バジルシードダイエットは痩せる?

バジルシードダイエットを知っていますか?最近はチアシードが人気で、ジュースやスムージーに含まれているものが、コンビニやドラッグストアで見かけるようになりました。

では、バジルシードも同じようなものなのでしょうか?やり方はどのようにすれば良いのでしょうか?バジルシードダイエットについて調べました。

バジルシードとは?

バジルシードとは、タイが原産のセリ科のバジルの種のことです。人気のあるチアシードを超えるダイエットフードとして関心が集まっています。

バジルシードダイエットの効果とは?

食事量を抑える

バジルシードは水を含むと約30倍に膨らみます。お腹の中でも膨張するので、少しの食事で満腹感が得られやすくなります。よって、ダイエット中に良くある、空腹のストレスを感じなくて済みます。

満腹感が一時的なものではなく、バジルシードに含まれている食物繊維が、胃腸の中で長く留まるので、満腹感が長く持続するので、間食も減らせます。

コレステロール低下

バジルシードは、体内で作れない必須脂肪酸である、オメガ3脂肪酸を含みます。オメガ3脂肪酸の一つであるα-リノレン酸はコレステロールや中性脂肪を低下させることができます。

血液がさらさらになることで、血行が良くなり冷え性の改善にも期待ができます。そして、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防にもなります。

便秘解消効果

バジルシードは約50%が不溶性食物繊維である「グルコマンナン」です。こんにゃくに含まれていることでも有名です。

不溶性食物繊維は便のかさを増やし、腸の蠕動運動を活性化してくれるので、便秘解消になります。腸に溜まった老廃物や毒素が排出されることで、血流も良くなりやすく、ダイエットにつながります。

美肌効果

バジルシードには抗酸化力にすぐれたα-リノレン酸が含まれているので、老化の原因になる活性酸素を除去して、アンチエイジング効果を得られます。たるみやしわの改善にも効果的です。

また、女性ホルモンのバランスも整えてくれるので、ハリとツヤのある肌を取り戻すことができます。

バジルシードダイエットのやり方、方法とは?

食事と一緒に食べる

バジルシードを料理に入れたり、飲み物に混ぜたりするだけです。特に決まった食事制限はありません。食事と一緒に食べたり、食事の前に飲んだりすると、自然に食事の量を抑えることができます。

バジルシードは乾燥したものを購入して、自分で戻して食べることもできますし、ドリンクとして売られているものもあります。

バジルシードの食べ方とは?

バジルシードは水に浸しておけば、10分ほどで約30倍に膨らみます。それを食事に混ぜて食べましょう。

外出する時には、500mlのペットボトルに小さじ1杯のバジルシードを入れて持っていき、食前に飲んでも良いですね。

自分で栽培できる!?

園芸店などで、バジルの種、苗を買うことができ、それを育てることができます。バジルの発芽には20度以上の気温が必要です。よって、4月の終わりごろからが育てやすい時期です。

バジルの葉は、そのまま使うことができますし、バジルシードを摂るなら、花をそのままにしておきましょう。秋には枯れた色になり、種がはじける前に収穫をして下さい。

無農薬のバジルシードが手に入りますが、量は少ないので、毎日続けるためには、購入するのが便利でしょう。

バジルシードダイエットと相性が良い食べ物とは?

ヨーグルト

バジルシードに含まれている不溶性食物繊維が分解されるとオリゴ糖が生成されます。これがヨーグルトに含まれる乳酸菌、腸の中の乳酸菌のエサになるので、腸内環境を整います。

納豆

納豆には、乳酸菌が豊富に含まれていますし、脂肪の代謝を促すアミノ酸やビタミンB群も豊富に含まれています。腸内の環境がさらに整いやすくなります。

バジルシードとチアシードの違いとは?

バジルシードとチアシードは良く似た性質を持っています。共通点は、

  • 体内で合成できない、必須アミノ酸であるα-リノレン酸や食物繊維、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を多く含んでいる。
  • 水分を含んで体積が増える。

ということです。バジルシードは水を注ぐと、約30倍に膨らみます。チアシードは約10倍ほどなので、バジルシードよりも多く膨らみます。

1gあたりのカロリーは、バジルシードが1kcalであるのに対し、チアシードは5kcalで低カロリーです。総合的に見て、ダイエットにはバジルシードの方が向いているのではないかと言われています。

バジルシードダイエットの注意点とは?

水分と一緒に摂る

バジルシードは水分を吸い取り膨らみます。よって、乾燥したまま食べるとお腹の中で水分を吸い取って、腸内の水分が足りなくなってしまい、逆に便秘になってしまう危険性もあります。

小さじ1杯に500mlの水分が目安です。また、水に戻してから食べるようにしましょう。

食べ過ぎない

たくさん食べれば効果がもっと出るのでは?と思い、たくさん食べ過ぎてしまう人がいます。しかし、不溶性食物繊維は消化することができません。よって消化器を詰まらせてしまう可能性があります。

1日に食べる目安はだいたい10gほどが良いとされています。1回の量の目安は小さじ1杯です。

管理状態をチェック

バジルシードの問題ではありませんが、保存状態が悪いバジルシードには、カビが発生することがあります。そして、そのカビから発がん性のある「アフラトキシン」という物質が発生するとのこと。タイ産のバジルシードから検出されて問題になったことがありました。

輸入品であれば、品質管理の状態がきちんとしたものを選ぶようにしましょう。「アフラトキシン検査済み」と記載されているものがあります。

そして、家での管理にも気を付けましょう。まとめ買いする時には注意が必要です。できれば密閉容器に入れて、冷蔵保存をすると良いでしょう。

バジルシードダイエットの口コミとは?

良い口コミとは?

  • お腹がいっぱいになりやすいので、間食も減った。
  • いろいろな料理に使えて、美味しく食べられた。
  • 便秘が解消されて、身体が軽くなった。

満腹感が得られやすいので、食事を自然に減らすことができ、減量がしやすいという感想が多く見られます。食べて痩せることができるので、ストレスを感じにくく、リバウンドもしにくくなります。

また、美肌効果も見られ、バジルシードダイエットは高評価を得られています。

悪い口コミとは?

  • 見た目が気になって食べられない。
  • 逆に太った気がする。

バジルシードは、水を含むとゼリー状になり、見た目が「かえるの卵」みたいに見えて、気持ち悪い…という人もいます。味はほぼ無味なので、料理の味を変えることはないのですが、確かに見た目は悪くなるかもしれません…

飲み物に含むとタピオカのようにぷちぷちとした食感が美味しいですし、摂取しやすいですよ。

また、バジルシードで食欲が抑えられるといっても、何を食べても良いというわけではありません。糖分や脂肪分の多いものでは、カロリーがオーバーしてしまいます。栄養バランスを考えた食事をするようにしましょう。

バジルシードで無理なく痩せよう!

バジルシードはチアシードに比べると、まだなじみが薄いかもしれませんが、膨らむ体積も大きく、カロリーも低いのでダイエットには向いています。

見た目は悪いかもしれませんが、ぷちぷちとタピオカのような食感で美味しく食べられます。そして、満腹感が得られやすく、しかもその状態が持続するので、空腹のストレスもなくダイエットが続けられます。

バジルシードダイエットは、ついつい食べ過ぎてしまう人、便秘がちな人におすすめのダイエットです。食べごたえもあるので、無理なく痩せることができそうです。バジルシードダイエットは、成功したという人も多いようなので、期待できますね。

美肌効果もあり、食べながらきれいに痩せられるバジルシードダイエットを始めてみませんか?