バナナダイエットは効果的?バナナダイエットのやり方や方法について調べました!

バナナダイエットは効果あり?

テレビで取り上げられたことで、話題になり、店頭からバナナが消えてしまうことさえあった、バナナダイエット。本当に効果はあるのでしょうか?ネットでの評判も賛否両論あり、やり方もいろいろとあるようです。

正しく、効果のあるやり方、方法はどれなのでしょうか?バナナダイエットについて調べてみます。

バナナダイエットの効果とは?

栄養素が豊富

バナナの注目成分は

食物繊維

バナナの中の炭水化物のうち、約2/3が食物繊維というほど、たくさんの食物繊維を含んでいます。胃や腸の中で膨らみ、満腹感を感じることができ、食べ過ぎの防止になります。また、便秘の解消にもなります。

ビタミンB群

バナナにはビタミンB1、B2、B6などが含まれています。これらは脂質や糖質を代謝しやすくする効果があります。つまり、バナナを食べた後に運動をすれば、効率良く燃焼しやすくなるのです。

カリウム

カリウムには、むくみの解消や脂肪を分解する働きがあります。果物の中では一番多くカリウムを含んでいるのです。むくみは脂肪の蓄積の原因になります。バナナによって、脂肪を分解しやすくなります。

葉酸

遺伝物質であるDNAといった核酸や赤血球、アミノ酸などを合成してくれます。妊娠中に必要なことでも知られています。貧血予防にも良いものです。

ヒスチジン

ヒスチジンは必須アミノ酸の一つです。食欲を抑える作用もあるので、食べ過ぎてしまう人にはおすすめです。また、体内で作ることができないものなので、バナナでしっかりと補給していると良いでしょう。

便秘解消

バナナには多くの食物繊維が含まれています。満腹感を得られるほかに、腸を刺激して、蠕動運動を活発にすることで、便秘を解消することができます。バナナは消化に良い食べ物なので、胃腸に負担がかからず、内臓を休ませることもできます。

コレステロールの吸収の抑制

バナナに含まれる水溶性食物繊維には、コレステロールの吸収を抑制する働きもあります。コレステロール値が気になる方にはおすすめです。

エネルギーに変わりやすい

バナナの甘味の元になる糖質はブドウ糖やショ糖、果糖などとバラエティーがあります。特にブドウ糖は短時間でエネルギーに変わりやすいので、運動前などに食べると効果的に脂肪燃焼することができます。スポーツ選手の栄養補給に使われるほどです。

身体に蓄積せずにエネルギーに変えるので、太りにくく、痩せやすい身体にすることができます。

バナナダイエットのやり方、方法とは?

バナナダイエットとは?

バナナダイエットとは、バナナを食べてダイエットをする方法なのですが、2008年ごろにテレビで取り上げられるなどで、ブームになりました。基本的には、食事代わりにバナナを食べるという、置き換えダイエットの一種です。

食事の代わりにバナナを1本か2本食べて、水を飲むだけで簡単です。バナナのカロリーは1本80~100kcalです。1食をバナナに置き換えるだけで、摂取カロリーを抑えることができます。

バナナ自体、甘味もあり、食べごたえもあるので習慣になってしまえば苦痛はないでしょう。

朝バナナダイエット

バナナの本数に決まりはないですが、目安は1~2本を朝食代わりに食べる方法です。他の2食は自由に食べても良いのですが、バランスの取れた食事を心がけた方が良いでしょう。

また、バナナには食物繊維が多く含まれているので、朝バナナと水を摂取することで、便秘解消につながり、ダイエット効果が上がりやすくなるようです。

夜バナナダイエット

夕食をバナナに置き換えるだけになります。朝バナナの方が有名ですが、夜バナナダイエットも効果があります。夜バナナが効果的なのは、脂肪が蓄積されやすいと言われる夜に、バナナだけにすることで摂取カロリーが抑えられ、痩せやすくなります。

