青汁でダイエットができる?青汁ダイエットの効果と方法を解説します!

青汁でダイエット!?

健康に良いイメージの青汁。でも、美味しくなさそうで、取っつきにくいイメージがある人も多いのではないでしょうか?しかし、今はいろんな種類の青汁があり、飲みやすくなっているものも多くあります。

一言で青汁といっても、美容成分が入っているもの、ダイエット効果が高いものと様々です。ここでは、青汁がダイエットに効果があることや、青汁ダイエットの方法をご紹介します!

青汁ダイエットが効果的な理由は?

ダイエットに効く成分を配合

青汁の代表的な原料はケール、明日葉、大麦若葉などです。そして、ダイエットに効果的と言われている成分が配合されている植物を使用されている青汁も多くあります。

明日葉

フラボノイドの一種の、カルコンという成分が、セルライトを溶解する作用があります。また、カリウムによる利尿作用もあるので、むくみ防止になり、下半身痩せが期待できます。

桑の葉

デオキシノジリマイシン(DNJ)という成分が脂肪の蓄積を防ぐ成分を多く含んでいます。血糖値のコントロールに役立ちます。糖質が多い方に良いでしょう。

モリンガ

アミノ酸やポリフェノールを多くふくみ、体脂肪を減らしたい人のサポートをしてくれます。

クマザサ

アミノ酸が24種類も含まれています。さらに体内のコレステロールや毒素などを排出するデトックス効果が高いのです。

栄養素が豊富

ダイエットをしようと思って食事制限をすると、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどの栄養素は不足しやすくなってきてしまいます。そうなると、身体の代謝機能が下がり、太りやすく、痩せにくい身体になってしまいます。青汁は、食事で補えない栄養素をしっかりと補助してくれ、ダイエットのサポートをしてくれます。

便秘解消

青汁には、食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は腸の動きを良くすることで、便秘を改善してくれます。便秘だと、余分な糖質や脂質を吸収してしまうことになるので、便秘解消されることで、痩せやすくなります。

冷えの改善

冷え症の人は、血行が悪く、代謝機能も下がってしまいます。青汁はビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富に含まれているので、代謝を活発にすることができます。身体が温かくなることで、代謝が上がりやすくなり、痩せやすくもなります。

青汁ダイエットの方法は?

青汁の飲み方は?

食事前に飲んだり、間食の代わりに飲んだりと、毎日青汁を飲むようにします。毎日続けることが大切です。

青汁の種類にもよりますが、青汁1杯で生野菜100グラムと同じくらいの栄養素を摂取することができると言われています。毎日野菜をたくさん食べるのは大変ですよね…ダイエットに必要不可欠な野菜を手軽に飲むだけで補給できるので、効率的です。

いつ飲む?ダイエットに効果的な青汁の飲むタイミング

食事前に飲む

食前に飲むことで、食物繊維が含まれているので、食べ過ぎを防ぐことができます。また、血糖値の急上昇を抑え、脂肪の蓄積を抑えてくれます。

食事を1食置きかえる

1日の摂取カロリーを抑えることができます。朝はデトックスに最適な時間とされているので、朝飲むことですっきりと1日をスタートできます。また、夜はカロリーが高い食事になりがちなので、栄養素を補いながら、カロリーを抑え、痩せやすくなります。

何で割れば良い?

基本は水で割ることです。しかし、青汁は青臭かったり、苦かったりするので苦手という人もいます。そういう人は、他の飲み物に混ぜて飲んでみると、飲みやすくなっておすすめです。飲み物を変えることによって、ダイエット効果がアップすることもあります。

牛乳

牛乳にはカルシウムを始め、多くの栄養成分が含まれているので、青汁の栄養素と合わせることで、さらに栄養価の高い飲み物に変身してくれます。味もまろやかになって美味しいと感じることもあります。腹持ちも良くなります。

ただ、水よりもカロリーは高くなってしまいます。カロリーが気になるのであれば、低脂肪や無脂肪の牛乳を選んでみましょう。

フルーツジュース

オレンジやグレープフルーツなどのジュースも飲みやすくしてくれます。好みもあるので、飲みやすいものを探してみると良いかもしれません。ただ、糖分も高くなってしまうので、飲みすぎには注意が必要です。

豆乳

豆乳には大豆サポニンという脂肪の吸収を抑制してくれるダイエット効果が高い成分が含まれています。よって、ダイエット効果を高めてくれます。大豆サポニンは満腹中枢を刺激してくれるので、食べ過ぎも防いでくれます。味も飲みやすくなり、おすすめです。

ヨーグルト

飲むヨーグルトでも、普通のヨーグルトでも良いです。飲みやすくなり、腹持ちも良くなるので、食事の置き換えにも向いています。ヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌などで腸内環境を整えてくれるので、青汁の食物繊維と一緒に、便秘解消にも役立ちます。

青汁と一緒に飲まない方が良いものは?

