甘酒ダイエットはキレイに痩せられる?甘酒ダイエットの効果、やり方、方法をご紹介します!

甘酒ダイエットは痩せる?

甘酒は、お正月やひな祭りなどのイベントに飲むことはあるけれど、良く飲むというのは、あまりないかもしれません。しかし、最近は甘酒の効果に注目が集まっています。健康にも美容にも良くて、女性にはとても嬉しい効果を発揮してくれるというのです。

そして、ダイエットにも効果的というのは気になります。甘酒はどのようにして飲むとダイエットにつながるのでしょうか?甘酒ダイエットの効果、やり方や方法を調べました。

甘酒ダイエットの効果とは?

腸内環境を整える

甘酒は発酵食品ですし、オリゴ糖も含んでいます。腸内の善玉菌を増やしてくれますし、オリゴ糖が善玉菌のエサになるので、腸内の環境が整ってきます。

甘酒には食物繊維もたっぷりと含まれているので、腸が活性化して便通が良くなります。便秘が解消されることで、老廃物が排出されやすくなり、代謝も上がりやすくなります。

脂肪燃焼促進

甘酒にはビタミンB群が豊富に含まれています。ビタミンB群は、脂肪の燃焼をサポートして、肝臓に余分な脂肪が蓄積しないような働きをしてくれます。

また、アミノ酸や酵素も含まれているので、内臓の働きを助けてくれたり、脂肪の代謝を高めてくれたりしてくれるので、痩せやすい身体作りもできます。

美肌効果

甘酒の原料は米麹です。その麹には、美白効果などのあり、ダイエット中でも肌がキレイになるというのです。米麹に含まれているコウジ酸には、メラニンの生成を抑える働きがあるので、シミやそばかすに効果があります。

また、肌の代謝を良くするビタミンB群や、肌の元となるアミノ酸も甘酒には入っているので、ハリのある健康的な肌になることができそうです。

甘酒ダイエットのやり方、方法とは?

食事を置き換える

1日の食事の中の1食に甘酒をコップに1杯飲むという置き換えダイエット方法です。朝・昼・夜とどこで置き換えても構わないのですが、朝食がおすすめです。

それは、甘酒には、必須アミノ酸、ビタミン、酵素などたくさんの栄養が含まれていて、「飲む点滴」とも言われています。その甘酒を1日の始まりである朝に飲むことで、効率的にエネルギーを使うことができるのです。忙しい朝でも、甘酒を飲むだけなら簡単ですので、続けやすいのではないでしょうか?

低カロリーですが、栄養素をたっぷりと含まれているので、栄養不足になる心配もありません。

食前に飲む

食前に甘酒を飲むと、食べ過ぎの防止ができます。甘酒のブドウ糖が血糖値を上げて、満腹感が得られやすくなるからです。通常の食事で良いですが、何を食べても良いというわけではありません。やはり、栄養バランスを整えた、ヘルシーな食事を心がけると良いでしょう。

間食に飲む

空腹時に間食替わりに甘酒を飲むと、お腹が満たされますし、満足感が出るので、間食がついつい多くなってしまう人にはおすすめです。チョコレートやクッキーなどに比べると、低カロリーで健康的です。

甘酒の選び方とは?

甘酒の種類を見る

甘酒は、大きく分けると、「酒粕からできている」、「米麹からできている」甘酒の2種類があります。

酒粕から作られている甘酒は、日本酒を作る時に出る酒粕がベースになっています。その酒粕をお湯で溶き、加熱して砂糖を加えて甘く作られています。アルコールが少し加わっているので、少し癖を感じる人もいます。

米麹から作られている甘酒は、お米をこうじで発酵熟成させて作られています。アルコールは含まれていないので、小さな子供でも安心して飲めます。お米のでんぷんが分解されてブドウ糖となるので、自然な甘味を感じるのです。甘酒ダイエットには、米麹から作られているものが低カロリーで向いています。

自分で甘酒を作る

材料

  • 米 1合
  • 水 炊飯器の2.5合まで
  • 麹 200g
  • 温度計

作り方

  1. お米を洗って、1時間以上水に浸しておきます。2.5合のメモリに水を合わせて、おかゆの状態に炊きます。
  2. 麹はバラバラに手でほぐします。
  3. 1で作ったおかゆを60度くらいまで冷まして、ほぐした麹と良く混ぜ合わせて、表面をならします。
  4. 炊飯器の「保温」で55~60度を保ちながら、6~7時間発酵させる。この時、炊飯器のふたをせず、タオルなどをかけておきます。ふたをしてしまうと、温度が上がりすぎて、麹が死んでしまうのです。
  5. 途中何度かかき混ぜて、温度を均一に保ちます。少し黄色くなってきたら、甘味が出てきて、甘酒のもとの出来上がりです。
  6. 飲む時は、水を加えて少し沸かしてから飲みます。ただし、60度以上になると、麹が死んでしまうので注意しましょう。

冷蔵庫に入れて、2週間程度は保存できます。冷凍すれば、1ヶ月程度保存することもできます。製氷機などに1回分ずつに分けて保存すると便利です。

甘酒ダイエットと相性が良いものとは?

