌ではなく体に良い菌です。

例えば、腸内環境が整うと体は健康になれたり、美容にも効果的、更にダイエット効果も得られる期待もできます。

菌を積極的に摂る「菌活」を始めてみませんか?

菌活の始め方

菌活を始めたいとは思うけど、何から始めたらいいかわからないという方も少なくないでしょう。

体に良い菌で、まず頭に浮かぶのはヨーグルトなどでしょうか。
乳製品などで乳酸菌をはじめとした体に良い菌を摂ることから「菌活」をスタートするとやりやすいかと思います。

また、納豆やキムチ、味噌や糠漬けなどの発酵食品を摂ることも「菌活」になります。
これらの醗酵食品を摂るということは、乳酸菌などの菌を摂れるので「菌活」は、もちろんのこと、酵素も同時に摂取できるので効率的と言えるでしょう。

菌活で得られること

ヨーグルトやチーズなどの乳製品や納豆・キムチなどの発酵食品を摂ることは、体に良いということはなんとかなくおわかりの方も多いかと思いますが、それらを摂ることで腸内環境が整うので結果、体に良い影響を及ぼすというわけです。
それは、善玉菌や悪玉菌と深い関係があります。

善玉菌と悪玉菌

ヒトの腸内には、100種類以上・100個以上の腸内細菌が常在していると言われています。
その中で、人の身体にとって良い働きをしてくれる菌を「善玉菌」、悪い働きをする菌を「悪玉菌」と呼び、それらの中間的な善玉菌にも悪玉菌にも替わることができる菌を「日和見菌(ひよりみきん)」もしくは「中間菌」と呼ばれています。

善玉菌の代表的なものは乳酸菌やビフィズス菌などです。
悪玉菌には、発がん性のあるものなどもあり、日和見菌は、腸内の善玉菌が優位になると、善玉菌に変化し、悪玉菌が優位になると悪玉菌に変化してしまいます。

腸内環境を整えるためには、善玉菌を増やすことが大切になります。

発酵食品の出番

そこで、発酵食品の出番です。
ヨーグルトなどの乳製品で菌を摂る「菌活」も、もちろん良いですが、発酵食品による「菌活」でしたら、乳酸菌などの「菌」の他に「酵素」も摂れるのでお勧めです。

発酵食品で菌活

納豆や味噌、糠漬けなど、昔から日本に伝わる発酵食品は、乳酸菌を始めとした体に良い菌と同時に酵素も摂れるので、健康食品とも言えます。

そして、昭和50年前後に流行った「紅茶キノコ」というものが、最近アメリカなどで話題となり、日本でも健康志向の若い女性を中心に注目されています。
これも発酵食品で、酵素も摂れるので「菌活」に向いている食品と言えるでしょう。

このように、「菌活」は、身近なところにあるもので簡単に始められます。

「菌活」で、腸内環境を整えて、体の中からキレイになりませんか。