青汁には、血液を作る作用のある鉄分も多く含まれています。しかし、コーヒーや緑茶に含まれる「タンニン」や「カテキン」は鉄分の吸収を阻害する作用があるため、一緒に飲むと青汁の効果が薄れてしまいます。

コーヒーや緑茶が飲みたい場合は、青汁を摂取する前後30分以上開けるようにしましょう。

青汁に副作用はないの?

副作用はほぼない

青汁は薬ではなく野菜と同じものです。よって、身体に及ぼす副作用はほぼない安心なものと言われています。ただ、一度にたくさんの量を摂りすぎたり、もとの身体の調子によったりで、身体に変化が出る場合もあります。

下痢になる?

食物繊維がたっぷりと含まれているので、便秘解消効果があります。しかし、今まで便秘だった人が、消化が急激によくなることで、一時的に下痢になる場合もあります。続けることで、慣れることもあるので、量を減らすなどして、様子を見てみましょう。

過剰摂取による高カリウム血症

青汁には、カリウムというミネラルを多く含んでいます。カリウムは利尿作用があり、体内の余分な水分を排出するので、むくみに効果があります。ただ、このカリウムをたくさん摂取してしまうと、腎臓に負担がかかってしまい、血中にカリウムが滞ってしまうことになります。それが高カリウム血症と言います。

たくさん飲めば効果が出やすいというわけではないので、1日の用量を毎日続けるようにした方が効果的です。

青汁ダイエットでは痩せない!?

青汁ダイエットは、急激に体重が落ちるわけではありません。青汁に含まれている、食物繊維やビタミン、ミネラルを補給しながら、痩せやすい体質にしていくという方法です。よって、乱れた食生活や不規則な生活習慣のままだと、痩せないと感じてしまうようです。

体重の変化はなかったとしても、便秘やむくみに関しては、8~9割の人効果を感じるようです。無理な食事制限はしなくても、食事量などに気を付けていれば、痩せやすい身体になれそうです。

青汁ダイエットは健康的!

青汁は健康に良いことは、有名です。そして、ダイエットにも嬉しい効果を発揮してくれるのです。栄養豊富な青汁を飲むことで、身体の栄養素を補い、代謝機能を上げてくれます。

急激に体重が落ちるわけではないですが、痩せやすい身体にしてくれるので、食事に気をつけたり、適度な運動をしたりすると、効果はさらに上がりそうです。無理な食事制限をしていると、体調が崩れたり、肌も荒れたりしてしまいますが、青汁ダイエットでは健康的になれますし、美肌も目指せそうです。

毎日の継続が必要なので、続けやすいものを選ぶ必要があります。青汁を割る飲み物をいろいろ変えてみると、飽きずに続けられそうです。青汁でたっぷりと栄養補給をして、健康的にダイエットをして下さい。

青汁ダイエットの関連記事

青汁ダイエットの関連記事はこちらです。

>青汁ダイエットと酵素ダイエットの比較

ベルタ酵素の体験談
酵素調査隊が今1番オススメする酵素ドリンク “ベルタ酵素の体験談
3日間で体重4キロ減、体脂肪2%ダウン
1週間の夜置き換えで1kg減量と肌の調子アップ

希望効果別に商品・記事を探す

ベルタ酵素の体験談

お役立ち情報

種類別で選ぶ

調査レポートのまとめ

動画コンテンツ

色々なダイエット方法

週間人気ランキング

ベルタ酵素ドリンク
ベルタ酵素ドリンク
週間アクセス数:63660pt up↑
こうじ酵素
こうじ酵素
週間アクセス数:48410pt up↑
ミネラル酵素グリーンスムージー
ミネラル酵素グリーンスムージー
週間アクセス数:32110pt dwon↓

集計期間:8月22日~8月28日

スムージーと酵素ダイエットの比較