豆乳

豆乳も健康に良いものとしては知られています。豆乳には大豆イソフラボンといって、女性ホルモンと同じような働きをする成分が入っていることでも有名なのではないでしょうか?

その豆乳と甘酒を合わせることで、相乗効果を得られることができます。甘酒の味が苦手という人でも豆乳を入れることで、飲みやすくなることもあります。美肌効果も健康効果もアップしますし、味にも変化が出て良いですね。

しょうが

しょうがは身体を温めてくれるものとして女性は冷え性改善などで取り入れている人もいると思います。甘酒と一緒に飲むことで、血行が促進されて、新陳代謝が上がりやすくなります。

また、甘酒の独特な香りも、しょうがによって解消することもできます。温かいしょうが甘酒で、身体をほかほかと保つことができます。

ココア

ココアも意外と甘酒との相性が良いのです。ココアにはカカオポリフェノールが含まれているので、抗酸化作用が得られます。また、甘酒の香りを消してくれて、飲みやすくなります。

甘酒ダイエットの注意点とは?

甘酒の種類に気を付けよう

甘酒の一般的なカロリーは100gで約81kcalとされています。ただ、米麹から作られている砂糖の入っていないカロリーになるので、酒粕から作られている甘酒には砂糖がたっぷりと入っているので、その分カロリーは高くなります。

ヘルシーで栄養価の高い甘酒ですが、飲み過ぎや甘い甘酒は逆に太ってしまうことがあります。甘酒の種類には気を付けましょう。

市販の甘酒は効果なし?

市販の甘酒だと、発酵食品なので、そのままだとどんどん発酵が進んでしまいます。よって、発酵を止めるために、加熱殺菌処理をされているものが多くなります。甘酒に含まれている麹菌は60度以上で死滅してしまうのです。よって、市販の甘酒には、生きた酵素や菌は死んでしまっている可能性があります。

加熱処理されていない、生甘酒がやはり一番効果は高くなります。熱に強い栄養素は残っているので、市販の甘酒に全くの効果がないわけではありませんが、自分で作って飲む、生の甘酒を選んで購入するなどの方が効果的です。

甘酒ダイエットの口コミとは?

良い口コミとは?

  • お腹が空いた時に甘酒を飲むようにしたら、間食が減って体重が減った。
  • 食前に飲むだけだったが、満腹感が出て無理なく食事量を減らせた。
  • 便秘が解消されて、体重が減った。

飲む点滴と言われるほどの栄養価の高い甘酒。ヘルシーですし、満腹感も得られやすいので、ダイエットに効果的のようです。肌にも良いので、ダイエット中に良くある肌荒れの心配もなさそうです。

悪い口コミとは?

  • 味が苦手なので、続かなかった。
  • 効果が分からなかった。

甘酒の、独特な香りが慣れない人もいます。ショウガなど組み合わせることで、飲みやすくなる場合もあります。効果が分からないという人は、毎日続けていない、甘酒意外の食事が多くなりすぎている、ということがあるかもしれません。効果の出方、感じ方には個人差があるので、継続してみて下さい。

甘酒でキレイに痩せよう

甘酒は、お正月に飲むだけのものではなく、健康にも美容にも良く、ダイエットにも効果的なことが分かりました。ビタミンB群やアミノ酸、酵素など、多くの栄養素が含まれているので、脂肪燃焼を促進して、代謝の良い痩せやすい身体にしていくことができます。

また、麹のおかげで、美白効果など美肌効果もみられますし、ダイエット中に起こりやすい栄養不足の心配もないので、キレイに痩せることができそうです。

普段飲む機会がなかった甘酒ですが、ダイエット効果も期待できそうです。自分で作った生の甘酒が効果もありそうですし、できるのならば作ってみると良いでしょう。甘酒で、健康的でキレイに痩せましょう。

甘酒ダイエットの関連記事

甘酒ダイエットの関連記事はこちらです。

>甘酒ダイエットと酵素ダイエットの比較

ベルタ酵素の体験談
酵素調査隊が今1番オススメする酵素ドリンク “ベルタ酵素の体験談
3日間で体重4キロ減、体脂肪2%ダウン
1週間の夜置き換えで1kg減量と肌の調子アップ

希望効果別に商品・記事を探す

ベルタ酵素の体験談

お役立ち情報

種類別で選ぶ

調査レポートのまとめ

動画コンテンツ

色々なダイエット方法

週間人気ランキング

ベルタ酵素ドリンク
ベルタ酵素ドリンク
週間アクセス数:63660pt up↑
こうじ酵素
こうじ酵素
週間アクセス数:48410pt up↑
ミネラル酵素グリーンスムージー
ミネラル酵素グリーンスムージー
週間アクセス数:32110pt dwon↓

集計期間:8月22日~8月28日

スムージーと酵素ダイエットの比較