また、夜の方が摂取カロリーが高い食事になりがちなので、1日の摂取カロリーを多く減らすことで、ダイエット効果が高まります。

ホットバナナダイエット

そのまま食べることが多いバナナですが、温めることで効果がアップすることもあります。便秘解消効果を高めることができます。それは、温めることで、身体の中から温めることができ、胃腸の機能を高めることができます。

加えて、バナナに含まれるオリゴ糖は温めると増えるという特徴があります。そのため、ホットバナナにするとより整腸作用が高まるのです。

作り方は簡単です。バナナの皮をむいて、レンジで約30秒温めるだけです。フライパンで弱火で焼いても良いでしょう。温めることで、糖度も増すので、甘い物が好きな人にはおすすめです。

ビタミンや酵素など、温めることで失われる栄養素もありますが、好みや体調に合わせて取り入れてみても良いのではないでしょうか?

バナナダイエットのメリットとは?

費用があまりかからない

食事を置き換えるダイエットには、ダイエットシェイクや酵素ドリンクを使う方法がありますが、1食あたり、200~1000円と費用が結構かかってしまいます。高くて続かなければ、効果もでません。

その点、バナナはスーパーなどで一房が数百円で買えます。1日に2本食べたとしても、1日あたり100円前後で済みます。今までよりも食費が浮くことになるかもしれません。

時間がかからない

バナナは生のまますぐに食べられます。準備をしたり、料理に混ぜたりする必要もありません。バナナを買ってさえいれば、すぐに始められるダイエットになります。

バナナダイエットのデメリットとは?

危険性はないの?

バナナにはシュウ酸という成分が含まれています。そのシュウ酸が体内に増えすぎると尿路結石を引き起こす可能性があります。毎日バナナを4本以上食べ続けると高まります。1日のバナナの摂取量は1~2本までが良いでしょう。

また、バナナに含まれるカリウムも、摂り過ぎると高カリウム血症という病気になることもあります。この場合は、何10本ものバナナを一度に食べなければ大丈夫です。バナナの食べ過ぎはカロリーオーバーにもなりますので、食べ過ぎないようにしましょう。

栄養不足に注意

バナナダイエットの基本は1日のうち1食をバナナに置き換えることにあります。2食、3食と置き換えてしまうと、栄養バランスが崩れてしまいます。

また、バナナ以外の食事を減らしすぎたり、栄養が偏りすぎたりしても、効果が出にくくなってしまいます。普段の食事もできる限り、栄養を考えて、1食だけをバナナにするようにしましょう。

バナナダイエットを正しく行って痩せよう!

一時期、大人気になったバナナダイエット。バナナは栄養が満点で、食べごたえもあるので、ダイエットにはとても良い食材です。手軽に安く手に入るので、お財布にも優しいですよね!

ただし、正しく行わないと効果があまり出ません。極端にバナナばかりを食べていても、栄養が偏ってしまって続きませんし、1食をバナナにしても、その他の食事をたくさん食べ過ぎていては逆に太ってしまうこともあります。

朝や夜など、自分に合わせて1食だけをバナナにして、その他の食事も栄養バランスを取れた食事にするなどにすれば、結果が出てきます。正しいバナナダイエットを行って、キレイに痩せるようにしましょう。

バナナダイエットの関連記事

バナナダイエットの関連記事はこちらです。

>バナナダイエットと酵素ダイエットの比較

ベルタ酵素の体験談
酵素調査隊が今1番オススメする酵素ドリンク “ベルタ酵素の体験談
3日間で体重4キロ減、体脂肪2%ダウン
1週間の夜置き換えで1kg減量と肌の調子アップ

希望効果別に商品・記事を探す

ベルタ酵素の体験談

お役立ち情報

種類別で選ぶ

調査レポートのまとめ

動画コンテンツ

色々なダイエット方法

週間人気ランキング

ベルタ酵素ドリンク
ベルタ酵素ドリンク
週間アクセス数:63660pt up↑
こうじ酵素
こうじ酵素
週間アクセス数:48410pt up↑
ミネラル酵素グリーンスムージー
ミネラル酵素グリーンスムージー
週間アクセス数:32110pt dwon↓

集計期間:8月22日~8月28日

スムージーと酵素ダイエットの比較